京アニ放火犯、現場で近隣の呼び鈴鳴らし助けを求めていた

京アニ放火犯、現場で近隣の呼び鈴鳴らし助けを求めていた

火災は30人以上の命を一瞬のうちに奪った(写真/共同通信社)

 よれよれの赤いTシャツを着た巨漢は、脇目も振らずに台車を押していた。ガソリンスタンドに着くと、20リットル入る携行缶2つにガソリンを入れようとする。従業員が「何に使うんですか」と尋ねると、男は面倒くさそうに「発電機に使う」とだけ答え、現金で料金を支払うと、重くなった台車を押して出ていった。

 京都アニメーション(通称・京アニ)第1スタジオは、そのガソリンスタンドから500mほどの距離にある。すぐ側までやってくると、男は携行缶の中身をプラスチック製のバケツに移し始めた。

 その前日の7月17日夕方、現場に近い京阪電鉄宇治線沿いの公園で、男は少年に目撃されていた。

「友達と遊ぶ約束をしていて、午後4時頃に公園に行ったら、ベンチの上に寝そべっているおじさんがいました。赤い服にジーパンで、その人の横には台車がありました。上に置いてあったものには、カタカナで“ガソリン”って書いてありました」(目撃した9才の少年)

 この公園は道路の高架下にあり、雨を避けられる。

「男は15日に京都に入り、現場を下見していた。インターネットカフェや公園で寝泊まりし、決行日を待っていたとみられます」(捜査関係者)

 用意は周到だった。

「ガソリンだけでなく、1mほどの巨大ハンマー、4〜5本の包丁も持っていました。絶対に実行するという強烈な殺意を保っていたのでしょう」(前出・捜査関係者)

 ガソリンスタンドを出てから30分後の午前10時半頃、男はガソリンの入ったバケツを提げて、京アニの第1スタジオに入り込んだ。

「『社長を出せ!』などと怒号を上げながら、1階の吹き抜け部分にある螺旋階段にガソリンをぶちまけた。携行缶には約30リットル分が残されていたから、10リットルはまいたはず。よく燃えるように着火剤まで使って、ライターで火を放ったようです」(前出・捜査関係者)

 気化したガソリンは爆発的に燃えた。

「男の“うぉー!”というような大声が響いて、その後、ボンッという爆発音がしました。その後に、聞いたことのないような悲鳴が続きました」(近隣住民)

 火は瞬く間に3階建ての建物の中に広がった。螺旋階段が煙突代わりとなり、火の勢いが増してしまったのだ。中にいた人たちのうち、2階から飛び降りたりできたのはごくわずかで、大半の人は逃げることができなかった。

 運よく逃げられた人の中に、火を放った張本人がいた。青葉真司容疑者(41才)だ。全身にやけどを負った青葉は、近隣住宅の呼び鈴を何度も何度も押していた。34人の命を奪った男は、ぬけぬけと助けを求めていたのだ――。

※女性セブン2019年8月8日号

関連記事(外部サイト)