雅子さまに辛辣だったネットの「風」、トランプ氏来日で一変

雅子さまへのネットの風が一変 トランプ大統領夫妻の国賓来日時の歓待シーンに評価も

記事まとめ

  • トランプ大統領夫妻が国賓として来日し、天皇皇后両陛下が大統領夫妻を歓待した
  • 雅子さまがトランプ夫妻を招いた際の振舞いに、ネットの空気はガラリと変わったという
  • 眞子さま小室圭さんがネットで批判対象になる以前は雅子さま叩きが酷かったが、一変

雅子さまに辛辣だったネットの「風」、トランプ氏来日で一変

雅子さまに辛辣だったネットの「風」、トランプ氏来日で一変

雅子さまは晩餐会などすべての国賓歓迎行事に参加された(時事通信フォト)

 トランプ米大統領夫妻の国賓としての来日は、「観光旅行かよ」などと揶揄する声もあったが、前半のハイライトがトランプ氏の大相撲観戦だったとすれば、後半は天皇皇后両陛下が皇居に夫妻を招かれ、歓待したシーンだろう。

 この時の一連の雅子さまの振る舞いは、これまでのネットの空気をガラリと変えたとネットニュース編集者の中川淳一郎氏は指摘する。皇后になられて以来、雅子さまへの期待感は高まりつつあったが、今回の堂々たるお姿に圧倒的な存在感を見せつけられた、といった感覚になった人が多かったと指摘する。

「ネット上では、眞子さまの婚約内定者・小室圭さんにまつわる金銭トラブルが報じられてからは、小室さん、眞子さまがバッシングの対象になった感が若干ありますが、それ以前の雅子さまと愛子さまへの叩きはひどかったです。それが、トランプ氏来日以降、風向きはガラリと変わった」

 まずは、通訳なしで英語で大統領夫妻と会話されたほか、以前とは異なり自然な笑顔が出るようになったことがネット上での高い好感度につながった。メラニア夫人がセルビア出身であることをご存知だったのだろう、アメリカ人が普段はやらない頬と頬を触れ合う「チークキス」をされたことも、雅子さまの外交的センスとメラニア夫人へのご配慮を感じた人が多かったようだ。

 以下のネットの書き込みは、現在の雅子さまに対して寄せられる感情をよく表している。

「雅子様は最初からずっと気さくにメラニヤ夫人に話しかけられててどんどん笑顔を引き出していた感じでした 雅子様の凄い才能を見させてもらった」(原文ママ)

 中川氏によると、以前までの雅子さまは体調不良からご公務に参加されることが少なかったことから、ネット上では「税金泥棒」「いつまで療養しているんだ」などと心ない声が出ることもあったという。さらに、「雅子さまはお疲れのため、ご参加は見送った」といった報道があると「いつも休んでいて疲れるもなにもあるか」などと叩かれたことも。さらには「皇太子ご一家はご静養のため、那須の御用邸に向かわれました」などの報道についても同様の意見が書き込まれた。また、長女・愛子さまが一時、不登校になったことを「容認」しているなどとも捉えられ、これまた叩かれた。

 中川氏はネットでは「風」が常に吹いており、意見を書き込む場合は匿名であろうともその「風」に乗る傾向があるという。

「先にあげたような雅子さまへの好意的なコメントが今は多数書き込まれる状況になっています。トランプ氏の帰国後、植樹祭に参加された時も同様のコメントが多かったですし、これから雅子さまがお出ましになることが増えると、『良い点』をネットユーザーが見つけて書き込むことになるでしょう。今後、海外でのご公務などがあった場合は、ますますそうしたムードが高まると思います」

 ネットの「風」をまったく別の方向に一気に向かわせるだけのインパクトが、雅子さまのお姿にはあったと言えそうだ。

関連記事(外部サイト)