秋篠宮さまの注目会見、即位に関し意思表示した場合の波紋

秋篠宮さま訪欧前の記者会見に注目 昨年11月には眞子さまと小室圭さんについて触れる

記事まとめ

  • 秋篠宮ご夫妻がポーランドなどを公式訪問されるのを前に、記者会見される予定である
  • 秋篠宮さまは11月の誕生日会見で、眞子さまと小室圭さんについて踏み込んだ発言をした
  • 今回の訪欧前の会見でも注目発言が飛び出すのではと、大きな注目を集めている

秋篠宮さまの注目会見、即位に関し意思表示した場合の波紋

秋篠宮さまの注目会見、即位に関し意思表示した場合の波紋

ポーランドとフィンランドに公式訪問される秋篠宮ご夫妻(撮影/横田紋子)

 秋篠宮ご夫妻は6月27日から約10日間の日程でポーランドとフィンランドを公式訪問される。日本との国交樹立100周年を迎えた両国への訪問は、「皇嗣同妃両殿下」としての初の海外訪問だ。

 実は、その訪欧にあたって6月中旬に行われる予定の記者会見が、皇室関係者の間で大きな注目を集めている。

◆“アドリブ”で独特の表現を使われる

「これまで秋篠宮さまが海外訪問前に会見を開くことはなく、訪問を終えられたご感想文書を発表するだけでした。今回、皇嗣になられたので、これまで陛下が皇太子時代にされていたように、海外訪問前の会見を開くことになりました。紀子さまもご出席される予定です」(宮内庁関係者)

 ご夫妻の会見が関心を集める理由は、秋篠宮さまの過去の発言にある。かつて2004年5月、適応障害を発症された雅子さまについて、陛下が「雅子の人格を否定するような動きがあった」と会見で述べられると、秋篠宮さまは同年11月、誕生日会見でこう発言された。

《記者会見という場で発言する前に、せめて陛下(編集部注、現在の上皇陛下)と内容について話をして、そのうえでの話であるべきではなかったかと思っております》

 そのお言葉は、ご兄弟に吹く“すきま風”として注目された。

 最近では昨年11月の誕生日会見だ。眞子さまとその婚約内定者の小室圭さんに触れ、「(現状では)納采の儀は行えない」と踏み込んだ発言をされた。また、今年11月に行われる新天皇の即位に伴う重要儀式「大嘗祭」への公費支出について“身の丈に合ったものにすべき”という見解を述べられ、費用削減について消極的だった宮内庁長官については「聞く耳を持たなかった」と厳しい言葉を投げつけられた。

「秋篠宮さまは“皇室のスポークスマン”と評されるほど、積極的な情報発信が目立ちます。時に直接的で、歯に衣着せぬご発言もある。基本的なお考えは、上皇陛下や天皇陛下とすり合わせていらっしゃるにしても、“アドリブ”で、独特の表現を使われることが多いとされています。今回の訪欧前の会見でも、皇室関係者の間では、“注目発言が飛び出すのではないか”と注視されています」(前出・宮内庁関係者)

 秋篠宮さまの会見でのご発言には、“あるパターンがみられる”と指摘するのは、別の宮内庁関係者だ。

「昨年11月の会見で述べられた、眞子さまの納采の儀についてのご発言と、大嘗祭の費用削減についてのご発言はいずれも、その約3か月前に全国紙で“秋篠宮さまがお考えになられている”と報じられて大きな話題になった記事を“追認”するものでした」

 今年に入ってからも、こんな報道が注目を集めた。《退位「一代限り」への問い》──そう題された朝日新聞4月21日付一面記事によると、秋篠宮さまは周囲に「兄が80才の時、私は70代半ば。それからは(即位)できないです」と漏らされたという。また、「天皇になることを強く意識したことはない」という趣旨の内容を述べられたことがあるとも報じられた。

 言わずもがなだが、秋篠宮さまは現在、皇位継承順位第1位のお立場だ。それらのご発言は「即位拒否」とも受け取られかねない。

「今回の訪欧会見でも、新聞に報じられたように、即位に消極的であるという意思表示がなされるかもしれない」(前出・別の宮内庁関係者)とみられているのだ。

 皇室制度に詳しい麗澤大学教授の八木秀次さんはこう分析する。

「そもそも秋篠宮さまは“皇太子になる教育を受けていない”という理由で、天皇の弟を意味する『皇太弟』ではなく、『皇嗣』の名称を選ばれたといわれています。秋篠宮さまは早い段階で即位辞退の意思を表明することで、すぐにでも皇位継承順位第2位でいらっしゃる悠仁さまの即位への道筋をつけ、“皇太子たるべき教育”を施したいとお考えなのではないでしょうか」

 実際、秋篠宮さまは、周囲に“自分のことよりも悠仁に早く継がせたい”と漏らされることがあったと過去に報じられた。ただし、八木さんは「慎重であるべき」と指摘する。

「自由意志での即位辞退を認めることになれば、皇位継承者が将来、“私も即位したくない”と表明する可能性が生まれます。万が一、悠仁さまが辞退されたら皇統が途切れるという最悪の事態も想定されます。だから、皇室典範では皇位継承者の意思による即位辞退は想定されていません」

 もし秋篠宮さまが即位の意思について踏み込んだ発言をされれば、大論争に発展するのは必至だ。

※女性セブン2019年6月27日号

関連記事(外部サイト)