「プールで熱中症注意」説 専門家からは疑問の声

プールで熱中症注意説に専門家が疑問視 水に入る前に熱中症になっていた可能性も

記事まとめ

  • 熱中症が起きるのは炎天下の場所を思い浮かべるが、実は家の中がもっとも多い
  • 風呂場で倒れた高齢者のヒートショックは7%で、ほとんどが熱中症だったという
  • 夏場はプールでの熱中症も報じられるが、千葉科学大学教授はこれには疑問を呈する

「プールで熱中症注意」説 専門家からは疑問の声

「プールで熱中症注意」説 専門家からは疑問の声

泳いでいても熱中症になるのか

 猛暑の夏に気をつけたいのが熱中症である。熱中症が起きる場所と言えば、炎天下の競技場やイベント会場などを思い浮かべるが、実際に多発するのは意外な場所だ。

 東京消防庁の統計によると、熱中症による救急要請時の発生場所としては、「住宅等居住施設」が全体の40.6%を占め、実は家の中がもっとも多い(2018年6〜9月)。高齢者が熱帯夜にエアコンをつけずに寝ていて熱中症になるというケースは多数報告されているが、それ以外にも家の中で熱中症になるケースがある。

 熱中症の調査研究をしている千葉科学大学危機管理学部の黒木尚長教授(法医学・救急救命学)は、「風呂」の危険性に警鐘を鳴らしている。暑気を払うためにあえて熱い風呂につかる、という健康法や美容法も提唱されているが、熱中症で倒れてしまっては本末転倒だろう。

 黒木教授は、大阪市消防局などがもつ入浴中の事故に関するデータと、65歳以上の男女約3000人を対象にしたアンケート調査の結果を分析したところ、入浴中に浴槽で体調を崩した高齢者のうち、8割以上が熱中症であるかその疑いのあることが判明したという。

 これまで風呂場で倒れた人は、ヒートショック(急激な温度変化で血圧が大きく変動して失神や心筋梗塞、脳梗塞などを引き起こすこと)を疑われていたが、ヒートショックは全体のわずか7%に過ぎず、ほとんどが熱中症だったというのだ。

「“風呂でのぼせた”とされている状態のほとんどが実は熱中症だったのです。42℃のお湯に30分ほど浸かると、体温は40℃に達しますから、重度の熱中症の症状が出て、意識障害を起こしても不思議ではありません。高齢者は老化で熱さを感じにくくなり、長風呂をする傾向があるので、熱中症の初期症状が出ないまま、いきなり意識障害に陥って浴槽で溺死したり、救急搬送先の病院で亡くなったりする。亡くなった方の実際の死因が、心筋梗塞や脳梗塞であるケースは非常に少ないのです」

 消費者庁やメディアなどは、高齢者に対し、冬場に「いきなり熱い湯に入らないようにしましょう」「ヒートショックに気をつけましょう」といった注意を促しているが、気をつけるべきは、季節に関係なく、「長風呂」だったのだ。

 しかも、これは高齢者に限った話ではない。

「若い女性でもダイエットのために長時間の入浴をして熱中症になるケースはあります。意識を失ったとき、一人暮らしだと助ける人がいないので、亡くなるケースもある」(黒木教授)

 一方、最近は夏場のプールで起きる熱中症についても盛んに報じられ話題になっている。「水に入って泳いでいるのに熱中症になるのか」と意外に感じるが、実際に、自治体や学校が独自に基準を定め、水温+気温が65℃を超える場合など暑すぎる日はプールの授業を中止にするといった対応が全国に広がっている。

 独立行政法人日本スポーツ振興センターが公開している「学校屋外プールにおける熱中症対策」によると、2013年度から2017年度までの5年間に小中学校のプールで起きた熱中症の発生件数は179 件(死亡例はなし)。発生状況の内訳は「水泳中」が92件(水泳直後も含む)、見学中や掃除中などの「プールサイド」、「更衣室」、「活動終了後」が計87件だった。

 上記の調査で半数以上を占める「水泳中」の熱中症について、黒木教授はこう指摘する。

「熱中症に関する論文はほとんど目を通していますが、“プール熱中症”に関する論文は見たことがない。ただ、前述の報告書をみると、水温が中性水温(33℃〜34℃)より高い場合は、水中でじっとしていても体温が上がるため、プール熱中症になることがあるようです。水泳中の熱中症は年間20件弱なので、かなり特殊な条件下での熱中症と思われます。入っても冷たいと感じないプールに長くいれば熱中症にはなりえますし、プールサイドに上がっても猛暑ですから、体温を下げる機会がなく、いつ熱中症になってもおかしくありません。そのため、水温と気温を足した温度が65℃以上になる時にはプール使用を中止する施設もあるようです。

 しかし、普通、いくら水温が高いといってもせいぜい30℃くらいですから、水に入っていれば体温を冷やす方向に働くはず。熱中症になったときに水風呂に入れるという対処法があるわけで、おかしいと思う。実際に水泳中に熱中症になった例があるというが、筋トレなど激しいトレーニングをしたとか、暑いプールサイドで長時間待たされたとか、水温に問題があったとか、『水に入る前にすでに熱中症になっていたケース』が相当数含まれているのではないか」

「水泳中」にも熱中症のリスクがあると結論付けるのではなく、水に入る前後の状況を調査すべきという。

 屋外プールの水温が33℃〜34℃までまで上がるときは、気温が人間の体温と同じかそれ以上にまで上がっていて、プールサイドは“灼熱の地獄”と化しているはず。さすがにプールの授業は控えたほうがいいかもしれないが、屋外でのスポーツと同じレベルでプールでの水泳そのものが危険であるかのようなイメージが広がるのはいかがなものか。

 それよりは毎日入っている“お風呂”に熱中症のリスクが潜んでいることを意識したいものだ。

●取材・文/清水典之(フリーライター)

関連記事(外部サイト)