小林よしのり氏が「明治ブーム」に異議 日本が失ったものは

小林よしのり氏が「明治ブーム」に異議 日本が失ったものは

「西洋覇道の論理」を唱えた大久保利通(左)と、「東洋王道の道義」を説いた西郷隆盛(時事通信フォト)

「令和」が始まった。元号で時代を認識する日本人は少なくない。昨年は「明治維新150年」でさまざまなイベントが企画され、今も“明治ブーム”は続いている。そんななか、漫画家の小林よしのり氏は「明治礼讃史観」に異を唱える。

 * * *
「明治維新150年」などと言われ、特に保守を自称する者には明治を礼讃する者が多いが、わしは明治礼讃史観を支持しない。彼らが明治を礼讃するのは、単にそれが「勝った」歴史だからだ。日清戦争に勝利し、世界の一等国の仲間入りを果たした誇らしい歴史、ということなのだろう。

 だが、明治維新を成し遂げた西郷隆盛の思想は、東洋の諸国が連携して、アジアの植民地化を狙う西欧列強に対抗しようというものだった。それを大久保利通らは無視し、西郷を下野させ、朝鮮に砲艦外交を仕掛けた。西欧列強のマネをして、威圧外交を展開したのだ。

 不幸にして、その後、日本と清が戦火を交えることとなったが、その戦争の目的はあくまでも近代化に背を向ける清を覚醒させ、朝鮮を独立させることにあったのだから、戦争が終結した後は、賠償請求などは極力抑えて共に手を携えねばならなかった。

 しかし、幕末から30年近くを経た日清戦争当時には、日本から西郷の精神は失われてしまっていた。日本が連戦連勝すると、世論は清から賠償を取れるだけ搾り取れという意見が圧倒的になったのである。日本はここから決定的に道を踏み外したのだ。

 わしが描いた『大東亜論最終章』は、最後の武士たちが、西郷隆盛の東洋王道の道義を復活させようと戦い、そして敗れ去っていく物語である。この物語を描くことで、近代化の中で日本人が失ったもの、取り返さねばならないものとは何かを明らかにしたかった。

 大久保利通が唱えた西洋覇道の論理、弱肉強食で勝った者がすべてだという、道義もへったくれもない日本人ばかりになってしまい、その状況は今なお続いているからだ。

【プロフィール】こばやし・よしのり/1953年福岡県生まれ。漫画家。最新作に『ゴーマニズム宣言SPECIAL 大東亜論最終章 朝鮮半島動乱す!』がある。

関連記事(外部サイト)