ゲリラ豪雨時の渋谷の恐怖、その他危険地帯の見分け方

ゲリラ豪雨時の渋谷の恐怖、その他危険地帯の見分け方

集中豪雨による被害が後を絶たない(Ph:Getty Images)

 33日連続──今年の梅雨は記録的な「長梅雨」になり、東京都では6月下旬から約1か月にわたって雨が降り続いた。統計開始以来、過去最長の記録だそうだ。

 関東甲信の梅雨明けは、昨年に比べて1か月も遅く、鹿児島、熊本、宮崎では総雨量800mmを超える豪雨が降り注ぎ、相次いで水害にともなう避難勧告が出された。気象庁によると、1時間に50mm以上の大雨が降る可能性は1970〜1980年代に比べて3割も増えているという。地球規模の気候変動の中で、日本列島を襲う豪雨は確実に増加しており、「水害から命を守る知識・行動」は全国民に必須のものとなっている。

 防災コンサルタントの岡本裕紀子さんが指摘する。

「大切な人や財産をあっという間に丸のみにしてしまう水害は確かに恐ろしいものです。平成の30年間をふり返ると毎年必ずどこかで水害が発生してきました。しかし、水害が地震と違うのは、天気予報である程度は『予測できる』ということ。きちんとした知識をもって備えれば、自分や家族の命を守ることができます」

◆渋谷の交差点は立つのも危険

 そもそも、なぜ今大規模水害を招く豪雨が次々に発生しているのか。気象予報士の森朗さんが解説する。

「大きな原因の1つは、地球温暖化により、海水の温度が上昇したことです。日本列島に雨を降らせる雲は、東南アジアや太平洋の熱帯地方で形成されます。温暖化によってそれらのエリアの海水温が上昇し、水蒸気が多く発生するようになった。それが雨雲となって、次々と日本に流れ込んできているのです」

 2019年3月、世界気象機関(WMO)は2018年の世界の平均気温が19世紀半ば以降で過去4番目に高かったと発表。「すぐに温暖化対策をとらなければ取り返しのつかない影響を及ぼす」と各国政府に対し強い口調で対応を呼びかけた。

 つまり、連続して日本を襲う異常気象は「たまたま、一時的」に起きたものではなく、今後何十年にもわたって多発していく可能性が高いのだ。

 東京都職員として江戸川区土木部長などを歴任し、水害対策に詳しく、『水害列島』(文春新書)の著書がある土屋信行さんが警鐘を鳴らす。

「気候変動により、今の日本では大雨や洪水が多発するのに、『住んではいけないところ』に住んでいる人が多くいる。水害が起きた時、真っ先に危険地帯になる場所で、何百万人もの人が家を建てたり仕事をしたりしているのが現状です」(土屋さん・以下同)

 土屋さんが特に危ないと指摘するのは、「ゼロメートル地帯」と呼ばれる海水面以下のエリア。

「工業用水として地下水をくみ上げたことで地盤沈下を引き起こし、土地の高さが海面以下となった場所を指します。東京・大阪・名古屋など日本の中枢都市に多く存在し、住んでいる人の数は400万人を超えます。地下水のくみ上げは現在は行われていないものの、一度沈下した土地は戻らない。このエリアの人口は増える一方なのです」

 生活者が多く、都市機能の中枢として重要な場所が該当するだけに、リスクは大きい。

「たとえて言えば、洗面器をお風呂に浮かべ、水が入らない程度に押さえつけた“洗面器の底”がゼロメートル地帯です。浴槽の水面より低いところにある洗面器の底に住宅が建ち並び、洗面器の縁、すなわち薄い堤防でなんとか浸水を防いでいる。豪雨だけでなく、地震などでも堤防が壊れれば雨が一滴も降らなくても洪水が押し寄せます。常に危険と隣り合わせの、リスクが高い場所なのです」

 ゼロメートル地帯が水害に弱い地域であることは感覚的に理解できる。さらに言うと、その“洗面器の底”にも凸凹があり、水が流れ込んできた時、低地には一気に水が集中することになる。その場所こそ、水害最危険地点といえる。

 土屋さんは見分ける1つの方法として「地名」を挙げる。

「危険な場所は、実は地名から判断できます。水に関係した地名がついた場所は特に警戒した方がいい」

 たとえば東京には「四ツ谷」や「日比谷」「渋谷」「市ヶ谷」など谷のつく地名が多いが、実際に標高の低い「谷」であることがほとんど。埋め立て地を示す「埋め」の当て字であることが多い「梅田」なども注意すべき地名だという。

 それらは“言い伝え”のレベルではなく、専門家の最新研究でも明らかになっている。2019年6月、東京大学と早稲田大学が共同研究として発表した「東京23区浸水危険度マップ」では、都心エリアのほとんどが危険地点だと指摘しているのだ。

 同マップは最新技術を駆使し、東京23区内の道路や下水道、貯水施設、そして雨水を川に流すポンプ場の能力はもちろんのこと、そこにある建物の建ぺい率や容積率に至るまでのデータを分析している。マップによれば、1日に50万人が通行する渋谷のスクランブル交差点も危険地域だ。

「地形だけを考えても“ゲリラ豪雨が降ったら渋谷の交差点にいてはいけない”とはっきり指摘できます」

※女性セブン2019年8月22・29日号

関連記事(外部サイト)