私立中学戦国時代 暁星と湘南白百合が2回入試に踏み切る訳

私立中学戦国時代 暁星と湘南白百合が2回入試に踏み切る訳

中学入試も多様化の時代に

 首都圏の中学受験者数は5年連続で増加するなど“受験熱”は上がる一方だが、難関私立中学は、より学力の高い生徒を囲いこもうと様々な手を打っている。安田教育研究所の安田理氏が、最新の入試要項をもとに「私学戦国時代」の様相をレポートする。

 * * *
『戦国武将に学ぶ究極のマネジメント』(中公新書ラクレ)という本がある。NHK大河ドラマの14もの作品の時代考証を担当した二木謙一・国学院大学名誉教授の著書で、信長、秀吉、家康がどのような人材を登用しながら、版図を広げ、天下統一を成し遂げたかを書いたものだ。

 二木教授は豊島岡女子学園の理事長・校長経験者でもあり、学校の事例も紹介されている。これを読みながら、いま私学がさまざまな手を駆使しながら生徒募集にあたっているさまは、まさに「私学戦国時代」だと感じた。

 2020年度中学入試に向けて私学が打っている手を3つの観点から見ていきたい。

◆受験日の複数回実施へ

 首都圏の中学入試の世界では、入試を1回しか実施していない学校がいわゆる「名門校」とされている。確かに東京、神奈川の男女の御三家(【東京男子】麻布・開成・武蔵、【東京女子】桜蔭・女子学院・雙葉、【神奈川男子】浅野・栄光学園・聖光学院、【横浜女子】フェリス女学院・横浜共立学園・横浜雙葉)は、聖光学院以外すべて1回だけである。

 このほかの1回だけの学校は、駒場東邦、早稲田系2校(早稲田実業・早稲田大学高等学院)、慶應系3校(普通部・中等部・湘南藤沢)といった早慶の付属、キリスト教系(暁星・香蘭女学校・白百合学園・立教女学院・湘南白百合・青山学院)くらいしかなく、皆難度も高い学校ばかりである。

 だが、中学受験人口は5年連続で増えているとはいえ、より質のいい層(学力の高い受験生、教育熱心な家庭)から選んでもらう競争は年々激化している。上記の学校のうち、2019年度入試では香蘭女学校が複数回実施に踏み切り(2月1日午前に加えて2月2日午後)、1620名もの志望者を集めて2019年度入試における最大の話題校となった。

 そして、2020年度入試ではずっと1回で来た暁星、湘南白百合の2校が複数回実施する。

【暁星】2月3日午前(4科)の1回→2月2日午前(4科)と2月3日午後(2科)の2回
【湘南白百合】2月2日午前(4科)の1回→2月1日午後(算数1科)と2月2日午前(4科or国算+英語資格)の2回

 英語資格は、英語検定のグレードを得点化し、国算の2科の得点と合算して判定する。2月1日午後(算数1科)は、午前中にフェリス女学院、横浜共立学園、横浜雙葉を受けた受験生をターゲットにしている。

 複数回入試にすることで、これまで受験していなかった層の応募が期待できることに加え、応募者数の増加も見込めるのである。

 これらは学校のこれまでの入試の在り方を変えるものであるが、次は従来の2科ないし4科に加えて別のスタイルの入試を設けるケースを取り上げてみよう。

◆「算数入試」が増加している

 新しいタイプの入試には多種多様なスタイルがあるが、ここでは近年急増している「算数入試」について取り上げよう。

 算数入試は男子校では古くからあったが、2019年度入試で巣鴨、世田谷学園、普連土学園、開智日本橋、三田国際学園、目黒日本大学、桐蔭学園中等教育、栄東、西武学園文理と幅広い学校に一気に広がった。

 2020年度入試でも、先の湘南白百合もそうであるが、そのほか現段階では、田園調布学園(2月1日午後)、富士見(2月2日午後)、玉川学園(算理入試/2月1日午前と2月2日午前の2回)などの学校が導入することを公表している。

 算数入試が増加している背景には、小学校でのプログラミング学習の導入、AI化が進展する社会状況、STEM教育(科学、数学領域に重点を置いた教育)が注目されるなど、広く算数の力が求められるようになったことがある。

 算数入試は塾に通っていた層が中心だが、社会状況の変化はさらに塾で勉強する内容とは別種のサイエンス系の新しいタイプの入試を生み出している。2019年度入試では、プログラミング入試(聖徳学園、相模女子大学、大妻嵐山など)、サイエンス入試(共立女子第二)、STEM入試(駒込)などがあったが、2020年度入試では、山脇学園が「探究サイエンス入試(理科と課題研究)」を行うことを公表している。

 受験生を抱えている家庭は別として、一般の方にはこんな入試があること自体が信じられないのではないだろうか。今の中学入試はこのように大学入試、社会の変化を先取りしてここまで来ているのである。

◆「共学化」が好まれる背景

 中学入試は高校入試と異なり、別学の名門校が多数あり、また難関大学合格者数ランキングにおいて上位はほとんど別学校であることから、学力上位層では男子校・女子校志向が強い。

 だが、易しい学校ではだんだん共学志向が強くなり、2013年から2019年の7年間で中学校が10校、高校は14校が共学化している。高校に多いのは、高校受験においては公立高校(首都圏では埼玉・千葉に少数の別学校がるだけで大半が共学校)を第一志望にしている受験生が多く、併願する学校も共学校になるためである。

 共学校が好まれる背景としては、以下のようなことが挙げられる。

・社会に出たら男女一緒に働くのだから、いまから何事も一緒にやっておいたほうがいい。
・幼稚園(保育園)、小学校と男女一緒だったので、それがふつう。
・共学校は歴史が浅いが、それだけに明るく開放的な校風であるからいい。

 ひと昔前の中学入試では、レベルの高い共学校は、お茶の水女子大附属、筑波大附属、東京学芸大附属の4校といった国立大学附属や、青山学院、慶應中等部といった付属校であり(法政大、明治大、立教大などの付属は以前は皆男子校であった)、進学校はなかったのである。それが渋谷教育学園渋谷のような進学校が生まれてきたことで、共学志向のすそ野が広がったということが言えるだろう。

 2019年度は桐蔭学園中等教育学校、武蔵野女子学院(武蔵野大学中学に校名変更)、横浜富士見丘学園が共学化したが(高校は明法、横浜富士見丘学園の2校)、2020年度も小野学園女子(品川翔英に校名変更)、聖ヨゼフ学園が共学化する(高校は品川翔英、武蔵野大学高校、横浜の3校)。

 明法、横浜といった男子校が、中学は男子校のままで高校だけを共学化するのは、先に述べたように公立高校の併願先としては共学校のほうが選ばれやすいからである。

 中学入試も高校入試も私立志向は高まっているが、このように内実では生き残りをかけた競い合いが激しいのである。

関連記事(外部サイト)