小室圭さん、3か月の夏休みで「アメリカ生活」の拠点準備も

秋篠宮家の眞子さま、小室圭さんとアメリカで再会か 結婚なら米国で暮らす選択肢?

記事まとめ

  • 秋篠宮家の長女の眞子さまは、記念式典出席のため南米のペルーとボリビアへ出発された
  • 乗り継ぎに7時間あったため、眞子さまと小室圭さんは米ホテルで再会された可能性も
  • 「結婚するならば小室さんとアメリカで暮らすしか選択肢はない」と皇室ジャーナリスト

小室圭さん、3か月の夏休みで「アメリカ生活」の拠点準備も

小室圭さん、3か月の夏休みで「アメリカ生活」の拠点準備も

“早く結婚したい”との思いを公表している小室さん(撮影/黒石あみ)

「アメリカ・ヒューストンに全日空便で到着されたのは9時30分。そこからペルー・リマへ発たれたのは16時30分です。その間はおよそ7時間ありました。眞子さまはヒューストン空港に近い高級ホテルで休憩をされてから、ペルーへと向かわれました。そのホテルの一室が、おふたりの“1年ぶりの再会”の現場だったのかもしれません」

 ある宮内庁関係者がそう話す。秋篠宮家の長女の眞子さま(27才)が7月9日、日本人の移住120周年記念式典出席のため、南米のペルーとボリビアへ出発された。

 眞子さまの婚約内定者である小室圭さん(27才)が、アメリカ・ニューヨークのフォーダム大学ロースクールへの留学のために日本を発ってから約1年──。

「小室さんは5月半ばから3か月間、長い夏休みを過ごしています。2週間にわたる、ペルーやボリビア滞在中、ホテルまで会いに行く時間はたっぷりあるんです」(皇室記者)

 その充分すぎる時間の中で、小室さんは眞子さまに話さなければならないことがある。なお、『アッコにおまかせ!』(TBS系、6月30日放送)で、小室さんの代理人弁護士は以下のように明かした。

「圭さんとしては“結婚は早い方がいい”と考えていますが、いろいろ環境を整えないといけないわけでしょうから、それが整った段階で(結婚)ということだと思います」

「結婚は早い方がいい」──その一言が、波紋を広げている。皇室関係者はこう語る。

秋篠宮さまと紀子さまはこの6月中旬、眞子さまの結婚について“娘から話を聞いていないのでわかりません”と話されました。眞子さまはご両親にさえ、お気持ちを伝えていらっしゃらないし、秋篠宮ご夫妻も結婚について慎重に口を閉ざされています。

 それにもかかわらず、小室さんは“早く結婚したい”と代理人を通じて世間に発表している。秋篠宮ご夫妻の沈黙に対して、楯突くような、挑戦的な態度に見えます」

◆現実的な線はどこにあるのか

 結婚は早い方がいいなら、日本に帰国して秋篠宮さまに事情を説明したり、母・佳代さんの抱える金銭トラブルを解決するなど、具体的な行動を取るはずだ。しかし、小室さんは、3か月もの夏休みに帰国してもいない。

 

「小室さんは、年間約700万円とされる授業料を免除されるなど、“日本のロイヤルファミリー”として、この上ない厚遇を受けています。しかし、日本に帰ってくれば、普通の生活が待っている。アメリカにとどまっている方が居心地がいいのかもしれません」(前出・宮内庁関係者)

 帰国すれば、厳重な警備が必要になることを気にしているのだろうか。神奈川・横浜の自宅マンション前には、今も警備のためにポリスボックスが置かれている。「近所には、警察官が待機所として借りているアパートの一室もそのまま」(前出・皇室記者)というから、帰国中は警備の手間と費用が多大になるだろう。

 そうした環境は、眞子さまと結婚しても続くだろう。

「これだけ物議を醸した結婚ですから、国民の中には小室さんをどうしても受け入れられないという人もいるでしょう。何らかの抗議行動を起こす人もいるかもしれません」(皇室ジャーナリスト)

 4月下旬、悠仁さまが通われるお茶の水女子大学附属中学校(東京・文京区)では、悠仁さまの席に刃物が置かれるという事件があった。容疑者は、皇室のあり方に批判的な思想を有していたという。

「結婚後の小室さんに、同じような物騒な事態が起こらないとは言い切れません。かといって、いつまでも税金を使って24時間警護を続けるわけにはいきません。現実的に考えると、結婚するならば小室さんがニューヨーク州の弁護士資格を取得した上で、アメリカで暮らすしか選択肢はないと思います。この長期休暇の間、現地でその準備を進めているのでしょう」(前出・皇室ジャーナリスト)

※女性セブン2019年7月25日号

関連記事(外部サイト)