星野リゾート代表 外銀時代の体験が反面教師になり成長

星野リゾート代表 外銀時代の体験が反面教師になり成長

星野リゾートの星野佳路代表

 リゾートホテルや旅館の再生に長け、近年では個性豊かな新規施設を次々と開業する星野リゾート。国内外の運営施設は37を数える。大手ホテルグループの“天下”が続いてきた日本で、業界地図を塗り替えつつある風雲児・星野佳路(よしはる)代表が描く今後の戦略は──。

──星野さんにとって、平成元年(1989年)は転機の年だったそうですね?

星野:前の年(1988年)にアメリカから軽井沢に戻り、実家の星野温泉に副社長として入社しました。ですが会社にいたのはわずか半年ほど。1989年に退社しました。

 米国のコーネル大学ホテル経営大学院で学んだ近代ホテルのマネジメントと、古色蒼然とした実家の慣習や経営方針のギャップがあまりに大き過ぎた。それに、古い体質を一気に変えようとすると、星野温泉の既得権に踏み込んでいくことになった。社長である父やその周辺から反発を受けることになってしまったんです。

──その後、シティバンクに勤務し、1991年に社長として復帰する。

星野:米国にいた知人からシティバンクを紹介してもらい、豪州のリゾートホテルの債権回収業務に携わりました。そのリゾートホテルの経営が傾いた原因は、売り上げを甘く見積もり過ぎたことにあった。採算が合うよう無理やり机上の計算で辻褄合わせをするのが一番危ないと学びました。

 ホテル経営は工場などと違い、コストが計画値から上がりやすいのです。このソファーをもっと良くしよう、ここにかける絵ももう少し上質なものを持ってこようなどと、どうしても夢を語り始めてしまう。

 そして気が付いたら、たとえば総工費50億円の計画に70億円かかったというケースがたくさんあり、それに合うように売り上げ計画を修正してしまう。そういう悪循環のプロセスを反面教師として垣間見ることができたのは貴重でした。

──1995年に「星野リゾート」に社名変更。2000年代からは日本各地の温泉旅館やホテルを再生していきます。現在では高級リゾート「星のや」、温泉旅館「界」など多様なブランドを展開。施設運営の取扱高、社員数も急拡大を続けています。成功の理由は?

星野:地域それぞれの特徴や個性を経営に活かしていくことが重要だと考えています。それにはまず、その地域をよく知る必要がある。

 かつては世界のどの都市でもアメリカと同じサービスが受けられるという「西洋ホテルのスタンダード」が宿泊施設の最大の価値でした。

 しかし世界が標準化し、その価値は以前ほど高くなくなった。いま求められているのは、その場所でしか手に入らない体験であり、サービスです。

 これまで手がけてきた施設は、どれもその価値観を重視してきました。たとえば2016年に東京・大手町で開業した「星のや東京」は、天然温泉や越前和紙の壁など、東京の真ん中で日本の美と伝統に触れられる。周辺に西洋風の高級ホテルが建ち並ぶ場所だからこそ日本旅館のメソッドが世界に通用する商品になるわけです。

──これからのプロジェクトにはどんなものがある?

星野:奈良県では重要文化財である旧奈良監獄をホテル仕様に改修する取り組みを進めています。

 明治政府が建設した赤レンガ造りの建物は歴史的価値が高く、意匠も優れている。その魅力を活かした上質な宿泊施設を実現すべく、準備しています。

 また、大阪では「OMO7大阪新今宮」を2022年4月に開業予定です。大阪・新世界にほど近い庶民の町ならではのディープな大阪文化を紹介する、エキサイティングな施設にしたい。

 地方で様々な仕事をしてきましたが、「個性」ほど強い集客エンジンはないと実感しています。その点、日本にはまだ強い個性を持った地域がたくさんある。

【PROFILE】ほしの・よしはる:1960年、長野県生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業後、米コーネル大学ホテル経営大学院修士課程修了。日本航空開発、シティバンクを経て1991年に星野温泉(現・星野リゾート)代表取締役に就任。自社のリゾート施設運営のほか、経営破綻した大型リゾートの再生事業にも着手する。

●聞き手/河野圭祐(ジャーナリスト):1963年、静岡県生まれ。経済誌編集長を経て、2018年4月よりフリーとして活動。流通、食品、ホテル、不動産など幅広く取材。

※週刊ポスト2019年6月28日号

関連記事(外部サイト)