社会に適応できず“人間廃棄物”として排除される「下級国民」の現実

社会に適応できず“人間廃棄物”として排除される「下級国民」の現実

「ゆたかで平和で快適な社会」の犠牲者はどうなるか(イメージ)

 2019年4月に東京・池袋の横断歩道で87歳の高齢男性が運転する車が暴走して母子をはねて死亡させた事件で、事故を起こした元高級官僚が逮捕されないことから「上級国民」という言葉が一躍脚光を浴びた。その後も、この言葉は下火になるどころか、日本社会を「上級国民」と「下級国民」に分けて論じる風潮は続いている。

「一億総中流」なる言葉はとっくに死語となり、いまや中間層は崩壊、「上級/下級」に分断された格差は拡大するばかり――というのが多くの日本人の本音かもしれない。新刊『上級国民/下級国民』(小学館新書)で、そんな「不都合な真実」について論考を重ねたのが、作家の橘玲氏だ。

 橘氏は同書で、ポーランド出身で各国を渡り歩き、イギリス・リーズ大学の社会学教授を務めた故ジークムント・バウマン氏の著書『リキッド・モダニティ 液状化する社会』や『廃棄された生 モダニティとその追放者』を紐解き、「下級国民」としてこぼれ落ちていくひとたちについて、次のように考察する。

「バウマンは、第二次世界大戦後の後期近代では伝統的な共同体は解体し、ひとびとが液状(リキッド)化すると考えました。そして、ゆたかで自由な『液状化社会』からこぼれ落ちた人たちは『人間廃棄物(wasted humans)』だと述べました。──この翻訳は間違っているわけではありませんが、強烈すぎるので私は『ポイ捨てされるひとびと』としています。

 大量の商品が生産・流通するゆたかな社会では、ゴミの量も増えていきます。ゆたかさと大量廃棄はトレードオフで、『どんどんゆたかになるのにゴミは減っていく』などということはあり得ません。もちろんすべてのゴミが廃棄されるわけではなく、リサイクル処理場で“再生”されるものもありますが、それもできない場合は最終処分場に送られる。バウマンは、とてつもないゆたかさを実現した後期近代=リキッド・モダニティでは、人間に対しても同じことが起きているといいます」

 AI(人工知能)をはじめテクノロジーの進展にうまく適応できないひとたちが増えている。本来、技術の進歩に伴って社会全体はゆたかになるはずだが、実際にはそれが進めば進むほど排除されるひとが増えている、と橘氏はいう。

「人類史上未曾有のきらびやかな繁栄の陰で、高度化する知識社会に適応できないひとたちが、雇用促進センターや生涯教育(リカレント)システム、あるいは精神疾患のケア施設などで『リサイクル』されています。こうして『再生』されたひとはもういちど労働市場に戻されるのですが、そうできない場合は『ポイ捨て』されてしまいます。

 バウマンは、こうした状況をたんに批判・告発しているわけではありません。人間が大量廃棄されるのは、自由でゆたかな社会の代償だからです。人間の『ポイ捨て』など許されないとするならば、私たちはいま享受しているゆたかさや自由をあきらめなくてはなりません。これが、バウマンの主張のもっともおそろしい部分です」(橘氏)

 リサイクルできないひとたちは、まるでゴミのように「最終処分場」に送られるのだろうか。

「人間はゴミではありませんから、『最終処分』はできません。それぞれの社会で、『再生不能』の烙印を捺されたひとの行く末は異なっていますが、アルコール、ドラッグ、自殺で白人が『絶望死』しているアメリカのラストベルト(錆びついた地帯)や、仕事のない移民二世、三世が吹きだまるフランスの公営住宅などはその典型でしょう。そこでも生きていけなくなればホームレスになるしかありませんが、日本をはじめアジア圏では働けない家族を家に抱え込むので、社会に適応できない子どもは『ひきこもり』になり、80代の親が50代の子どもの世話をする『8050問題』が深刻化しています。いずれも社会から排除(ポイ捨て)されたひとたちであり、『ゆたかで平和で快適な社会』の犠牲者なのです」(橘氏)

 世界の知識社会化が進むことに伴って、新たな「下級国民」が次々と生み出されるという“残酷な現実”がそこにあるのだ。

◆橘玲(たちばな・あきら):1959年生まれ。作家。国際金融小説『マネーロンダリング』『タックスヘイヴン』などのほか、『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『幸福の「資本」論』など金融・人生設計に関する著作も多数。『言ってはいけない 残酷すぎる真実』で2017新書大賞受賞。近著に『上級国民/下級国民』(小学館新書)、『事実vs本能 目を背けたいファクトにも理由がある』(集英社)など。

関連記事(外部サイト)