東京五輪中に大地震なら羽田空港は液状化で「陸の孤島」に?

東京五輪中に大地震なら羽田空港は液状化で「陸の孤島」に?

開幕まで1年を切った(写真/EPA=時事)

 多くの外国人が日本を訪れる東京五輪の開催中にもしも「首都直下型地震」が起こったら、甚大な被害を招きかねない。

 政府の中央防災会議によれば、M7.3クラスの都心南部直下地震が起こった場合、首都圏の死者数は最大で2万3000人にのぼると想定されている。

 例えば、皇居や東京タワーなどの名所を巡るマラソンコースには、下町の木造住宅密集地域もあり、火災のリスクが高く、大きな危険が潜んでいるという。また、東京湾の最奥部にあるフェンシングやレスリング会場(幕張メッセ)や、セーリング会場の江の島ヨットハーバー(神奈川)は津波被害が広範囲に及ぶと予想されている。

「液状化」も、甚大な被害をもたらす。災害危機管理アドバイザーの和田隆昌氏が指摘する。

「ベイゾーンは海抜ゼロメートル地帯の埋立地にあるため、液状化が起こって道路が使えなくなります。そのため、選手村、プレスセンター、競技会場が集中する地域は、救急車や消防車が入れずに“陸の孤島”と化す可能性があります。

 主要道路の瓦礫を除去して救援ルートを確保するまでには、内閣府の想定でも2日を要するとされていますが、被害が大きい場所では復旧までに2か月ほどかかる地域も出てくるでしょう」

 晴海、有明、お台場などをつなぐ「橋」も、「橋詰め(橋の両端)に50cmの段差が生じると車両が渡れなくなる」(防災・危機管理ジャーナリストの渡辺実氏)という。

 幹線道路が通行できない場合に備えて国土交通省が着手しているのが、「船舶」による避難経路だ。隅田川、荒川、江戸川、多摩川などの河川を通って、会場近くの船着き場から「羽田空港」に観客を輸送する計画である。

 しかし、羽田空港に辿り着いても、「滑走路も液状化で使えないリスクがある」(同前)という。

「羽田のB滑走路、D滑走路は耐震化が施されていますが、その他の滑走路は、液状化によって飛行機の発着ができない可能性が高いと指摘されています。液状化の被害がなかった滑走路は、救援物資や、応援部隊の受け入れなどの重要な役割があるので、県外や海外から来た観客がいつ救出されるか分からない。

 代わりに鉄道を使おうとしても、復旧には1か月以上かかると予測されており、無駄足になる可能性は高い。せっかく避難しても、羽田空港に長期間留まる人も出てくるでしょう」

※週刊ポスト2019年8月16・23日号

関連記事(外部サイト)