元次官に殺害された息子が女性に伝えた「大切な人」の存在

元次官に殺害された息子、オンラインゲームで知り合った女性に"大切な人"の存在明かす

記事まとめ

  • 元農林水産省次官の熊沢英昭容疑者が、息子の熊沢英一郎さんを自宅で刺殺した事件
  • 英一郎さんが両親に暴力を振るっていたと報じられ「殺害は仕方がなかった」との論調に
  • 英一郎さんとオンラインゲームで知り合った女性は「私はそうは思えない」と語った

元次官に殺害された息子が女性に伝えた「大切な人」の存在

元次官に殺害された息子が女性に伝えた「大切な人」の存在

送検のため警視庁練馬署を出る熊沢英昭容疑者(共同通信社)

 元農林水産省次官の熊沢英昭容疑者(76才)が、息子の熊沢英一郎さん(享年44)を自宅で刺殺した事件。熊沢容疑者は英一郎さんの上半身を何度も刺し、自ら通報。取り調べに対し、5月下旬に川崎市で児童ら20人が殺傷された事件に触れ「息子が他人に危害を加える恐れがあった」と供述したという。だが、英一郎さんが亡くなる2日前まで連絡をとっていた女性・サツキさん(仮名)は、こう語る。

「報道を受けたネットの反応を見ていると、『彼は殺されてもしょうがなかった』といったような意見が少なくありません。でも、私はそうは思えないのです。彼は、少なくとも私にとっては、今のように悪く言われるような人ではなかったからです」(サツキさん、以下同)

 報道では、英一郎さんが両親に暴力を振るっていたこと、ネット上で他のユーザーを挑発するなどしていたこと、近所の小学校で開催されていた運動会について「うるさい、子供たちをぶっ殺す」と発言したとされていることなどが、容疑者に行動を起こさせたと繰り返し報じられている。それが「父親が息子を殺害したのは仕方がなかった」という論調につながっていると見られる。一方で、前述のサツキさんのような声はほとんど聞こえてこない。

 サツキさんと英一郎さんの出会いは約2年前。2人がプレイしていたオンラインゲームを介して知り合った。

「私のツイッターのアイコンをそのゲームのキャラクターにしていたら、英一郎さんからフォローされたんです。それでお互いにダイレクトを通じて、やりとりをするようになりました。リアル世界で会うことはなかったのですが、この2年間、頻繁に連絡を取り合っていました。

 英一郎さんは当初から、『自分の父は農林水産省の事務次官を務めた、あの熊沢です』と明かしていました。それは自慢するといった印象ではなく、お父様のことを尊敬していることが伝わってきました」

 オンラインゲームでは、プレイヤーたちは好きなキャラクターでゲームに参加する。そのゲーム内の「仮想空間」で知り合った他のプレイヤーたちとチームを組んで一緒に戦うこともできる。近年、オンラインゲームがきっかけで交際や結婚にいたる男女も少なくない。

 サツキさんと英一郎さんは、そういった男女の仲にはならず、攻略法を相談しあったり、英一郎さんが珍しいアイテムを彼女に送ったりと、“戦友”のような関係だったという。

 最近のやりとりで、サツキさんの心に強く残っていることがある。

「少し前に私はネット上のトラブルに巻き込まれて、他のユーザーから中傷を受けて、ものすごく落ち込んでいたんです。そうしたら、英一郎さんが『大丈夫。自分も同じ目にあってすごく落ち込んだけれど、明けない夜はないから』って励ましてくれたんです。『英一郎さんはメンタルが強いですね。私もがんばりますね』というような返事をしたら、彼はあるプロボクサーの言葉を引用して『なぜあなたはそんなに強いのですか、という質問に、それはね、一度負けたことがあるからさ』って。彼自身、過去につらい経験をしてそれを乗り越えてきたんだなって思いました。私は彼の励ましが心強くて、またゲームの世界に戻ることができました」

“最後の会話”について聞くと、声を落としてこう話した。

「最後は3通くらいメールが来ていたんですが、忙しくて返すことができていなかったんです。内容は全部、私を励ますものでした。『リアルダウン』という言葉を使っていたんですけど、“自分はリアルダウンも考えたんだけど、ゲームを通して大切な人を見つけることができた。だから大丈夫だよ”っていうような内容で。リアルダウンは“自殺”という意味で使われていたのですが、そんな大きなことを告白してまで、私を励ましてくれた」

 両親に日常的に暴行を加えていたという報道もあるが、普段の彼からは、そういった印象は一切受けなかったという。

「激高することもありませんでしたし、何よりも最後のメールにはいま『幸せ』だということが繰り返し書いていました。大切な人というのは“好きな人”ができたという意味だったと思います。だから『いまは幸せですよ』と。

 そのメールを私に送った2日後に、彼は尊敬していた父親に殺されてしまった。私には唐突過ぎて理解できなかった。彼は本当に川崎の犯人のような人間だったのでしょうか」

 彼女は英一郎さんとはオンライン上でやりとりをしていただけであり、英一郎さんの素顔は家族のほうが知っているはずだ。だが、サツキさんの言うように英一郎さんが“居場所”を見つけていたとしたら……親子にとって別の解決策がなかったのか、と考えないではいられない。

◆取材・文/宇都宮直子(女性セブン記者)

 

関連記事(外部サイト)