損保会社が秘かに調査 全国主要都市「危ない交差点」リスト

損保会社が秘かに調査 全国主要都市「危ない交差点」リスト

事故が起きやすい交差点は?(時事通信フォト)

 日本では年間43万件超の交通事故が起きている(警察庁「平成30年中の交通事故の発生状況」)。凄惨な事故が多発する中で、自分や家族の身を守るにはどうすべきか。

 そのヒントとなるのが、自動車保険を取り扱う全国27の損害保険会社からなる一般社団法人「日本損害保険協会」が調査した「全国交通事故多発交差点マップ」だ。同協会は毎年、47都道府県ごとに交通事故発生件数が多い交差点「ワースト5」を発表している。

 特筆すべきは、街中の交番などで目にする「昨日の交通事故」データが「警察管内の発生件数」を示すのに対し、同データは事故が起きた「交差点」がどこかを、ピンポイントに示している点だ。

 過去10年間で同調査に頻出した交差点91か所が「“常連交差点”リスト」として公開されている(自動車事故、歩行者・自転車事故を含む事故件数を集計)。別掲の表では、自動車保有台数の多い都道府県のうち、政令指定都市を中心に、事故に特徴的な傾向が見られる交差点20か所を掲載した。元警察庁科学警察研究所で交通事故に詳しい伊藤安海・山梨大学大学院教授が指摘する。

「歩行者の交通事故は本来、交差点よりも、信号や横断歩道などがない道路で発生しやすい。歩行者が通ることを前提としていない道路なので当たり前です。

 しかし、このリストが示しているのは、横断歩道や信号がある交差点にも多くの危険が潜んでいるという事実です。

 交通事故が多発する交差点の特徴や、歩行者が巻き込まれやすいポイントを知ることは重要です。同様の形状を持つ交差点で起きやすい事故の傾向を理解すれば、身を守るための一助になるはずです」

※週刊ポスト2019年5月31日号

関連記事(外部サイト)