視聴率上向きの中でトップ交代 フジ新社長に期待される手腕

視聴率上向きの中でトップ交代 フジ新社長に期待される手腕

新社長就任でフジテレビはどう変わるか

 視聴率回復傾向の中で、トップを変えた意図とは──。フジテレビの新社長に遠藤龍之介氏が内定した。6月末の株主総会を経て、正式に就任する。現在専務の遠藤氏は芥川賞作家・遠藤周作の長男で、慶応大学文学部卒業後、フジテレビに入社。編成局や広報局などを歴任した。

 2017年6月、亀山千広氏に代わって社長の座に就いた宮内正喜氏は2年間で退任し、同局の会長に昇進する。宮内社長は“変えることによって、変わっていく”という方針を打ち出し、2018年3月限りで『とんねるずのみなさんのおかげでした』『めちゃ×2イケてるッ!』を終了させるなど、編成局に権限を持たせて積極的な改編を行なった。テレビ局関係者が語る。

「ともにフジを支えた長寿番組でしたが、末期は視聴率不振に苦しんでおり、亀山社長時代からどう終わらせるか悩みの種でもあった。そこで、宮内社長はしがらみのある制作局ではなく、編成局主導の体制にした。番組全体のタイムテーブルだけでなく、制作費の配分についても、編成局に権限を持たせたんです。社員として編成局に長らく身を置いていたので、そのような発想が生まれたのかもしれません」(以下、「」内同)

 宮内社長は2017年10月、翌年4月、10月という3回の改編期を“セット改編”と呼び、フジテレビの改革を押し進めてきた。

「改編後の番組が必ずしもすべて成功しているとは言えないが、『みなさん』の後釜である『直撃!シンソウ坂上』はGACKTに密着した5月2日の2時間スペシャルで13.1%(ビデオリサーチ調べ/関東地区。以下同)を獲得。タモリやビートたけしの出演した『みなさん』の30周年記念特番(2017年9月28日)ですら10.0%でしたから、かなりの高視聴率です。徐々に芽を出し始めています」

 一方で、亀山社長時代の2015年春に『スーパーニュース』から『みんなのニュース』に刷新したばかりの夕方の帯番組を、2018年春から『プライムニュース イブニング』、今春から『Live News it!』と2度も変えたことなどで、番組を変更し過ぎではないか、という声もあがっている。

「帯番組の頻繁な変更は目立つため、迷走しているように思われがちですが、全体を通して見れば、最近のフジは一時の最悪な状態からは抜け出している。ゴールデン帯でも2ケタの番組が増えてきていますし、月9ドラマ『ラジエーションハウス』は5月13日に13.2%を記録するなど初回から2ケタを維持しています。一時は2ケタ視聴率が週に数えるほどしかなく、民放4位が定位置になっていましたが、最近は3位に上がる日も珍しくありません」

 視聴率が少しずつ上向いている時期の社長交代。宮内氏が75歳の高齢であることも1つの理由だろう。過去のフジテレビ社長を振り返ると、就任時は60歳前後で、今回の遠藤氏も6月に63歳を迎える。では、他の候補もいる中で、なぜ遠藤氏が社長に指名されたのか。

「広報部長も経験している遠藤新社長はマスコミ受けもよく、対外的な調整力が高い。調子の良い時代のフジテレビらしい社員で、社長みずから局の宣伝部長になれるような人でもある。

 また、遠藤氏は編成局に長く在籍しており、編成に権限を持たせて改革を進めてきた宮内氏の路線をスムーズに受け継げる。社長になると、いろんなことをイジりたがりますが、改編すべき番組は宮内氏がほぼ断行しているので、遠藤氏は落ち着いて番組を育てていくはず。フジの黄金期も低迷期も知っているので、動かないことの効用を知っているし、今はその方が良いと判断できる人です」

 約30年にわたって社長や会長などでフジテレビを率いてきた日枝久氏がフジサンケイグループ代表を退任し、取締役相談役となる運びだ。

「日枝氏は黄金時代を築いた大功労者。しかし、何十年も同じ人がトップにいると、どんな組織でも弊害は出てくる。この人事によって、フジも変わるかもしれません。遠藤氏なら、会長や相談役との関係も上手く調整できるはず」

 2011年、視聴率三冠王を日本テレビに奪われ、その後低迷を続けるフジテレビ。宮内体制でならした足場を遠藤体制で固められるか。

関連記事(外部サイト)