「新幹線のお医者さん」ドクターイエロー引退説を追う

「ドクターイエロー」に引退説が浮上 “目撃したら幸せになれる”という都市伝説も

記事まとめ

  • 新幹線のお医者さんとして知られる「ドクターイエロー」に引退説が浮上している
  • 現在のドクターイエローがN700をベースにしていることが理由だという
  • なかなか目にできない希少性から“目撃したら幸せになれる”という都市伝説まである

「新幹線のお医者さん」ドクターイエロー引退説を追う

「新幹線のお医者さん」ドクターイエロー引退説を追う

記事画像

 新幹線のお医者さんとして知られる「ドクターイエロー」は、その名の通り黄色い車体が特徴の、東海道・山陽新幹線を走行して線路状態を感知して測定データを収集し検測するための車両だ。『新幹線変形ロボ シンカリオン』に登場したときも話題を集め、おもちゃは品切れが続出するほどの人気者だ。ライターの小川裕夫氏が、新型新幹線N700Sが導入されるのにあわせて、引退の噂が強くなったドクターイエローについてレポートする。

 * * *
 1964年に登場した新幹線0系は、“夢の超特急”と呼ばれた。それから半世紀以上が経過。JR東海が2020年のデビューを目指して開発を進める新型新幹線N700Sは、6月6日の速度向上試験で時速362キロを記録。試験後のカコミ取材で、JR東海新幹線鉄道事業本部の上野雅之副本部長は「現在、考え得る技術の最高結晶」と胸を張った。

 新幹線は、それまでの「鉄道は斜陽化している」という世界の常識を一蹴した。そして、いまや先進国のみならず経済発展が著しい新興国からも日本の技術を用いた新幹線およびシステムに熱い視線が注がれている。

 JR東海やJR東日本が積極的に開発を進める次世代新幹線が期待を集める一方、N700Sのデビューと前後してドクターイエローが引退するのではないか? という噂が、鉄道ファンの間に広がっている。

 ドクターイエローの外観は、通常の東海道新幹線と区別できるように黄色をベースにしている。正式名称は、新幹線電気軌道総合試験車というもので、旅客運転をしているわけではない。そのため、実際に目にする機会は少ない。

 他方、テレビや新聞・雑誌などの新幹線特集では、ドクターイエローは頻繁に取り上げられる。

 新幹線の線路のゆがみや架線・信号設備の異常を検知する重要な役割を果たすドクターイエローは、ファンから“新幹線のお医者さん”としても親しまれてきた。

 黄色の車体からドクターイエローと呼ばれるわけだが、なかなか目にできない希少性から“目撃したら幸せになれる”という都市伝説めいた話も流布する。

 ドクターイエローはディープな鉄道ファンのみならず、鉄道に詳しくない一般乗客からも人気があり、特にチビっ子たちの間では絶大な人気を誇る。

「ドクターイエローを見たい!」と駄々をこねるチビ鉄を、ママがなだめる。そんな光景は珍しくない。

 ドクターイエローが引退するかもしれないという噂が流れるのは、現在のドクターイエローが700をベースにしていることが理由だ。新型車両N700Sの導入が現実的になったいま、旧型車両が引退するときは当然、やってくる。

 旧型車両をベースにしていることが引退の理由だったら、新型車両のN700Sベースにしたドクターイエローを新たに製造すれば済む話。しかし、最近は検測技術や機器のコンパクト化が進み、検測専用車両そのものが必要なくなっている。

 実際、博多駅―鹿児島中央駅間で新幹線を運行するJR九州は、ドクターイエローに相当する検測専用車両を保有していない。JR九州は、通常の新幹線に機器を持ち込んで検測している。

 専用車両でなくても、検測は十分に可能。そのため、わざわざ専用車両を保有する必要はない。専用車両を保有すれば、それだけ不経済になる。そうした事情が、ドクターイエロー引退説を根強くさせる。

 ドクターイエローの去就は、これまでにもたびたび鉄道専門誌などで取り上げられてきた。2018年の株主総会でも、株主から「ドクターイエローの引退について」質問が出ている。その際、JR東海側は「2020年度も運行を続ける」と説明していた。

 今回のN700S速度向上試験の報道公開後のカコミ取材で、ドクターイエロー引退説に関しては「現段階では決まっていない」(上野雅之副本部長)との回答にとどまった。

 些細な違いではあるが、株主総会時の「運行を続ける」という説明と、今回のカコミ取材における「現段階では決まっていない」という説明では、明らかに受ける印象は異なる。

 ドクターイエローの今後はどうなるのか? 必要なしと判断されて引退するのか、サプライズとして新型のドクターイエローが登場するのか? 絶大な人気を誇る車両だけに、鉄道ファンならずとも気になるところだ。

関連記事(外部サイト)