高血圧薬はアプローチ異なる5種 薬を替えて症状改善も

高血圧薬はアプローチ異なる5種 薬を替えて症状改善も

アプローチの異なる治療薬がある(写真/PIXTA)

 医師から処方される薬は、病気を治す有力な手段であり、強い味方だ。2017年の厚生労働省の統計によれば、65才以上の3割が6種類以上の薬を処方されているという。しかし、中には薬が原因で新たな悩みを抱える人もいる。東京都に住む鎌田美沙さん(57才・仮名)が声を潜める。

「50代に入ってすぐに高血圧と診断されて薬をのんでいますが、大きな不調はないものの、手足がむくむし、めまいが起きたりするばかりで、血圧の数値もなかなか改善しません。

 しかも『薬の効き目を強める』という理由で、朝の日課だったグレープフルーツジュースを禁止されたのも地味にツラい。これが風邪や花粉症の市販薬だったら、別の薬を試してみようと思いますが、処方薬だと出されたものをのむよりほかにないですよね…」

 鎌田さんのような、持病の薬に対して不満を持つ人は少なくない。しかし、茅ケ崎メディカルクリニック院長の柘植俊直さんは「別の薬に替えることで症状が改善されることはよくある」と言う。

◆高血圧の薬は主に5種類

 血圧を下げる薬である降圧剤は、大まかに分けて5種類。冒頭の鎌田さんが処方されていたのは、「カルシウム拮抗薬」と呼ばれるタイプの薬だ。

「細胞にカルシウムが流れ込む際に血管が収縮し、血圧が上昇するのですが、カルシウム拮抗薬はそれを抑えて血管を拡張させます。

 昔から使用されているため、医師が『このくらい処方すれば、このくらい血圧が下がる』と把握しやすく、それゆえ処方しやすいため、最も一般的な薬です。副作用として、ほてりやむくみ、便秘などが現れることがありますが、いずれも自覚症状を伴うため、本人が気づき、危険な状態に至ることが少ないのが特徴です」

 高血圧薬にはこれ以外に、ARB、ACE阻害薬、利尿剤、β遮断薬と呼ばれるものなどがあり、それぞれ血圧を下げるという目的は同じだが、アプローチが異なる。

「血圧を下げる」という1つの目的に、これだけの種類の薬があるとなると、どのような基準で選んでいるのかという疑問がわく。

「どの薬も、それぞれ長所と短所がありますから、医師は患者さんの状態によって処方を決めます。たとえば夏には高齢者は脱水に陥りやすいので利尿剤の使用に注意する、喘息がある人にはβ遮断薬は出さない、などが挙げられます」(柘植さん)

 また、高血圧の薬は患者ごとに効く、効かないの差が出ることがある。処方しても効果がみられなかったり、副作用がきつかったりする場合、アプローチの異なる別の薬に替えたり、処方されている薬を減らして食事や生活習慣の改善に力を入れることもあるという。

「私が診た中には、多数の薬をのみすぎたせいで副作用が強く出ている人もいました。80代の女性だったのですが、高血圧のためカルシウム拮抗薬を出され、副作用で手足にむくみが出てしまった。

 しかし、本人はそうと知らずに『むくみに悩んでいる』と告げたところ、“腎機能に問題がある”と診断されて利尿剤が追加で出されていた。私のところでカルシウム拮抗薬の量を減らす処方をしたところ、むくみは改善されました」(柘植さん)

 高血圧症の患者の中には、「副腎」という臓器から分泌されるホルモン「アルドステロン」の異常が原因である人が5〜10%ほどいることが近年、わかってきた。そのタイプの患者は、手術で高血圧を治せるほか、“第6の選択肢”である「抗アルドステロン薬」の効果が高い。

 同じ病気でも、原因や体質は人それぞれ違う。薬も違って当然なのだ。

※女性セブン2019年6月6日号

関連記事(外部サイト)