JR東日本の次世代新幹線 ALFA-Xは飛行機に対抗できるか

JR東日本の次世代新幹線 ALFA-Xは飛行機に対抗できるか

記事画像

 次世代新幹線の話題が最近、にぎやかだ。先日、JR東海が開発するN700S速度向上試験が報道公開されたが、それより少し前にJR東日本は新幹線試験車両のE956形式新幹線電車「ALFA-X(アルファエックス)」を報道向けに公開している。東海道新幹線は主に過密ダイヤ改善や快適性向上を目指しているが、それとは異なる目的で開発されているJR東日本の新型新幹線について、ライターの小川裕夫氏がレポートする。

 * * *
 2020年のデビューを目指して開発を進めるJR東海の新型新幹線N700S系は、6月6日の速度向上試験で最高時速362キロメートルを記録した。

 現在、東海道新幹線は時速285キロメートルで営業運転中だが、それを約75キロメートルも上回るスピードを出したことで、N700Sが高性能車両であることを改めて世界に発信した。

 しかし、次世代新幹線を開発しているのはJR東海だけではない。JR東海と競うように、JR東日本も独自に次世代新幹線の開発を進めている。

 元をたどれば、JR東日本と東海は同じ国鉄という間柄になるが、分割民営化してから30年以上が経過し、互いを刺激し合ういいライバル関係を築いている。通称「ALFA-X(アルファエックス)」と呼ばれるJR東日本の次世代新幹線は、報道陣に公開された直後から大きな反響を呼んでいる。

「ALFA-Xは、試験走行時に時速400キロメートルを目指しています。しかし、雨や風といった気象条件、そのほかにもスピードを出せないケースがあります。条件が整った試験走行時に時速400キロメートルを出せなければ、実際の営業運転時に時速360キロメートルを出すことはできません」と説明するのは、JR東日本の広報部報道グループ担当者だ。

 最高時速400キロメートルというALFA-Xの驚異的なスピードは、北海道・東北でシェア争いをしている飛行機を意識したものだろう。そのスピードにも驚かされるが、それ以上にALFA-Xが注目を集めているのは、斬新な車両デザインという点にある。

 ALFA-Xは、先頭車両の鼻部分が細長く伸びている。東京駅側の1号車は、約16メートル。新青森駅側の10号車は約22メートルのロングノーズ。鉄道車両の常識を打ち破るデザインと言っていい。この見た目だけでも、多くの乗客は度肝を抜かれるだろう。

 一方、JR東海の東海道新幹線は700系からN700、N700A、そしてN700Sと進化を遂げた。これらは700系のデザインを踏襲している。そのため、細かなデザイン変更はあるものの、外見的な部分で大きな違いを感じにくい。鉄道ファンでなければ、すべて同じ車両に見えてしまうだろう。

 しかも、東海道新幹線の車体カラーリングは白を基調にして、ラインカラーが青という配色パターンを頑なに貫いている。

 JR東日本の新幹線は、デザインもカラーリングもバリエーションが豊富だ。鉄道に詳しくない一般乗客でも、一目でわかるレベルで車両デザインやカラーリングが違う。

 だが、車両バリエーションが増えることは、JR東日本にとって製造費や運用面での効率が悪くなる。それにも関わらず、なぜJR東日本は新幹線のデザイン・カラーリングのバリエーションを統一しないのか?

「JR東日本は、新幹線を東北・上越・山形・秋田・北陸の五方面で運行しています。それぞれの地域によって求められる性能や役割が違うため、車両の形状がそれぞれ異なっています」(同)

 降雪の多い地域、山岳地帯のためトンネルが多い区間といった気象・地理的条件、また需要によっても車両のデザインは変化する。

 さらに、在来線を転用する形で運行している山形新幹線や秋田新幹線は、ミニ新幹線とも呼ばれるように通常の新幹線よりも車体規格がコンパクトになっている。

 そうした事情から、JR東日本の新幹線が豊富なバリエーションになったことは理解できる。しかし、車体のカラーリングは気象・地理的な条件や需要とは無関係だ。

「JR東日本は、それぞれの地域を具現化するカラーリングを採用しています。そのため、車体カラーのバリーションは多くなっておりますが、その点で非経済的とか車両運用面が非効率になっていることはありません」(同)

 車両デザインで度肝を抜いたALFA-Xは、試験走行を2022年まで実施する予定にしている。営業運転開始の目標年は、現段階で明確に示されていない。

 2030年度末には、北海道新幹線が札幌駅までの延伸開業を予定している。

 現在、東京―札幌間の移動は、圧倒的に飛行機が優位に立っている。この構図を覆すことは簡単ではないだろうが、反転攻勢の端緒をALFA-Xは切り拓けるか?

関連記事(外部サイト)