洋服借り放題サービス 実際に使ってみてわかったメリット

洋服借り放題サービス 実際に使ってみてわかったメリット

レンタル服は保管場所を確保する必要がないのも便利

 近ごろサブスクリプション(定額放題サービス)が花盛り。特に最近は女性向けジャンルでの新規導入が目立つが、中でも人気なのは洋服の月額借り放題だ。なぜ女性はこうしたサービスに夢中になるのか。自身も“サブスクフェチ”だという作家の内藤みか氏がレポートする。

 * * *
 衣料系のサブスクリプションとは、どんなものでしょうか。大抵は月々の定額料金を支払えば、アイテムを決められた数だけ借りられるというシステムのものです。

 気に入らないアイテムは返却すれば他のものと交換してもらえる方式のサービスが多いのも、好みがうるさい女性にとってありがたいところ。有名なのは、無料登録会員数が16万人を突破した「エアークローゼット」や、有料会員数が1万2000人超の「メチャカリ」などです。

 洋服の借り放題は、大きく分けて業者がコーディネイトしてくれたアイテムを送ってくれる“福袋形式”のところと、自分で好きなように品物を選べる“バイキング形式”のところに分かれます。中古の品を貸すところもあれば、新品だけを貸すところもあり、月額料金はだいたい1万円以内です。

 私は両方のシステムを利用したことがありますが、個人的には圧倒的にバイキング形式のものがおトクに感じました。レンタルといえどもアイテムを自分で選べるので「擬似ショッピング」を味わえるのがいいのです。

 私はストレスが溜まるとネットショッピングやフリマサイトで洋服を衝動買いする癖があったのですが、バイキング形式のレンタルを利用し始めた途端、それがピタリと止んだのには驚きました。そのサイトは新品を借りることができるので、タグ付きの服が来て気持ちがいいし、最新流行のデザインのものばかりなので、このサービスによって消費欲求が解消できたのです。

◆SNS投稿のため衣料費がかさむ女性たち

 このような洋服レンタルサービスが人気になった原因のひとつとして、SNSの存在は無視できないでしょう。多くの女性がSNSで自分自身の画像を載せていますが、「あの人また同じ服着てる」と思われるのはちょっと恥ずかしいと感じてしまうのが女心。特に、おしゃれ上手を自負する女性たちは「今日のコーデ」画像をこぞって投稿していますが、そうそう買ってばかりもいられません。

 そんなSNS映えのために衣料費がかさんで悩んでいる人にとって、借り放題サービスは安価で何パターンもの「今日のコーデ画像」を披露できるとてもありがたい存在です。流行の服を定価の何分の1もの価格で借り、しかも何度も借り換えができるのだから、月額料金も高くは感じません。

 特に芸能関係など、SNSで私服をアップしファンサービスをしている人にとっては、ファッショナブルな画像を連続投稿でき、さらに服を買いに行く時間も節約できるので、かなり助かるサービスなのです。

◆保管いらずでミニマムな暮らしに最適

 もちろんレンタルの品だけで1か月のコーデが完成するわけではありません。けれど普段のコーデに最新流行のアイテムをひとつ足すだけであか抜けるもの。今日はトップス、明日はボトム、などと日替わりでレンタルアイテムを使えばコーデの幅が一気に広がり、楽しめます。

 流行の服は一過性のものも多く、購入するのはためらいますが、レンタルであれば不要になったら返却すればいいので気軽に試せます。トレンドに敏感な自分になったかのようで、気分もアガるのです。

 また、利用してみるとわかるのですが、洋服を保管するという手間が減ります。洗濯やクリーニングをせずに返送していいのもとてもありがたいです。これは冬場のコートのようなクリーニング代がかなりかかる品物ほどありがたみが増します。夏場は浴衣のレンタルも行なっているところもあります。お手入れが大変な浴衣も借りてしまったほうがラクですし、借り替えられるのでいろいろな柄も楽しめるはず。

 レンタルに慣れると、クローゼットの服はあまり増えなくなるので、整理にも時間がかからなくなっていきます。洋服を保管する場所があまり取れない人は、一部をレンタルすることでスペースの節約にもなるでしょう。私は先日、親戚の法事があったのですが、黒いワンピースがレンタルできて助かりました。TPOに合わせて服を選べるほど、アイテムが何千とあるのは素晴らしいです。

◆かなり気を使う高価な品

 とはいえ、レンタル品も便利なことばかりではありません。借りることができる洋服の価格は、業者やアイテムによって違いはありますが、時には1着分だけで月のレンタル料金を上回るものもあります。私のところには一度3万円を超える新品のブランドワンピースが届いたことがありました。服を汚したり破いたりしたら、程度によっては業者が算定した額を弁償しなくてはならないので、かなり気を使います。

 けれど、女性はデートやパーティーなどには特別なおしゃれをしてお出かけしたいもの。こうした場にふさわしい服は買うと高いので、レンタルするのは賢いやりかたです。

 高い服を着ていると、自分がワンランク上のオンナになれたような気がして背筋も伸びるし、見栄も張れます。節約上手な人はイベントがある時だけ洋服の借り放題を利用しているようです。私は流行の服を着て街を歩けることができるのが嬉しいので、まだしばらくはこのシステムを利用するつもりです。

関連記事(外部サイト)