京アニ被害者、友人に「今後何回もエンドロールに名前載るよ」

京アニ被害者、友人に「今後何回もエンドロールに名前載るよ」

火災は30人以上の命を一瞬のうちに奪った

 単独犯による犯行で戦後最大の被害者を出した京都アニメーション放火事件。34人の命を奪ったのは青葉真司容疑者、年齢は41才だ。

 事件発生後、初めての週末。事件現場からは人の姿が途絶えることがなかった。3階建ての建物は一目で、中が全焼していることがうかがえる。ベージュのタイル貼りの外壁は黒く煤けていて、窓枠やベランダの手すりは、ぐにゃりと曲がっている。近づくと、焦げたようなにおいが鼻をつく。献花台に花を捧げ、頭を垂れる人たちには、外国人や若者の姿も目立つ。

 アニメ制作会社は、NHKの朝ドラ『なつぞら』の舞台でもあり、注目を浴びる存在でもあった。特に京アニは、多くのヒット作品を生み、優秀な人材を輩出するなど、アニメ業界でも一目置かれるアニメーターたちの夢の会社である。

 亡くなった34人、負傷した34人(7月23日現在)は、ここに至るまでそれぞれの道を歩んできた。

 献花台から少し離れたところで、小柄な老いた女性が肩をふるわせていた。握りしめた花束に顔を埋めて嗚咽を漏らし、何度も深呼吸をしている。短い髪には白髪が交じっている。

「昨日も来たんやけど」と語る79才の女性は孫を失った。

「花が好きな子やったからな。絵も好きで。私は反対してたんです、もっと普通の仕事をしたらと。でも本人は絵がやりたいと。ここで仕事をして、もう5〜6年になるのか。最後に会ったのは4月やったんですけどね。そんなに深く話もできてなかったのに…人様になんの迷惑もかけていないのにあんな死に方なんて…たまりません」

 涙を止めることのできない若い女性は、高校時代の友人“メグ”を奪われた。

「『京アニに入れた』って喜んでいたし、私たちも『京アニに友達いるんよ』って自慢できた。事件の、前の前の日に、メグが友達と話していたんです。メグの名前が映画のエンドロールに載ったと聞いて、その友達が『それだけ見に行くわ』って言ったら、メグは『それだけのために来なくていいよ、これから何回も載るんだから』って…メグは、誰に紹介してもいい自慢の友達でした」

 渥美敏彦さん(59才)は、静岡から駆けつけた。安否不明となっている取締役の木上益治監督は、学生時代の友人だ。

「木上くんと出会ったのは40年以上前、東京デザイナー学院に入学した時です。寮の部屋が同じで仲よくなり、6畳一間の、家賃3万円くらいのアパートに一緒に住んでいた時期もあります。話題はアニメのことばかりですよ。木上くんが“『未来少年コナン』の動きはすごい!”と言ったのをよく覚えています。

 彼は飛び抜けて絵がうまかった。デッサン力が違うんです。当時、アニメはまだ世間では遊びの延長という扱いでしたが、彼のアニメへの思いは人一倍強かった。彼とは同級生ですが、年は彼が2つ上なんです。なぜかというと、高校卒業後に、上京資金を貯めるために2年間アルバイトをしていたからです。念願叶って上京してからも、授業が終わると夜はガソリンスタンドでアルバイトをしていました。

 最近は『なつぞら』を見て、当時のことを懐かしく思い出して、木上くんも元気にしているかなと思っていたのですが。才能があり、夢を叶えた木上くんが…残念です」

 罪のない多くの命を奪った青葉には、精神科への通院歴があったと報じられている。精神疾患が認められると、責任能力を問えない可能性があるという。弁護士の萩尾健太さんが語る。

「心神喪失ならば責任無能力となり、心神耗弱なら限定責任能力となり減刑されることになります。精神病院への入院が必要と判断されれば逮捕や勾留すらされません。逮捕されず刑も軽くなると聞いて納得いかないと思う人もいるでしょうが、措置入院などは閉鎖病棟で自由を奪われる点では勾留や禁錮に近い」

 現在、自身がつけた火によって生死を彷徨っている青葉。彼には罪を償う義務がある。

※女性セブン2019年8月8日号

関連記事(外部サイト)