「物流危機」への解決策、日野自動車・下義生社長が語る

「物流危機」への解決策、日野自動車・下義生社長が語る

日野自動車の下義生社長

 トラック・バスなどの商用車で国内トップを走る日野自動車。2018年には世界販売台数で初めて20万台を突破するなど、その勢いを海外に広げている。一方、国内ではドライバー不足による「物流危機」が深刻になりつつある。この難局をトラックメーカーとしてどう乗り越えていくのか。経済ジャーナリストの福田俊之氏が下義生(しも・よしお)社長(60)に訊いた。

──令和元年がスタートしましたが、30年前の平成元年(1989年)には何をしていましたか?

下:入社から9年目、当時は製品開発部の所属でしたね。主に新型バスの企画・開発に携わっていました。その頃の仕事で最も思い出深いのは、1990年に発売した高級観光バス「セレガ」ですね。技術屋としてやりたいことをすべて詰め込みました。

 バス内を4つのゾーンに分けて空調をコントロールできるようにしました。たとえば、日中に東京から大阪方面へ走るバスの場合、左側(南側)の座席だけ日が当たって暑くなってしまいます。また、バスは後ろにエンジンがついているので、前方より後部座席の温度が上がりやすい。つまり、エアコンを一元的に管理していたのでは、すべてのお客様に快適な環境を提供できない。そこで空調の効かせ方をゾーンごとに変えて、問題を解決したのです。

 その他にも、スピーカーの音質を向上させたり、美しさにこだわった照明をつけたり……とにかく豪華なバスを完成させましたね。

──当時はバブルど真ん中でした。

下:開発のトップから「世界一のバスを目指せ!」とお墨付きをもらっていました。技術屋としては最高の時代でしたが、コスト部隊からは怒られました(笑い)。ただ、そうした現場の熱意が認められたのか、私は31歳で「セレガ」の製品発表会も任せてもらえました。

 もともと用意されていた原稿はバスの性能ばかり書いてあったので、自分で全部書き直したんです。単なる性能ではなく、このバスに乗ったお客様がどんな喜びや感動を得られるのか、自分の言葉で伝えたかった。一番うれしかったのは一緒に苦労してきた同年代の仲間が私の説明を聞いて感動してくれたことですね。

 その経験を通じて、若い社員でも会社や業界を動かせるんだと自信を持ちました。「平成の時代は僕らの世代がもっと頑張らなくては」と強く感じました。

 現在、「セレガ」が観光バスのナンバーワンブランドに成長したことは非常にうれしく思っています。

──その後、岡山の販売会社への出向や、米国駐在(米国日野販売上級副社長)も経験した。

下:販売会社への出向も貴重な経験でした。20歳前後の営業マンと一緒に回って色々な話をするんですよ。「(営業先の)奥様にお茶を出してもらえるようになったけど、ご主人はまだ会ってくれない」とか。僕ら技術畑の人間はいい商品が作れれば売れると思っていたけれど、お客様に近い人たちは1台売るのにこんなに大変な思いをしているのかと思い知りました。

 2002年からのアメリカ駐在は非常に過酷な日々でした。日野はキャブオーバーというタイプのトラックを売るんですけど、アメリカはボンネットタイプが主流で苦戦した。それまで10年ずっと赤字で、アメリカ撤退も検討されていました。そのテコ入れを命じられたんです。販売網のスクラップ&ビルド、人とカネを削りつつ新事業にもチャレンジするという終わりの見えないミッションでした。

 なかなか不調から抜け出せませんでしたが、2014年頃からはお客様へのきめ細やかなサポート体制などが奏功し、黒字転換できました。

◆「都市間輸送の効率化」も提案

──社長に就任してから次世代の物流サービスを提供する100%出資子会社「NEXTロジスティクス・ジャパン」を立ち上げた。自動車メーカーの枠を超える事業に進出した狙いは?

下:物流業界の課題は多岐にわたります。宅配ビジネスでは、物流の最終拠点から利用者宅まで運ぶ「ラストワンマイル」の問題が大きく取り上げられていますが、私がそれ以上に危機的だと思っているのが東京―大阪や、東京―福岡などの「都市間物流」です。いま、長距離ドライバーのなり手が激減しています。この問題に早急に取り組まなければならない。

──ドライバーやその家族も長時間勤務に不安を抱えていて、切実な問題となっている。具体的にはどんな変革が必要ですか?

下:ドライバーの効率をもっと上げられるよう、ハード面とソフト面の双方から物流システム自体を変えていく必要があります。

 たとえば1人の運転手が複数台のトラックを運行する「隊列自動運転走行」でこれまで2人で運んでいた物を1人で運ぶとか、トラックの積載率を現在の40%から60%にできれば、今まで3台で運んでいたものを1台で運べる、といった効率化につながります。

 さらには、トラックには積載重量制限がありますが、たとえば重い商品が多い飲料メーカーと軽い菓子メーカーの物流をマッチングさせて大量輸送できないかなど、荷主、トラック事業者といった物流に関わる色々な方にも入ってもらい、一緒に新しい仕組みを提案していきたい。

 いま、自動車業界は100年に一度と言われる大変革期を迎えています。それは乗用車だけでなく、商用車も同じ。もしかしたら、変化の波は商用車のほうが早く訪れるかもしれません。

──日野自動車はトヨタグループの一員。トヨタの豊田章男社長とは経営ビジョンなどを相談されますか?

下:私は日野のプロパーですが、社長になる前の1年間、トヨタの役員も務めましたので、グループ意識は強いです。豊田社長はじめ、トヨタの経営陣からはいろいろなアドバイスをもらったりしています。

 一方、物流やBtoB(企業間取引)ビジネスに関しては我々にたくさんの知見があります。そちらでは逆にトヨタにアドバイスできることも多いと思います。

──日野自動車は世界販売で初めて20万台を突破した。

下:小口配送も含めて小型トラックはまだまだ成長していく事業だと思っています。小型トラックは営業用ではなく自家用で個人所有しているお客様も多いんです。「トントントントン、ヒノノニトン」のCMもあって、そういうお客様にも日野を認知していただけるようになったのも大きいですね。

 国内はもちろん、世界展開も令和時代の大きなテーマです。世界中で「日野を選んで良かった!」と言っていただけるようにしたいですね。

●しも・よしお/1959年、東京都生まれ。早稲田大学理工学部卒業後、日野自動車工業(現・日野自動車)入社。2002年から米国日野販売上級副社長、2016年からトヨタ自動車常務役員。2017年6月より日野自動車代表取締役社長兼CEO。

●ふくだ・としゆき/1952年、東京生まれ。経済誌編集長を経て、1999年からフリーとして自動車業界を中心に取材。著書に『最強トヨタの自己変革』など。

※週刊ポスト2019年5月31日号

関連記事(外部サイト)