紀子さま 「将来の天皇の母」として信頼回復に努められる

紀子さま、"眞子さまの結婚延期で秋篠宮家の評判が低下"と悠仁さまの将来安定に腐心か

記事まとめ

  • 女性天皇容認の期待が急激に高まり、“愛子さまを天皇に”という声が上がっている
  • 紀子さまは、眞子さまと小室圭氏の結婚の延期が影響しているとお考えのようだという
  • 秋篠宮家の評判を取り戻し、悠仁さまの将来を安定させることに腐心されているそう

紀子さま 「将来の天皇の母」として信頼回復に努められる

紀子さま 「将来の天皇の母」として信頼回復に努められる

変化が見られる紀子さま(撮影/JMPA)

「人生には、成功と失敗がつきものです」。真剣な眼差しを向けられていた眞子さま(27才)は、その言葉を聞いて、納得されるかのように大きく深く頷かれた。

 日本人の移住120周年記念式典のため、南米のペルーとボリビアを公式訪問された秋篠宮家の長女、眞子さま。7月16日にはボリビア・サンタクルス市内にある日系人のための学校を視察された。

「眞子さまは、生徒が披露した日本語の作文や書道をご覧になりました。ある生徒が書道で『成功』『失敗』という文字を書き、“人生には成功と失敗がつきものです。失敗してこそ、人は成長し、成功につながります”と説明しました。眞子さまはそれをどんなお気持ちで聞かれたのか」(皇室ジャーナリスト)

 国中の羨望の眼差しを集めた、小室圭さん(27才)との婚約内定会見から、もうすぐ2年。今では結婚の見通しさえ立たないが、眞子さまの結婚の意思は変わりないという。

 眞子さまだけではない。母・紀子さまもまた渦中にある。「失敗は成功の母」になるのか??。

《3日の党首討論で、女性天皇を認めるか問われた安倍晋三首相(自民党総裁)は「党として決めていかなければならない問題。いま議論中だ」と答えたが、参院選後に加速するとみられる党内議論は激しくなりそうだ》(7月18日朝日新聞朝刊)

 5月に御代がわりを迎えて以降、女性天皇容認の期待が急激に高まっている。7月21日に参院選も終わり、国政の場でも本格的な議論が開始されるとみられる。

 前出の朝日記事によると、「女性天皇」に最も慎重な与党自民党の候補者でも、「賛成派34%」に対して「反対派24%」と、容認に傾いている。最大野党の立憲民主党では「賛成派90%」にまで達した。

 国民世論も、女性天皇賛成が大半だ。各紙の世論調査でも、《女性天皇に賛成は78.3%》(5月14日産経)、《「認めるべきだ」は76%》(同月13日日経)、《認めることに賛成は79.6%》(同月3日毎日)と、軒並み8割近くの人が賛成と答えている。

「安倍総理は、自民党の参院選勝利を受けて、『憲法改正の議論をすべきと国民の審判が下った』と発言。国家の根幹をしっかりと議論するという建て前のもと、国民の支持が圧倒的な『女性天皇容認』も、憲法改正とセットで議論を巻き起こすつもりでしょう」(官邸関係者)

◆悠仁さまには“別便”を調整

 女性天皇が現実味を帯びることと、「愛子天皇待望論」の高まりは切り離せない。

「高校3年生となられた愛子さまには皇族の一員としての自覚がさらに強くなられ、ご両親やご自身の置かれている立場をよく理解されています。ご両親との公務の際に見せられる気品を備えた堂々とした立ち居振る舞いから“愛子さまを天皇に”という声が上がっています」(別の皇室ジャーナリスト)

 現行の制度上では、皇位継承順位第1位の秋篠宮さま(53才)、そして第2位の悠仁さま(12才)こそ、最も“次の天皇”に近い存在だ。女性である愛子さま(17才)には、皇位継承権はない。

「眞子さまの結婚を巡る問題をきっかけに、秋篠宮家に対する風当たりが厳しい状態にあります。それが、現状の皇位継承のやり方への疑問につながっていることは否定できません。

 そうした事態を最も気にされているのは紀子さま(52才)です。もともと、天皇皇后両陛下に男子がお生まれにならない状況の中、周囲から期待される形で悠仁さまを懐妊された。“将来の天皇の母”になることを強く意識され、悠仁さまを育てられてきました。

 紀子さまは、“愛子さまを天皇に”という声が上がっていることに、眞子さまの結婚の延期が大きく影響しているとお考えのようです。親しい周囲には“眞子さまのご結婚問題で、秋篠宮家の評判が下がっている”というような話を漏らされているそうです」(皇室関係者)

 そこで、紀子さまは「ご自身で秋篠宮家の評判を取り戻し、悠仁さまの将来を安定させることに腐心されている」(宮内庁関係者)という。

 8月中旬には秋篠宮ご夫妻と悠仁さまが、ブータンへ私的旅行に出かけられる予定だ。不測の事態を考慮し、皇位継承第1位の秋篠宮さまと、第2位の悠仁さまが利用する民間機を、別便にする方向で調整されていると報じられた。

「リスクを分散するための、当然の危機管理といえます。同時に、悠仁さまの身の安全がどれだけ重要かを示し、“将来の天皇”であることを世間にも強く印象づける面もあるのではないでしょうか」(別の宮内庁関係者)

 あらゆるチャンスを通じ、公務に取り組む姿を世間に示すことでも、秋篠宮家の“信頼回復”に努められている。

 紀子さまは6月27日から7月6日まで、秋篠宮さまと共にポーランドとフィンランドを訪問された。日本に帰国されてからも、立て続けに公務や行事に臨まれている。

 帰国2日後の8日、ご夫妻でご帰国の挨拶として賢所を参拝され、同日、紀子さまは赤坂東邸で「令和元年度ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ 時代における結核制圧コース」研修生と懇談された。続く10日から11日にかけては、「献血運動推進全国大会」臨席のため、単独で石川県をご訪問。さらに15日には悠仁さまを連れて東京・江東区で行われた「国際地図学会議」の展示をご覧になり、17日から18日にかけては「海フェスタしずおか」臨席のために静岡県をご訪問と続く。22日には、松濤美術館(東京・渋谷)で開催されている洋食器メーカー「大倉陶園」の企画展に足を運ばれた。

「両陛下から引き継がれた公務などもあって、以前よりも紀子さまは多忙になられています。公務や行事は依頼を受けて出られるものですが、必ずすべてに出席しなければならないわけではなく、取捨選択はできます。しかし今はご自身で、お出ましのスケジュールを詰め込まれているような印象を受けます」(前出・宮内庁関係者)

※女性セブン2019年8月8日号

関連記事(外部サイト)