参院選で躍進の野党小政党 自民党が衆院選で圧勝する要因に

参院選で躍進の野党小政党 自民党が衆院選で圧勝する要因に

枝野幸男氏も新勢力に戦々恐々(写真/時事通信フォト)

「当分衆院の選挙はないと安倍さんは言ってますから」──7月24日、都内で開かれた五輪関連の会合でそう述べた森喜朗・元首相。だが、そういう言葉が報じられたときこそ水面下では、虎視眈々と解散の準備が進められているものだ。特に「参院選で躍進した」と報じられたれいわ新撰組やNHKから国民を守る党などの野党小政党の動きは今、皮肉にも自民党が衆院選で圧勝する要因となり得る。この好機を安倍首相が逃すはずはない。

 11月解散、総選挙は五輪前の最後の解散チャンスだ。選挙戦となれば間違いなくこの2人の集客合戦になる。

 熱烈な支持者と警護に二重三重にガードされて街頭演説に立つ安倍首相と、神出鬼没で「太郎は太郎でも、麻生太郎じゃありません」と商店街を練り歩くれいわ新選組の山本太郎代表だ。

 だが、“台風の目”になると予想される山本氏が脚光を浴びるほど、他の野党の存在は霞み、戦況は「自民党有利」になっていく。まず野党の“票の奪い合い”が始まる。

 山本氏は次期衆院選に「独自候補100人擁立を目指す」と宣言した。12月総選挙になれば自ら大票田の東京などで小選挙区と比例代表に重複立候補するのは確実だろう。

 それに戦々恐々としているのが自民党より立憲民主党だ。れいわと支持層が重なるだけに、100人も候補を擁立されると票を食われて共倒れになりかねない。

 枝野幸男・立憲民主党代表は「衆院選に向けてれいわ新選組と連携できればありがたい」と選挙協力を呼びかけているが、山本氏は「マスト(選挙協力の絶対条件)は消費税5%への減税。ここが担保されないと一緒にやれない」と厳しい条件を突きつけた。立憲民主党議員が心配する。

「枝野さんは菅内閣の官房長官、野田内閣の経産大臣として民主党政権時代に消費増税を推進した中心メンバーの1人だから、自己否定につながる税率引き下げを飲むつもりはない。党内には野田内閣で増税責任者の財務大臣だった安住淳さんや行革相だった蓮舫さんなどがいるから、消費税減税で党内をまとめるのは難しい。

 ましてや国民民主や野田佳彦・元首相が率いる『社会保障を立て直す国民会議』がれいわと組むとは考えられない。参院選ではすべての1人区で野党統一候補を立てて善戦したが、総選挙は立憲と国民とれいわが独自候補を立てて潰し合うという最悪の状況も覚悟する必要がある」

 野党共闘から“いち抜けた”の国民民主党の先も暗い。参院選直後に安倍首相から秋波を送られ、国民民主の玉木雄一郎代表は「私は生まれ変わった」とし、憲法改正論議を進めていくと言明した。国民民主は参院でも改憲勢力の日本維新の会に統一会派を組むことを申し入れるなど改憲反対の立憲民主など他の野党とはっきり一線を画す姿勢を見せている。

 国民民主は参院選の比例代表の得票が348万票(3議席)にとどまり、前身の希望の党が前回総選挙の比例代表で得た968万票から3分の1に減らした。大労組の組織内候補5人のうち2人が落選し、党の基盤だった民間労組の票も離れたことがはっきりした。

※週刊ポスト2019年8月16・23日号

関連記事(外部サイト)