高円宮家三女・守谷絢子さんが第1子を懐妊、今冬にも出産

高円宮家三女の守谷絢子さん第1子懐妊か 令和初の皇室に連なる子を身籠もったことに

記事まとめ

  • 高円宮家の三女である守谷絢子さん(28才)が第1子を懐妊したという
  • 昨年10月末、絢子さんは「日本郵船」社員の守谷慧さん(33才)と結婚した
  • 絢子さんは平成皇室に最初に誕生した子女で令和初の皇室に連なる子を身籠もったことに

高円宮家三女・守谷絢子さんが第1子を懐妊、今冬にも出産

高円宮家三女・守谷絢子さんが第1子を懐妊、今冬にも出産

守谷慧さんと絢子さん(昨年10月、東京・渋谷の明治神宮で 撮影/JMPA)

 令和皇室がスタートして3か月、おめでたいニュースが飛び込んできた。高円宮家の三女である守谷絢子さん(28才)が懐妊したという。

「娘思い」で知られた高円宮さまが亡くなられたのは2002年。47才という若さだった。飾らず気さくな性格で、いつも国民と皇室とをつなぐ接点になることを願われていたという。そんな高円宮さまが、天皇陛下と雅子さまの“橋渡し役”になられていたことは、よく知られたところだ。

 1986年、当時の東宮御所(現・赤坂御所、東京・元赤坂)で、来日するスペインのエレナ王女を歓迎するレセプションが開かれた。当時、父の小和田恆(ひさし)氏が外務省幹部だったため、雅子さまも招待されていた。

「当時皇太子だった陛下は、そこで雅子さまに一目惚れされたそうです。おふたりの距離を縮めようと腐心されたのは、高円宮さまでした。高円宮さまは陛下の6つ年上。陛下が“兄”のように慕われ、よき相談相手だったそうです。レセプションの翌年、高円宮さまが自邸におふたりを招いてホームパーティーを開き、お話しできる機会を作られたそうです。その日は深夜12時過ぎまで、陛下と雅子さまのご歓談が続いたといいます」(皇室ジャーナリスト)

 両陛下と高円宮家の特別な絆は、今日まで続いている。愛子さまが幼い頃には、ご一家でたびたび高円宮家を訪れ、高円宮さまの3人の娘たちと一緒に遊んでいたという。

 昨年10月末、高円宮家の三女の絢子さんが、「日本郵船」社員の守谷慧(けい)さん(33才)と結婚した時も、その関係が垣間見えた。

「絢子さんが結婚の報告のため、東宮御所を訪れた際は両陛下がそろって出迎えられ、お祝いの言葉を伝えられたそうです。陛下が絢子さんの結婚披露宴の乾杯の挨拶に立たれた時には、愛子さまと絢子さんのエピソードを披露されたほど、両家の結びつきは強い。愛子さまが参加された学校の水泳行事を卒業生である絢子さんが助手としてサポートし、生徒の人気者になったという話を、雅子さまは目を細められながら聞いていました」(宮内庁関係者)

◆「平成最初の子」と「令和最初の子」

 それほど強い絆のある高円宮家の慶事である。絢子さんが身ごもった──その知らせを聞いた雅子さまは、この上なくお慶びになられたはずだ。

「絢子さんが懐妊されたそうです。結婚から9か月、待望の第1子の知らせでした。もう周囲が気づくぐらい、お腹はふっくらとしています。今年3月にはスキー旅行を楽しまれていたので、妊娠がわかったのはその後のことでしょう。体調管理に気を使っているそうですが、幸せいっぱいの生活を送っているようですね」(別の宮内庁関係者)

 今年の初冬、令和元年の生まれになりそうだという。

 実は、絢子さんは平成皇室に最初に誕生した子女だった。その絢子さんが、令和になって初めて、皇室に連なる子を身ごもったこととなる。新しい時代の令和皇室にとって、実に慶ばしいニュースだ。

 ご結婚により皇室を離れて以降、絢子さんは主婦として“普通の暮らし”を送っているという。

「絢子さんの自宅マンションは、100平方メートルほどで住戸が2つの階に連なるメゾネットタイプ。家賃は30万円ほどです。ご自身で近所のスーパーに買い物に行き、ネット通販も活用するなど、一般的な生活をしているそうです。

 もともと高円宮家は、慎ましい暮らしを実践される堅実なご家庭ですから、絢子さんもそうしたところを受け継ぎ、無駄のない暮らしを心がけているのでしょう。もちろん、守谷さんのご実家との関係も良好です。守谷家にもたびたび出向いているようで、守谷家の方々も、お孫さんの誕生を心待ちにしているはずです」(前出・別の宮内庁関係者)

 そうした暮らしの一方で、絢子さんは令和皇室のサポートも続けてきた。

「5月の御代がわりに伴う退位や即位に際し、絢子さんは皇居へお祝いに直接出向かれたそうです。母親の久子さまの代理を務める形で公務を担うこともあり、皇族の誕生日会に招かれることもしばしばです」(前出・別の宮内庁関係者)

 皇族の減少に伴い、女性宮家創設に向けた議論が進められれば、皇族を離脱した女性も皇室に復帰する可能性がないとは言い切れない。そんな時、絢子さんらには、より一層の活躍が期待されるのだ。

※女性セブン2019年8月15日号

関連記事(外部サイト)