話題の「昆虫食」 専門店で食べたコオロギの味は?

話題の「昆虫食」 専門店で食べたコオロギの味は?

岡山からの修学旅行生も食べていた「コオロギアイスもなか」。その味やいかに(筆者撮影)

 古来、日本人は貴重な栄養源としてさまざまな昆虫を食べてきたと考えられている。文献が残っている江戸時代の史料では、イナゴや蜂の子、蚕のさなぎ、セミなどが日常的に食べられていたことが記されている。特にイナゴは稲を食べる害虫であるため、稲作の開始以来、水田のある地域ではどこでも駆除した後は食べていたという。

 明治時代になって食糧事情が改善されたり西洋の食文化が流入したりしたことで、昆虫は日常的に食べるものというより、現在は伝統的な郷土料理としての立ち位置になり、場合によっては珍味としてお土産ぐらいでしかお目にかかれなくなった。

 その風向きが変わったきっかけと言えるのが、2013年5月、国連のFAO(食糧農業機関)が出したあるレポートだ。その内容は、世界の人口増加にともなう将来の食糧危機の打開策として、昆虫を食事あるいは家畜の飼料として活用することを勧めるというものだった。

 このレポートに世界中が驚き、メディアがこぞって取り上げたことで、それまで埋もれていた昆虫食が脚光を浴び始めている。少し前まではお笑い芸人が罰ゲームとして食べさせられる“ゲテモノ”扱いだったが、近年では高たんぱく低脂肪の“スーパーフード”としての認識が高まりつつあり、味も相当改善されてきているというのだ。

 百聞は一見、いや、一食に如かず。まず食べてみようではないか、ということで向かったのが、東京・台東区にある昆虫食専門店「TAKEO」だ。東京メトロ・稲荷町駅を出て数分歩くと、「昆虫食はこちら」の外看板が見えてきた。店舗を覗き見てみると、お、客がいる!

 すでに先客が3人ほど。聞けば、岡山から修学旅行で来た男子高校生のグループだった。前日はディズニーランドで一日遊び、この日は浅草で昼食を取り、この後、原宿に行く予定だという。「刺激を求めて、あえて昆虫を食べてみようと。昆虫が食べられるお店は岡山にはないので」とのこと。浅草と原宿の間に「昆虫食」を挟み込むとはなかなかシュールだ。

 この日、店内で食べられるのは「コオロギアイスもなか(しょうゆ味)」のみ。高校生たちが「うん、おいしい」というので、筆者も食べてみることに。乾燥、高温処理されたコオロギがアイスの上に5〜6匹鎮座している。恐る恐る口の中に放り込んで噛んでみる。「あれ? なんだかサクサクしているぞ」。食感はサクラエビのよう。味は苦み、えぐみもなく、アイスの甘みとほのかなコオロギの風味がマッチして、拍子抜けするほどうまい。同店で店員をつとめる三浦みち子さんに話を聞いた。

「昆虫食ビギナーには、食べやすいコオロギをお勧めしています。タランチュラ、サソリ(アジアンフォレストスコーピオン)などもよく売れていますよ。男女比は半々ですね。サラリーマン、OLなどさまざま。子どもさんもよく来ます。意外と若い女性も多いですよ。大人の女性は、健康食として考えている人が多いようです」

 同店ではそのほかにもバッタをチョコレートでコーティングした「バッタチョコレート」や、4種のイモムシ系幼虫の「幼虫ミックス」、カブトムシ、オケラなどのスナック、昆虫を粉末にして練り込んだ「コオロギパスタ揚げ この商品の20%はコオロギです。」などを取り揃えている。

「プチブームを実感する」という三浦さん。確かに前述の高校生に続いて、友人の外国人を連れてきたという40代の兄妹も来店。そのあとにも男性1人がやってきていた。昆虫食は、かつては知る人ぞ知る珍味だったが、今は一般メディアでも取り上げられる頻度が増えた。食糧危機は現時点では想像しにくいため、食の好奇心、あるいは健康食として興味を持つ人が増えたということなのだろう。

 昆虫はすでに世界人口の3割が日常的に食べており、とくにタイは盛んであるらしく、同店でも商品はすべて同国から輸入しているという。安全面では熱処理されていれば、病原菌や寄生虫の問題はないという。

「甲殻類に近い種なので、そうしたアレルギーを持っている人には、まずごく少量で試してみてと伝えています」(三浦さん)

 昆虫食が注目されているのは、重量比で栄養価が高いこと。種類にもよるが昆虫の60〜70パーセントがたんぱく質で、ビタミンや、カルシウム、鉄、マグネシウムなどのミネラルも豊富であることから、これまで炭水化物に偏りがちだった災害時などの避難食の代替としても注目されている。

 あとは、「見た目の抵抗感」の壁を乗り越えられるかどうかだ。

「でも、考えてみれば、エビとかシャコ、サザエのキモの部分とか、よく見るとグロテスクなものはありますけど、みんな普通に食べているのだから慣れだと思います」(三浦さん)

 今後は、国産昆虫の市場も拡大していくだろう。昆虫は繁殖力が旺盛で、エサも水も、場所も少なくて済むから、ビジネスとしても有望ではないだろうか。

 ここまで読んで「自分で昆虫を獲って食べてみたい!」と思った人もいることだろう。三浦さんのおすすめはなんとセミ! 「素揚げにして塩で。セミの種類によって味が結構違いますね」とのこと。昆虫食の世界は奥が深そうだ。

●取材・文/岸川貴文(フリーライター)

関連記事(外部サイト)