サッポロビール社長語る、大勝ち狙わず若者に支持される経営

サッポロビール社長語る、大勝ち狙わず若者に支持される経営

サッポロビールの高島英也社長

 大手4社が鎬を削るビール業界。発泡酒、第3のビールを含んだ総合シェアでは4位ながら、「黒ラベル」や「ヱビスビール」などの強力ブランドを擁して、ビールで存在感を見せているのがサッポロビールだ。高島英也社長(59。高ははしごだか)は4社の中で唯一の製造部門出身トップ。商品への愛着や造詣も造り手出身ならではの深さで知られる。ジャーナリストの河野圭祐氏が、高島氏にサッポロビールのものづくり精神を訊いた。

◆”アウェイ”での奮闘

──令和の時代がスタートしましたが、平成元年(1989年)には何をしていましたか?

高島:私は1982年にサッポロビールに入社しました。それから6年半は宮城県の仙台工場でビール造りの基本をその精神から叩き込まれ、1988年秋に大阪工場(大阪府茨木市)に転勤しました。平成元年(1989年)は新天地に移ったばかりですね。夢中で仕事に取り組んでいました。

──当時はアサヒビールの「スーパードライ」が市場を席巻していました。アサヒの本拠地・大阪では特に大変だったのでは?

高島:当社の大阪工場は1961年から操業していましたが、工場周辺の飲食店でさえ、サッポロビールを使ってくださっているところは少なかった。「大丈夫だろうか」と不安な思いはありましたが、それでも工場では皆、自分たちが造るビールに誇りを持っていた。先輩方の姿を見て「もっと自信を持っていかなければ」と思っていました。

 1992年に転勤で大阪を一度離れますが、1997年に大阪工場に戻り、製造部長を務めました(2001年まで)。製造部長時代に取り組んだのは、営業担当者に同行して、納入先の店舗で樽生ビールの味や泡の品質を確認することです。

 それまでは、製造の人間が外回りをすることはありませんでした。醸造製造部門の人間は、工場で高品質なビールを造ることが使命ですが、「飲んで頂くお客様が製造品質以外で喜ぶものは何か」という視点も大事です。大阪時代に実践した現場第一主義は、今も忘れないようにしています。

 大阪工場は2008年3月末をもって閉鎖となりましたが、本当に残念で悔しかったですね。

◆若者に通じた「職人気質」

──ビール市場が停滞する中、サッポロの主力ビールである「黒ラベル」は4年連続で売り上げが増えている。若者のビール離れが喧伝される時代ながら、特に20代で「黒ラベル」の支持が上がっているという。どう分析しますか?

高島:価値観の多様化が進む中、ビールの選択にもこだわる若い方々が多いと感じます。また、かつてのようなビールの箱買いは少数派となり、「今日はこの銘柄を1本」という買われ方が増えています。そうした消費スタイルの変化に対し、大人な雰囲気で、どこかものづくりの精神も感じることが「黒ラベル」選択のきっかけになっているのかもしれません。

 ずっと変わらない白地に黒丸、ゴールドの星印という、シンプルなパッケージも若い人から支持されていますし、2010年から続けている妻夫木聡さんの「大人のエレベーターシリーズ」CMの効果も大きい。ホストの妻夫木さんと人生の先輩であるゲストとの本音トークに若い方々も共感してくださっています。

 ゲストは、それぞれの世界で一流のプロフェッショナルとして知られる方々ばかり。その方々の生き様と「黒ラベル」の大人で職人気質なイメージとを重ね合わせてくださっているのだと思います。

──ブランドイメージ以外の面で大事にしていることは?

高島:“できたての生ビールの味わいをご家庭でも”という基本理念は、発売当初から全く変えていません。

「黒ラベル」は「旨さ長持ち麦芽」を一部使用しています。通常の麦芽には風味を劣化させる脂質酸化酵素という成分がありますが、この麦芽はその成分を持たない大麦から生まれました。ビールメーカーとして世界で唯一、ビール大麦とホップの両方を長年自社育種し続け、商品の価値を高める研究を継続してきたからこそ実現できたことです。

「社長は商品について、本当に熱く語りますね」と社員から言われますが、そうでなければお客様に届かないし、先人たちに申し訳ない。すべての社員に、もっともっとサッポロのものづくりの想いを熱く語ってほしいです。

──4月からビールの新商品として「SORACHI1984」を発売した。狙いは?

