「理想の家族像」と呼ばれた秋篠宮家、直面する待遇面の問題

「理想の家族像」と呼ばれた秋篠宮家、直面する待遇面の問題

秋篠宮邸の庭で、ご一家4人での家族写真(宮内庁提供)

 平成から令和へと時代が変わるなかで、国民から高い関心を抱かれている秋篠宮ご一家。 2017年9月に眞子さま(27才)の婚約内定会見が行われると、その直後、婚約者である小室圭さん(27才)の家庭の金銭トラブル問題により結婚が延期。すると、今年3月、次女の佳子さま(24才)から異例の“姉擁護宣言”が飛び出した。そして、4月下旬には、長男・悠仁さま(12才)の身に「刃物事件」が起こった。矢継ぎ早に発生する不測の事態に、天皇皇后両陛下、上皇上皇后両陛下以上に、秋篠宮さまとご家族は注目を浴びる存在になっている。

◆皇太子ご一家への逆風、秋篠宮家が「理想の家庭像」に

 秋篠宮さま(53才)と紀子さま(52才)は、1990年6月にご成婚された。その後、1991年10月23日に眞子さまが、1994年12月29日に佳子さまが誕生された。

 当時、皇室には福音が相次いだ。眞子さまの誕生に続き、1993年6月には皇太子さま(当時/現在は59才)と雅子さま(55才)が世紀のロイヤル・ウエディングを果たされた。

 2001年12月1日には待望の愛子さまが誕生して、皇室の未来は明るいと誰しも感じていた。だが、ここから暗雲が漂う。雅子さまが2003年12月に帯状疱疹で入院され、長期静養に入られたのだ。そして、翌年7月、宮内庁が「適応障害」と発表した。

 同年5月には皇太子さまが「雅子のキャリアや、そのことに基づいた雅子の人格を否定するような動きがあった」と衝撃の“人格否定発言”をされて物議を醸したが、さらに11月、秋篠宮さまは「記者会見で発言する前に、せめて陛下と内容について話をして、そのうえでの話であるべきではなかったかと思っております」と、ストレートに意見された。

 その時、秋篠宮さまは公務についても「かなり受け身的なものと考えている」と発言され、「時代とともに見直すべき」とする皇太子さまとの違いを見せた。ここから、皇太子さまと秋篠宮さまの関係に綻びが生じていったとされる。

 当時の皇室は、秋篠宮さまのご誕生以来、男子が生まれておらず、約2000年続くとされる万世一系が途絶えるとの緊張感が漲っていた。

 2004年からは小泉政権のもとで「皇室典範に関する有識者会議」がスタートして、女性天皇・女系天皇の容認に舵を切る最終報告書が国会に提出されるはずだった。だが2006年2月に大きな転機が訪れる。紀子さまのご懐妊が発表されたのだ。

「皇統の継続に危機感を抱いた秋篠宮ご夫妻は、かねてから第3子を望まれており、両陛下にお伺いをたてていました。40才を目前に控えた紀子さまや秋篠宮さまにとって、この時のご懐妊は“おめでた”というよりも、皇族としての“お務め”であったような気がいたします」(皇室担当ベテラン記者)

 2006年9月6日、39才の紀子さまは、皇族にとって実に41年ぶり、秋篠宮さま以来となる男子・悠仁さまを出産された。皇族では前例のない、帝王切開によるご出産だった。

 誕生とともに、悠仁さまの皇位継承順位は、皇太子さま、秋篠宮さまに次ぐ第3位になられた。皇統の継続がひとまずの安定を得たことで、女性天皇・女系天皇論は立ち消えになった。

 そこから、世間の風向きが変わり始める。

「療養が長引いて公務に出られないことに加えて、いじめ問題を抱えていた愛子さまに“同伴登校”されるなどで雅子さまに逆風が吹く中、美智子さまを見習われて、ほぼ休むことなく公務をこなされる紀子さまへの世間の評価が高まりました。適応障害の雅子さまに対して、結婚前から皇室に慣れ親しんだ紀子さまは『過剰適応』ともいわれていましたが、両陛下もその姿勢を信頼されていました」(宮内庁関係者)

 吹いてきた風は秋篠宮家にとっても追い風となった。

「皇族伝統の学習院ではなく、ICUで学んだ眞子さまと佳子さまの自由でのびやかな姿は、多くの人に感銘を与えました。また悠仁さまの健やかなご成長は国民にとって大きな希望となり、『皇太子さまは秋篠宮さまに皇位継承権を譲ってはいかがか』という意見まで聞かれるようになりました。自由で大らかな秋篠宮家が多くの人にとって“理想の家庭像”に感じられたのです」(前出・宮内庁関係者)

◆重い使命と限られたお金で家計をやりくり

 一方で、秋篠宮家は厳しい現実に直面していた。待遇面の問題だ。悠仁さまが誕生された2006年、皇室にかかる費用のうち、当時の天皇皇后両陛下、皇太子ご一家の5人には「内廷費」として年間3億2400万円が支給されていたが、秋篠宮家の5人には年間5490万円の「皇族費」が支給されるのみだった(皇嗣家になられた今年度は約1億2300万円が支給)。

 職員数も皇嗣家になるに伴って51人に増えたが、それまでは24人しかおらず、皇族費から私的に職員を雇っていた。皇室ジャーナリストの神田秀一さんが指摘する。

「今後も秋篠宮家は、皇族費のみで生活をやりくりする必要があります。御代がわりで増額されましたが、増え続ける公務と悠仁さまを大切に育てるという使命の中、限られたお金で家計をやりくりされる困難は変わりません。

 本来は宮内庁がサポートすべきですが、双方の意思疎通ができていない状況です。昨年11月の誕生日会見で秋篠宮さまが、『新天皇の即位儀式への公費支出について意見したのに、宮内庁長官が聞く耳を持たない』と厳しい言葉を投げつけられたのは、宮内庁への不満の表れでしょう」

※女性セブン2019年7月11日号

関連記事(外部サイト)