訪日外国人が増えたのは、日本が「格安天国」だからではないか

訪日外国人が増えたのは、日本が「格安天国」だからか 観光立国への「違和感」

記事まとめ

  • コラムニストのオバタカズユキ氏が、観光立国というスローガンへの「違和感」を考えた
  • 訪日観光客数は増加が続いていて、2015年にはインバウンドがアウトバウンドを逆転した
  • 欧米でもオーストラリアでも、ランチで2000円前後はごく普通、日本は予想外に格安とも

訪日外国人が増えたのは、日本が「格安天国」だからではないか

訪日外国人が増えたのは、日本が「格安天国」だからではないか

訪日外国人は5年で3倍となった(時事通信フォト)

 街で見掛ける外国人の数は増えた。観光立国というスローガンはそれなりに実を結んでいるように思える。これでいいのか。コラムニストのオバタカズユキ氏がそこはかとない「違和感」について考えた。

 * * *
 次の時代の日本の有力産業として観光業があげられている。実際、訪日観光客数は2012年から増加が続いていて、2015年にはインバウンド(海外から国内へ)がアウトバウンド(国内から海外へ)を逆転。最新統計の2018年には、3100万人超の外国人観光客が訪れている。

 これからもまだまだ進むであろう、観光地化する日本。自分の国に世界中から人が集まってくることは、それだけ文化なり社会なりにいい意味で興味を持たれているからで、喜ばしい話である。だが、その一方で喜んでばかりいられない側面もあるのでは、と思っている。

 筆者の地元である「谷根千(谷中・根津・千駄木)」と呼ばれる東京のエリアも観光化が進み、町歩きを楽しむ外国人の姿も年々増えている。それはそれで結構なことなのだが、このところ、いささか気になる光景を目にしている。

 数年前、町内にオーストラリア資本のカフェがオープンした。元倉庫を改造、天井の高い店内はウッディな調度品で演出、散策途中のおしゃれな休憩所としてなかなかの賑わいを見せている。ただ、このお店で食事をとると結構なお値段になる。特にランチ。ワンプレートの上に自然食っぽい料理がちょこちょこ盛りつけられたものに好みのドリンクをつけたら、それだけで2000円前後になってしまう。

 味はいいのだが、ちょこちょこ盛りつけだから、たいした満足感も得られない。観光地値段だとしても高すぎるよなあ、と初めて訪れた時、けっこう驚いた。店内の他の日本人客らもランチをつつきながら、会話が止まったりしている。おそらく私と同じように、「え?あの値段でこの内容……」と戸惑っていたのだと思う。

 ところが、だ。この店には外国人観光客、特に白人のお客さんが多いのだが、彼らは見るからにリラックスしている。メニューを見つめることもなく、思い思いに料理やドリンクやデザートをオーダーし、ゆったりと椅子に腰かけて談笑などしている。

 この違いは何なんだ。たまたまそういうシチュエーションの時に入店してしまったからかと、その後も何度か再訪した。が、いつも日本人客は縮こまっていて、外国人客がのびのびリラックスだ。その空間に居ると微妙な気持ちになる。自分の町に居ながらにして欧米の観光地気分を味わえるというか、不意打ちで白人コンプレックスを感じることができるというか、とにかく独特な店なのだ。

 どうしてあの店で外国人客らはリラックスしているのか。理由は、思いつく限りひとつである。彼らにとって、別にお高い店ではないからだ。海外旅行好きならおわかりのように、欧米でもオーストラリアでも、ランチで2000円前後はごく普通。1000円以下、場合によってはワンコインでランチが食べられる日本のほうが特殊であり、外食における金銭感覚が我々とは違うのだ。

 いや、この話は外食だけに終わらない。観光客目線でいえば、宿泊代も安いはず。繁忙期でなければホテルや旅館もサービス内容の充実ぶりのわりにお得だし、かつてはカプセルホテルやうらぶれた素泊まり民宿くらいしかなかった安い価格帯の宿も、いまは全国各地でゲストハウスが営まれている。そして、いずこも格安なのに清潔、安全、親切だ。

