池田小事件犠牲者遺族、カリタス小の被害者にかける言葉

池田小事件犠牲者遺族、カリタス小の被害者にかける言葉

事件直後の池田小学校(2001年、時事通信フォト)

 スクールバスを待つ小学生らが次々に襲いかかられ、19人が殺傷された今回の川崎事件。これと重なるのは、2001年に起きた大阪教育大学附属池田小事件だ。面識もない無抵抗の児童が狙われ、犯人が犯行動機などを自ら明かす前に死亡した点も共通している。池田小事件の犠牲者遺族の目に、カリタス小の事件はどう映ったのか。

「川崎の事件の凄惨な映像を目にしたら、あっという間に18年前の記憶が蘇ってきました。もうそれからは1日中、何も手につかなくて……」

 沈痛な思いを語ったのは、池田小事件で長女の花菜ちゃん(当時7歳)を亡くした塚本有紀さんだ。

【池田小事件とは/2001年6月8日、大阪・池田市の大阪教育大学附属池田小学校に、宅間守・元死刑囚(当時37)が刃物を持って侵入し、1年生1人、2年生7人を殺害したほか、児童や教員に重軽傷を負わせた。裁判の過程で、宅間・元死刑囚は自ら死刑判決を望む主張を繰り返していた。2004年9月、確定から1年という異例の早さで死刑が執行された】

「私は『なんでなん?』という、真相を知りたい思いを胸にあの男の裁判と向き合っていました。犯人の口から聞くのは辛いことやけど、私は知りたかった。でも、今回の事件では犯人が死んでしまったために、その機会も失われています。ご遺族の方のお気持ちを思うと、その痛みは計り知れません」

 塚本さんは宅間守・元死刑囚の供述調書を読み解くことで、娘の最期の姿を知った。事件の2年後の公判の意見陳述で、「私の手でこの男を殺してやりたい」と怒りをぶつけもした。

「実際にそんなことはできないと分かっていても、親なら当然の感情やったと思います。加害者が生きていればこそ、やるせない気持ちを持って行く先もあった」

 塚本さんは新たな道を進み出している。介護福祉士の仕事だ。

「娘の死を告げられた時、医師から『脊髄が損傷していたから、奇跡的に助かったとしても自由に歩けなかった可能性が高い』といわれたのがひっかかっていました。

 寝たきりなら人の力を借りる必要がある。それなら娘が生きていたら安心して預けられるような介護士になりたいな、と思うようになったのです。私が死んで天国で花菜に会えた時、『あなたがいなくなった後、ママだってできることを探したんよ』って言えるかなって思える」

 自らの経験を踏まえて「遺族が余計に悲しむことがないようにしてほしい」とメディアに向けて語るのは、同じく当時7歳だった長女・優希ちゃんを亡くした本郷由美子さんだ。

「18年前の事件当時、喪失感とショックで目に入るものの色も感じないし、匂いも味もしない。それだけでも心が壊れてしまう寸前でしたが、傷を負った娘の悲惨な姿がニュースで映されていて、それを目にすると、二重に胸を抉られる思いでした」

 本郷さんの心に変化が生じたのは、ある事実が明らかになってからだ。

「当初、警察から、娘は『心臓を刺され即死だった』と聞かされていましたが、本当は致命傷を負いながらも廊下まで逃げ出て、校舎の出口に向かって懸命に歩いていたことがわかったんです。あの子は、最後まで生きようとしていたんです。その姿がまぶたに浮かんできた」

 本郷さんは、「悲しみと折り合いをつけるには時間がかかる」という。

「憶測に基づく報道やバッシングのコメントが、空白ができた遺族の心にすっと入り込んで、余計に喪失感を味わうことがあります。今回の事件のご遺族や被害者の方々も、その苦しみに襲われることが心配です。そうならないためにも、メディアには冷静になって正確な情報を届けてもらいたい」

 悲嘆を知る人の言葉は、重く響く。

※週刊ポスト2019年6月14日号

関連記事(外部サイト)