政治家とヤクザとの関係がなくならないワケ

政治家とヤクザとの関係がなくならないワケ

政治家はなぜ「黒い交際」をやめられない?(時事通信フォト)

 暴対法が施行されて以降、ヤクザと親密にみえる写真が発覚したら大問題となる現在だが、それでも政治家はヤクザとの関わりを斬り捨てられない。ノンフィクション作家の溝口敦氏とフリーライターの鈴木智彦氏が、なぜ政治家はヤクザとの関わりを絶てないのかについて語り合った。(文中一部敬称略)

鈴木:2006年に勃発して14人の死者が出た九州誠道会と道仁会の抗争(*)の時に、抗争で死んだ組員の葬式に行ったら、普通に地元議員の献花があり、後に地元のメディアが問題視しました。しかし、それまでは特別おかしいことではなかった。西日本の場合、暴力団から市議になったなんて例もありましたもんね。

【*2006年、九州の暴力団・道仁会の跡目争いから九州誠道会が分裂。翌年には道仁会の会長が九州誠道会幹部によって射殺され、一般人を含む14人の死者を出す激しい抗争となった。2013年に終結、九州誠道会は解散し浪川睦会が後継組織となった】

溝口:古くは高知にいた中井啓一が、中井組を率いて現役組長でありながら1957年に高知市議会選挙に当選して市議会議員になっている。その後に田岡一雄・三代目山口組組長から盃をもらっています(1961年に2期目で落選)。長崎にもヤクザ出身の県会議員がいました。

鈴木:三代目山口組組長代行補佐まで務めた加茂田重政・加茂田組組長が、1980年頃に本気で参院選出馬を目指したこともありました。

溝口:政治団体まで立ち上げてね。田岡三代目の時代に、「我々も政治に影響を及ばさなければならない」という話が執行部で持ち上がり、それに影響された面もある。

鈴木:田岡三代目は、「ヤクザも正業を持て」と言った。つまりちゃんとした仕事ということ。それで政治家を正業にしようとしたが、結局、あきらめたようです。

溝口:山口組には、後に民主党を選挙応援するに至るまで、政治に影響力を及ぼそうとする系譜がある。

鈴木:しかし今は逆に、政治家を陥れるためにヤクザとの関係が使われますね。2012年に田中慶秋・法務相が、かつて暴力団幹部の息子の仲人を務めていたことが発覚し辞任に追い込まれましたが、ヤクザとの関係が「黒い交際」として問題になるのは本当に最近の話です。政治家とヤクザがパーティーで撮った写真がマスコミで問題になるのが分かってて、政治家との写真を自分でマスコミに売り込むヤクザすらいます。政治家は写真を頼まれたら拒めないし、それを叩くのはさすがに理不尽な気もしますが。

溝口:ヤクザによって命まで絶たれてしまったのが、2007年に長崎市長が山口組系の水心会幹部に射殺された事件です。長崎市が発注する工事に絡めなかった、あるいは自分の運転する車が市の道路工事で事故に遭ったのに補償がなかったとかで恨んでいたという話だった。

鈴木:俺も取材に行きましたが真相は分からなかった。

溝口:しかしながら暴力団の存在は、やはり政治家にとって危険性を孕んでいる。

鈴木:それでも政治家とヤクザとの関係がなくならないのは、票を集める、選挙妨害をする、カネを融通する、情報を集める、口利きをする、トラブルを処理するといった、彼らにしかできない仕事があるからです。

溝口:今後も、政治家とヤクザの関係と、それをめぐるトラブルはなくならないでしょう。

●みぞぐち・あつし/1942年東京浅草生まれ。早稲田大学政経学部卒。『食肉の帝王』で講談社ノンフィクション賞を受賞。『暴力団』、『山口組三国志 織田絆誠という男』など著書多数。

●すずき・ともひこ/1966年北海道札幌生まれ。『実話時代』の編集を経てフリーへ。『潜入ルポ ヤクザの修羅場』など著書多数。近著に『サカナとヤクザ』、『昭和のヤバいヤクザ』。

※週刊ポスト2019年5月17・24日号

関連記事(外部サイト)