 食べ物以外のちょっとした買い物だってお得である。品揃え充実でお値段控え目のコンビニはどこにでもあるし、そこで買い物をすること自体が外国人観光客にとってアメイジングな100円ショップという究極の激安店も存在する。一時期の中国人による爆買い現象は落ち着いたようだが、家電量販店に外国人客が多いのも、高品質低価格の商品が多いからだ。

 もちろん、日本にも高品質高価格の店がいろいろあるのだけれど、低価格店でけっこうなモノが買えたり、満足できる食事がとれたりするのは日本旅行の醍醐味なのではないか。訪日観光客数が伸びているのも、「おもてなし」の魅力があるから以前に、日本が格安天国だからではないか。

 20年、30年前は、きっとそうではなかった。日本は物価の高い国で、お金のかかる旅行先だった。それが失われた20年なり30年なりの間に、日本は物価の安い国に成り変わっていたわけである。このことは、欧米はもちろん、アジア各国を旅行しても実感できる。日本人にとって、欧米の旅は何かとお金がかかる。何でも安くて豪遊できたはずのアジア旅行も、そう言えるほどではなくなった。

 なぜか。それはもちろん、世界中のほとんどの国で緩やかなインフレーションが起きていたからだ。物価も上がっていったし、各国民の所得も増えていった。対して日本は、ずっとデフレ。モノの値段もたいして上っていないし、所得のほうも増えていない。

 問題なのは特に所得のほうだろう。OECD(経済協力開発機構)の調べによると、2018年の時間当たり賃金(時給)が1997年からどのくらい増えているかを見たら、韓国は167%、イギリスは93%、アメリカは82%、フランスは69%……と各国ともアップ。その中で唯一、マイナス8%とダウンしているのが日本だ。

 賃金が上がらないどころか、下がっている。であるからして、飲食店は安い労働力を使って格安の料理を提供できるし、他の各店舗も同様にお得なサービスやモノを売ることができる。懐具合が寂しい日本人にはその実感があまりないけれど、外国人からしたら美味なのに安い、サービスがいいのに安い、やたらとお買い得な国なのである。

 個人的な話だが、このところユーチューブの視聴にハマっていて、お気に入りのチャンネルのひとつに「日本食冒険記Tokyo Food Adventures」がある。番組運営者でもある日本人男性が、浅草などの観光地で外国人観光客に声をかけ、飲食店で一食奢って、日本の感想や相手の国の魅力などを聞き出すトーク動画だ。

 寿司、刺身、天ぷら、焼肉、トンカツ、焼き鳥、釜飯……と、供される日本食を慣れない箸使いで神妙な顔で見つめる外国人たち。それが、一口、二口、食べ進めるほどに「ナイス!」「デリーシャス!」「アイ・ライク・イット!」とたいてい笑顔に変わる。この料理はおいしそうだなあと動画を見ていて感じた時、外国人の反応もすごく良いと、なんだかこちらも嬉しくなる。食を通じて同じ感覚を共有できる疑似体験が楽しい。

 ただ、この番組でも、ちょっと気になっていたのだ。番組運営者が彼ら彼女らに食後の感想を求めた際、かなりの確率で口から出てくる「リーズナブル!」の一言。料理をぱくつきながら、「このクオリティで安すぎですよ!信じられない!!」と興奮する外国人も珍しくない。

 日本人にとって普通の値段が、彼ら彼女らにとっては予想外に格安なのである。喜ばれることはいいことなんだけれども、あんまり「安い安い」と連発されると、複雑な気持ちになる。「俺たちもしかして後進国になっちゃったの?」との不安が頭をよぎる。

 正確には、後進国ではなく、後退国なのだろう。いわば経済後退国。まだ一応先進国の仲間であるとはいえ、ほかのみんなが進んでいる間、足踏みばかりしていて、相対的に落ちこぼれちゃった発展停滞国と呼べるかもしれない。

 2020年の東京オリンピックに向け、より一層、訪日観光客は増えていく。日本への注目もさらに高まる。そしてその評価が「リーズナブル!」だったら……。それでも「まいどあり!」と彼ら彼女らに笑顔を返したいものだ。かつて日本がお高い国だったのは、「バブル」という期間限定の例外的事情があったからで、あれはうたかたの夢だった、今が身の丈に合っているのだ、と自分で言い聞かせながら。

関連記事(外部サイト)