特殊詐欺集団のイベントになぜ芸能人が出席してしまうのか

特殊詐欺集団のイベントになぜ芸能人が出席してしまうのか

記事画像

 テレビでよく見かける芸能人ならば、金銭的にはかなり潤っているから奇妙な仕事をする必要はないと誰もが思うだろう。ところが、のちに振り込め詐欺で逮捕されるグループの忘年会に複数の芸人が加わっていたことが発覚した。参加した側はノーギャラだったと証言しているが、招いた側は出演料を支払ったと主張している。有名芸能人が不自然な会社や団体と関わってしまう背景について、ライターの宮添優氏がレポートする。

 * * *
「ギャラを貰ってないなら余計に問題でしょ。それだけ“親密な仲”っていうことになるわけですからね」

 お笑いコンビ・カラテカの入江慎也が、事務所を介さない「闇営業」を行なっていたとして、よしもとクリエイティブエージェンシーとの契約を解除された。2014年、都内のホテルで行われた特殊詐欺グループの忘年会に複数の吉本芸人が「出演」していたことが一部週刊誌報道で発覚。彼らが特殊詐欺で逮捕されたのは2015年で、2014年末は「詐欺グループ」だとは知らずに出席したと伝えられている。「ギャラも貰っていない」と弁明し、他の芸人へ参加を促した入江をのぞいた出席者は厳重注意となった。しかし、芸人側の証言通りなら、なお悪いのではという冒頭のコメントは、入江が関与していたクラブイベントの主催者の証言である。

「10年近く前の話ですが、渋谷の人気クラブ・Cで“芸人ナイト”と呼ばれるイベントが開催されていました。仕切っていたのは入江さんで、近くのホール(渋谷区)で出番を終えた売れない芸人がたくさん来ていましたよ。芸人はみんなノーギャラなんですが、VIPルームを貸し切ってタダ酒が飲めるし、可愛い女の子が大勢やってくる。もっとも、女の子が無理やり飲まされて…みたいなことも頻発して、このイベントは無くなってしまいました」(クラブイベント主催者)

 入江は、こうしたイベントを通じて渋谷系雑誌の読者モデルらとも交流があり、そこからさらに彼らと交遊する“上”の組織関係者らと接点を持った可能性があるとも話す。

「イベントは誰でも参加できたから、芸人だけじゃなく、反社会勢力の人、今でいう“半グレ”もたくさん来てましたし、現役(暴力団)も少なくなかった。そういう人の前でも入江さんはサービス精神旺盛で、場がものすごく盛り上がった。渋谷の老舗クラブAでは、毎週のように入江さんを見ました。テレビでおなじみの芸人もよく見かけたし、有名ではない芸人も含めると、かなりの人数が来ていたはずです」(クラブイベント主催者)

 みずから反社会勢力の人間ですと名乗ることはないので、芸人たちが同じ場所にいた彼らの素性を知っていたかどうかは分からない。だが、付き合いが長くなれば、何かを察していてもおかしくはなかったはずだと言われている。

 元暴力団員で、渋谷のクラブ運営にも関わった経験があるというM氏(40代)は、半グレや暴力団などの反社会勢力がなぜ、芸人を呼びたがるのかについて、次のように解説をする。

「反社の連中は、詐欺などである程度の金を持つと、別の会社を立ち上げて表向きは“普通の会社”を運営しているように見せかけます。そして見栄っ張りだから、表向きの会社を利用してホテルを貸し切って忘年会したり、派手に遊ぶわけです。そういう時に、芸人やモデルなど、有名人が参加してくれれば格が上がるでしょう? 少なくとも、彼ら自身は格が上がると思っている。芸人を呼ぶには金だけじゃなくコネもいる。あいつらは芸能界にもコネがあるのか…なんて思わせれば、思い切り悦に浸ることができるのです」(M氏)

 かつて、複数の演歌歌手が暴力団の会合に出演し、NHK紅白歌合戦への出場を取り消されるという事件もあったが、やはり芸能界と反社勢力は切っても切れない関係、ということなのか。にしても、いくら表向きは「普通の会社」の会合を取り繕っていようとも、相手がどういうスジの人間かは理解できないのか? 前述のクラブイベント主催者は次のように断言する。

「会合の参加者を見れば、一発でわかるはずなんですけどね。金(ギャラ)だって受け取らないはずがない。受け取ってないとすると、それは闇営業ですらなく、本当に知人関係があったと認めているようなもの。ノーギャラだったというのは、どうしても説明がつかないでしょうね。金がもらえるから行っただけ。取り分は1本(100万円)とか言われていますが、忘年会新年会であれば、それくらいは支払われます」

 暴力団が社会から締め出され、芸能人らにも「コンプライアンス」にまつわる厳しい監視の目が光る昨今。テレビで冠番組まで持つような中堅以上の芸人たちが、いくら高額謝礼をもらえるからといえ、反社勢力と関わりを持つとはなかなか考えにくいが…。

「飯を食わせてもらい、酒も飲ませてもらい、小遣いまでくれる。こんな親分肌の人間を前にすると、別に金には困っていなくとも、大抵の人間は尻尾を振ってしまう。極端な場合は、売れない芸人の中には“親分”を紹介しあったり、取り合ったりでいざこざを起こす奴もいるほどです。こうして若いうちに培った“関係”は、売れ始めてからも解消はされないどころか、今度は親から子への”要求”が始まるのです。イベントに来い、事業のPRをしろ…親に逆らえるわけがありません。すでに女や薬系のネタを親に握られている場合もあり、まんまと裏社会に取り込まれていたことに後から気がつくのです」(都内の芸能事務所社員)

 なぜあの人が、そんな割に合わない付き合いをしているのか。芸能人と反社会勢力とのつきあいは、いったん結んでしまったが最後、成功をおさめても縁切りできないものらしい。そこには、かつてと違って現在は、芸人だけではなくモデルやタレントなど“芸能人”の数が増え続けたため、たとえ仕事があったとしても割り振られる「ギャラ」が減ったことも影響しているという。売れない「有名人」が増え続けることで、こうした問題は今後も増えていくのではないかと関係者は危惧している。

関連記事(外部サイト)