頭がいい子の新常識 塾の宿題を「捨てる力」が重要

頭がいい子の新常識 塾の宿題を「捨てる力」が重要

宿題を全部やらななくていい(写真/ゲッティイメージズ)

《この夏、本気の自分に目覚めよう》《この夏一気に、学力アップ》。まもなくやってくる長い夏休みに向けて、進学塾が夏期講習の宣伝に火花を散らす。

 少子化ではあるものの、大学全入時代に突入し、受験人口は増加の一途を辿っている。都市部を中心に、中学受験も市民権を得て久しい。

 受験の世界では、よく「夏を制する者は受験を制す」や「夏は受験の天王山」といわれる。実際、東進ハイスクールの調査によれば、難関大学に合格した高校3年生の夏の平均勉強時間は、なんと8時間を超える。やはり、40日以上の長期にわたって時間が取れる夏が重要だということには根拠があるようだ。

 もちろん朝から晩までねじり鉢巻きでガリガリ勉強する子供は昔もいたが、その中身は今の親世代のそれとは激変している。特に2021年から大学入試センター試験に代わって始まる新しい共通試験「大学入学共通テスト」では、求められる内容がガラリと変わる。

 センター試験は知識や技能が問われる問題が大半を占め、マークシート式で行われていたが、新テストでは知識や技能に加えて、思考力や判断力、活用力などが重視された試験になるのだ。

 大手進学塾「市進学院」ウイングキッズ指導室室長の飯嶋洋平さんが解説する。

「具体的には、複数の選択肢が正答となったり、『解答なし』という選択肢が導入されたり、記述式の問題も登場します。

 また、一般入試でも主体性を評価するための面接を導入したり、志望理由書の提出を義務づけたりする大学も増加する。

 つまり、これから試験を受ける子供たちは英単語を暗記したり数式を繰り返し解いて解答パターンを体に染みこませたりといった勉強に加え、表現力や文章力、コミュニケーション能力などさまざまな力を身につけなければならないのです」

 そうなると、ますます親の役割も重くなるわけだが、受験にどんな変化があったとしても「わが子にもなんとか“できる子”になってほしい」と考えるのは親の常だ。だが、そんな切なる思いでとった行動が、実は子供にとって“NG行動”に該当するかもしれない。

◆塾の宿題は全部やるより“選んで解く”

「宿題が終わるまで寝ずに頑張る」「やってこなかったらみんなの前で叱られる」──こういった光景は過去のものになりつつある。

 プロ家庭教師集団「名門指導会」代表で塾ソムリエの西村則康さんは、「学校の宿題はすべてこなす必要があるが、塾の宿題はやみくもにこなすよりも、取捨選択ができる子供の方が伸びる」と言う。

「今、多くの塾に通っている子供が抱えている問題として『あたふた学習』があります。問題文をクイズの早押しのようにパッと見るだけで答えを書こうとしたり、明らかに間違っているとわかっていながら、そのまま計算を進めようとしたりする。とにかく何かに追われるように“あたふた”と勉強するのでそう呼びます。

 今の子はこなすべき課題が多すぎる。宿題をやり終えること自体がゴールになり、問題を理解して最後まで解くという、最も重要なことがおろそかになっているのです」

 これまでに試験で出題された問題は“過去問”となり、どんどん累積されていく。学習塾はそれに対応した解き方を教え、さらに学校側も新しい問題を出題する。そんないたちごっこの末、塾のテキストはどんどん膨大になり、とてもすべてをやりきることは不可能なほど増えていくのだという。

「子供は真面目ですから、出された塾の宿題を全部やりたいと思ってしまうし、全部こなさないと厳しく叱る大手塾もある。それによって“空欄を埋める”だけが目的になる子がいるのが問題なんです。それよりも、すでに理解できている問題は切り捨て、“同じ問題が出た時、ちょっと危うい”ような微妙な理解度の問題を復習するなど、時間の使い方を判断して取捨選択する力が必要になっているのです」(西村さん)

 この判断力は宿題のみならず、新テストに立ち向かう学力としても求められる力でもある。

「スマホがあれば何でもすぐに調べられる現代において、知識の蓄積は今後どんどんAIが担うようになる。むしろ膨大な知識の中から何をどう選んで活用するかを問う“思考力”“判断力”“表現力”などが重要視されるのです」(飯嶋さん)

 実際、難関といわれる中学入試を突破した生徒の中には、最初にテストの問題をすべてチェックし、「捨てる」問題を決定する方法をとる生徒も多くいる。「捨てる」力も必要なのかもしれない。

※女性セブン2019年8月1日号

関連記事(外部サイト)