雅子さま 気品と知性溢れる姿が世界にインパクトを与えた

雅子さま 気品と知性溢れる姿が世界にインパクトを与えた

おふたりが和やかに会話される場面も見られた(時事通信フォト)

 皇后になられて初めての地方公務とは思えないほど、自然体の中に「雅子さまらしさ」が溢れていた。

 6月1日朝9時50分頃、東京駅のホーム。天皇陛下の一歩後ろを歩かれる雅子さまは上品な淡いグレーに、爽やかな白のトリミングが施されたパンツスーツ。お足元は、つま先がシャープな、白と水色のバイカラーのピンヒール。両陛下は特別編成の新幹線に乗車され、翌2日に愛知県尾張旭市で開かれる「全国植樹祭」へと向かわれた。

「スーツとピンヒールの雅子さまの凜としたお姿は、まさにキャリアウーマン。東京駅では100人以上のお見送りの人垣ができて、あちらこちらから『雅子さま!』という声が飛ぶと、笑顔で応じられていました」(皇室記者)

 植樹祭では、地方開催の式典として2008年以来、約11年ぶりに陛下がおことばを述べられた。上皇陛下の在位中は高齢に伴う負担軽減策として、おことばを省略されてきた。

 おことばの冒頭、陛下は「皆さんとご一緒に植樹を行うことを喜ばしく思います」と述べられ、驚きが広がった。

「これまでの天皇陛下は『国民と共に』といったお言葉遣いをされてきましたが、陛下は『皆さんとご一緒に』と敬語表現を使い、国民目線で呼びかけられました。“国民の中に分け入りたい”という陛下のお考えが表れたのでしょう」(皇室ジャーナリスト)

 500人ほどが出席した式典前日のレセプションでも象徴的な出来事があった。

 かつて上皇上皇后両陛下はそうした場では、金屏風の前に立たれて出席者と歓談されてきた。今回、陛下と雅子さまは金屏風の前から離れて参加者の輪の中に入られて、予定時間を30分もオーバーするほど懇談されたという。

 さらに今回の地方公務には、両陛下の知られざるお心遣いもあった。

「行きは新幹線でしたが、帰京時はわざわざ中部国際空港から飛行機を使われました。帰りはちょうど新幹線が混雑する日曜日の夕方。その時間帯にダイヤの合間を縫って、両陛下のための特別編成の新幹線を走らせると、多くの国民に影響が出かねません。そうした配慮で、空路を選ばれたんです」(宮内庁関係者)

 5月末のドナルド・トランプ米大統領(72才)夫妻との会見は、世間に衝撃をもって受け止められた。

「27日夜の宮中晩餐会で、雅子さまは大統領の隣に座られ、通訳なしで話に花を咲かせられた。そのネイティブ並みの語学力をすぐ近くで聞かれていた秋篠宮妃紀子さまや安倍昭恵総理夫人は、それぞれ英語が話せないわけではありませんが、その後にグッと口数が少なくなられていました」(政界関係者)

 雅子さまの存在感は、海外でも大きく取り上げられた。

 米紙ニューヨーク・タイムズは5月27日、《トランプ氏訪日で、雅子皇后はスポットライトを浴びる》と題した記事を配信。雅子さまは皇室の中で「後継者をもうける」という伝統的な役割に苦しんできたが、元外交官という能力を生かし、いきいきとした笑顔でトランプ夫妻と流暢な英語で言葉を交わしたことなどに触れ、「雅子皇后の高度な外交スキルは今後も日本のソフトパワーを前進させるために役立ち、新しい女性のあり方を確立するのではないか」と驚嘆の声を上げた。

 さらに同紙は、1993年、両陛下ご成婚の1か月後のこんなシーンを紹介した。

「当時のビル・クリントン米大統領とボリス・エリツィン露大統領を東京に迎えての晩餐会で、雅子さまが両大統領の間に座り、英語とロシア語それぞれの言葉を駆使して、軽やかに会話をしているのを見て、人々は感激したものだ」

 気品と知性溢れる雅子さまの姿は、世界にもそれだけのインパクトを与えたのだ。

※女性セブン2019年6月20日号

関連記事(外部サイト)