歴史を感じさせる東京メトロの遺構や施設 厳選10

歴史を感じさせる東京メトロの遺構や施設 厳選10

洪水対策が施された駅も

 1927(昭和2)年の浅草駅〜上野駅間開業から始まる東京メトロには、都市の形成を支えてきた歴史を物語る遺構や施設が数多くある。『ここがすごい! 東京メトロ』(交通新聞社新書)著者の土屋武之氏が、歴史を感じさせる東京メトロの注目スポットから10か所、紹介する。

【1】低地帯駅の洪水対策 銀座線・田原町駅、東西線・木場駅など

 地下鉄で恐ろしいのは洪水で水が流れ込んでしまうこと。特に海抜が低い地帯では万全の対策が施されている。基本的には出入口で防ぐ。例えば東西線・木場駅などは、いったん階段を上がる構造になっている。銀座線・田原町駅では天井部分にシャッター式の防水扉が取り付けられている。

【2】元祖ネーミングライツ駅? 銀座線・三越前駅

 昭和7(1932)年に開業した三越前駅は、三越が建設費を負担して設置した駅。そのため、ホームからデパートの入口まで店内同様の凝った装飾が施された。ネーミングライツの元祖とも言える。

【3】浅草六区の賑わいを伝える芸能紋 銀座線・田原町駅

 昭和2(1927)年の開業時、繁華街・浅草六区の最寄り駅が田原町だった。芸能の町であったので人気役者や劇場のシンボルである「芸能紋」が駅の装飾に採り入れられ、リニューアル後の現在も飾られている。

【4】戦前の鉄骨構造が残る駅銀座線・上野広小路駅など

 銀座線の建設は関東大震災の直後だったため、地震対策には特に気が配られ、鉄骨造りの頑丈な構造が採用された。今でも上野広小路や外苑前などの駅に残っている。天井もアーチ状のデザインが採用され、昭和の初めの流行を感じさせる。

【5】営団地下鉄のシンボル・マーキュリー像 日比谷線・銀座駅など

 営団地下鉄(現・東京メトロ)のシンボルとして、昭和26(1951)年に主な駅に置かれた像。現在は14体が残り、銀座駅の4体が一番多い。改札口付近だけではなく思わぬ場所にもあるので、探してみてほしい。

【6】道路に対し斜めの出入口 丸ノ内線・国会議事堂前駅

 国会議事堂前駅1番出口は、道路に対して斜めに開いており違和感がある。開業時には歩道と並行だったのだが、その後、国会議事堂用地が拡張され歩道が移設されたのだ。丸ノ内線自体も大きく国会の敷地内に食い込むように走っている。

【7】首都高速との地下交差点「要町ボックス」 有楽町線・要町駅

 要町駅の2か所ある改札口を結ぶ通路は、いったん途中で深くなる。この上を首都高速中央環状線が通っており、地下で有楽町線と立体交差しているのだ。この構造は、1983年の駅開業時から将来に備えてあらかじめ造られており、「要町ボックス」と呼ばれている。

【8】国会にふさわしい装飾 千代田線・国会議事堂前駅

 戦後、地下鉄の駅はどんどん深くなり、ここも昭和34(1959)年の開業時は日本一深い駅だった。上下のホームを結ぶ短いトンネルの天井には国権最高機関の最寄り駅にふさわしい装飾が施されている。

【9】地下鉄のワーキングスペース 南北線・溜池山王駅など

 東京メトロが取り組んでいる新事業で、駅の余剰スペースを活かし、オフィスの外でも仕事ができる「ワークブース」を設置した。有料だが、電源コンセントや専用Wi-Fiも完備する。

【10】ずらりと並んだ精算窓口 千代田線・西日暮里駅

 山手・京浜東北線との乗り換え駅である西日暮里のJRとの連絡改札口の脇にはずらりと精算所の窓口が並ぶ。これは常磐線の普通電車に亀有以遠から乗り、千代田線を通って、ここで再びJRに乗り換える客のために設けられたもの。最初から東京メトロ経由の乗車券を買っておけば立ち寄る必要はないが、気づかない人も多い。ただ、今ではICカードの普及で、多くが閉まっている。

※週刊ポスト2019年7月5日号

ここがすごい!東京メトロ: 実感できる驚きポイント (交通新聞社新書)

関連記事(外部サイト)