「SORACHI」は北海道空知郡上富良野町にある、当社のバイオ研究開発部で開発したフレーバーホップの「ソラチエース」のことを指しています。これをホップとして品種登録した1984年にちなんだブランドです。

 開発当初は香りが個性的過ぎて日の目を見なかったのですが、米国では1990年代半ばからクラフトビールブームが起こり、このホップが注目されてきました。

「ソラチエース」は香りが本当に独特。檜のフレーバーと言いますか、森林浴をしているような、フィトンチッドの香りにも似たものを感じますし、喉越しもスムース。今日の自分へのご褒美と感じてくださる方々に手に取っていただきたい商品です。

──その他、力を入れているのは?

高島:たとえば北海道エリア限定ビールの「サッポロクラシック」。ふくよかな味わいと、飲んだ後にスーッと消えていく後味を、麦芽100%使用のビールで両立することができている商品です。玉露のお茶を淹れるように、高温であっさりと麦芽成分の抽出をするという方法を採っており、自慢の一品です。

「サッポロクラシック」は18年連続で売り上げがアップしています。“赤星”という通称で知られる「サッポロラガービール」も飲食店向けの瓶商品が7年連続で販売が伸びています。ジワジワとリピーターのお客様が広がっているのは、当社のビールに通底するクラフトマンシップが評価されている結果でもあると考えています。

◆海外で「スーパープレミアム」に

──高島さんは、よく「ビジネスは大勝ちしなくてもいい」とか「企業は一気に拡大するよりジワジワ伸びていくほうが望ましい」と発言していますね。

高島:私が参考にさせてもらっているのは、寒天などを製造する食品メーカーである伊那食品工業(本社=長野県)の掲げる、長期視点で安定成長を目指す“年輪経営”です。

 伊那食品工業さんと接点を持ったのは4年前、ポッカサッポロフード&ビバレッジの専務の頃でした。先方の寒天材料の取引でご縁があり、「ユニークで素晴らしい会社だな」と思い、こちらから伺わせていただいたのが始まりです。伊那食品の塚越寛会長(今年2月から最高顧問)は、私の師だと思っています。

──トヨタ自動車の豊田章男社長やモスフードサービスの櫻田厚会長も“塚越信奉者”として知られている。

高島:特に我々は同じ食品業界ですから、「会社はゆっくり成長するのが理想」という教えにはハッとさせられることがたくさんあります。私も“何かで一発当てて大逆転”みたいなことは、あまり考えてはいけないと思っていますから。

 もちろん、大ヒット商品が出ればそれに越したことはありません。ただ、自分たちの力で地道にブランドを磨き、その過程で社員も成長し、企業としてのサッポロの力がジワジワ上がっていく──こんなチームの方が環境変化にも強いと考えています。

──令和時代のサッポロビールの課題は?

高島:大きくは2つあります。ひとつは本社主導でなく、もっと現場から変革や改革の知恵が上がってくる社風にしていくこと。そして社員個人が自ら課題を掘り起こし、行動目標を掲げてほしいということです。

 それができると、多くのことが自己責任に変わります。上からの命令に従うだけなのとは、やり遂げたときの達成感がまるで違います。その達成感を味わってほしいからこそ、「自分が源泉だよ、やらされ仕事はつまらないよ」と、ことあるごとに社内で説いているんです。

 もう一点は、海外展開をより一層加速させること。昨年10月からは、中国で本格的に市場参入しました。中国でアンハイザー・ブッシュ・インベブをパートナーとし、「サッポロプレミアムビール」の市場浸透に取り組んでいます。

 彼らは「コロナ」「ステラ・アルトワ」「ヒューガルデン」というハイエンドビールを持っていますが、そこに「サッポロプレミアムビール」が組み込まれます。プレミアムビールを超える、スーパープレミアムブランドとして世界的に認知される活動を展開しています。

 日本国内だけでなく、世界でも量より品質価値で勝負していきます。

【PROFILE】たかしま・ひでや/1959年、福島県生まれ。東北大学農学部卒業後、1982年にサッポロビール入社。2007年仙台工場長、2012年北海道本部長、2015年ポッカサッポロフード&ビバレッジ専務取締役執行役員、2017年1月より現職。

●聞き手/河野圭祐(かわの・けいすけ)/1963年、静岡県生まれ。ジャーナリスト。経済誌編集長を経て、2018年4月よりフリーとして活動。流通、食品、ホテル、不動産など幅広く取材。

※週刊ポスト2019年6月7日号

関連記事(外部サイト)