京都・福知山ポッポランド 2億円寄付で再建計画撤回の経緯

京都・福知山ポッポランド 2億円寄付で再建計画撤回の経緯

記事画像

 郷土にゆかりの貴重な資料などを、どうやって後世に伝えていくか。全国の自治体が頭を悩ませているこの問題に、縄文時代から人が住み、古くから交通の要所として栄えた京都府福知山市も直面していた。建物の老朽化や資金の問題で昨年4月から休館していた福知山鉄道館ポッポランドが、1個人からの寄付によって再開できることになった。福知山と鉄道のゆかりの深さ、歴史的資料を保存・展示し続ける難しさについて、ライターの小川裕夫氏がレポートする。

 * * *
 今年7月、JR西日本がIC乗車券「ICOCA」の利用範囲を拡大することを発表した。「ICOCA」が新たに利用できるようになるのは、福知山支社が管轄する北近畿エリアで、同エリアには城崎温泉や軍港として栄えた東舞鶴駅・西舞鶴駅などがある。

 IC乗車券の利用範囲が拡大することで、鉄道の利便性は向上する。観光需要の増加も見込まれる。有名な観光地を抱える北近畿エリアにとって、ICOCAの範囲拡大は大きなチャンスでもある。

 JR西日本や京都丹後鉄道は“北近畿ビッグXネットワーク”と呼ばれる特急ネットワークを構築し、京都・大阪と北近畿間のアクセス改善。産業振興、地域活性化に力を注いできた。

 そうした北近畿にあって、京都府福知山市は明治から令和の現在に至るまで北近畿エリアの中心都市として地域経済を牽引してきた。

「福知山市の玄関口でもある福知山駅は、現在でもJRの山陰本線・福知山線、京都丹後鉄道が発着する鉄道の要衝地です。明治期から鉄道が敷設された福知山駅は、鉄道の街としても栄えてきました。駅には車両基地があり、往時の福知山市街は鉄道で大変にぎわいました」と説明するのは、福知山市産業観光課の担当者だ。

 山陰本線・福知山線、京都丹後鉄道のほかにも、1974年まで北丹鉄道というローカル私鉄が福知山駅から発着していた。

 鉄道が支えた福知山の歴史を後世に伝えるため、市内各所には鉄道遺産が点在している。福知山駅一帯に残る鉄道遺産は、地元有志や鉄道ファンたちが守り続けている。1998年にはJRのOBや商店街有志によって、鉄道保存展示施設「福知山鉄道館ポッポランド」が開館。以降、福知山の観光名所として親しまれてきた。

 ポッポランドが入居していた建物は、1933年に竣工された。そのため、老朽化は激しく、耐震強度も不足していた。それらを理由に、昨年3月末に閉館。現在は、蒸気機関車C5856が展示されているポッポランド2号館だけが公開されている。

 一方、長らく鉄道の街のシンボルでもあった福知山機関区は、時代とともに組織改編が進んだ。福知山駅の高架化によって、1999年に車両基地の一部が移転。規模は大幅に縮小された。これにより、福知山から鉄道色は薄れる。

 そうした変化は経たものの、ポッポランドの存在や福知山駅南口広場に保存展示されているSLと転車台が鉄道の街・福知山の健在であることを示していた。

 福知山市にとってポッポランドは重要な観光資源でもあり、郷土の文化を伝える資料館でもある。ポッポランドの今後について考えるべく、市は有識者や地元住民で組織する「福知山鉄道館ポッポランドのあり方検討委員会」を発足させた。全6回にわたる議論を経て、ポッポランドの展示品は市内6か所に分散して保存・展示することを決定。今後も鉄道の街・福知山を継続してPRし、観光コンテンツとすることになった。

「広大な場所を確保できないという理由から、検討委員会は市内6か所に鉄道の展示物を分散する方針が決めました。そして、街全体をひとつの博物館のように捉え、福知山を訪れる観光客や鉄道ファンに市内を回遊してもらえるような方策についても議論しました」(同)

 大きな車両を保存するためには広大な敷地が必要で、風雨を凌ぐ屋根も設置しなければならない。より適切に保存するなら、博物館のような屋内での保存が望ましい。しかし、それには莫大な資金が必要になる。また、博物館なら学芸員や職員などのスタッフも配置しなければならない。

 同じ京都には、2016年にオープンした京都鉄道博物館がある。それまで京都鉄道博物館は梅小路蒸気機関車館というSLを中心にした博物館だったが、老朽化のために施設をリニューアルした。京都鉄道博物館は広大な敷地に、雨風を凌げる屋根、屋内展示施設もある。

 また、リニューアルに際して展示車両をSLだけではなく、新幹線なども充実させた。このリニューアルは大成功を収める。オープンから3年経った現在でも、京都鉄道博物館には来場者がたくさん詰め掛けている。

 京都鉄道博物館が成功している要因のひとつに、京都鉄道博物館の周辺に観光名所が点在していることが挙げられる。京都鉄道博物館の隣には、梅小路公園が広がる。梅小路公園内には、京都水族館・芝生広場・緑の館・市電ひろばなどが整備されている。鉄道博物館を楽しんだ後、水族館や広場で遊ぶといった複合的な楽しみ方ができる。逆に水族館の来館者が、鉄道博物館に行くという新たな需要も掘り起こした。互いの施設が刺激し合うことで相乗効果が生まれ、何回も足を運ぶリピーターもいる。

 福知山市の検討委員会が展示物を市内6か所に分散し、街全体を博物館にするといった方針を固めた遠因には、京都鉄道博物館の成功があると言っていい。しかし、検討委員会の方針が固まりかけた頃、それまでの議論を覆す事態が勃発する。

 鉄道ファンを自認する一人の篤志家が、ポッポランドの再建資金という名目で2億円を寄付。この2億円の寄付は計画を白紙撤回するような事態だが、福知山市にとって、嬉しい誤算だった。

 それまで市の課題だった整備資金問題は一気に解決に向かう。用地の取得や新たな施設整備が資金的に難しいことを理由に、市内各所に分散して保存・展示という方針は白紙に戻された。

「それまで、市はポッポランドの再建資金を募っていたわけではありません。ふるさと納税のメニューに加えていたわけでもありません。対外的に広報はしていませんでした。それにも関わらず、前触れもなく2億円の寄付が寄せられたのです。そのため、これまでの計画を一から練り直すことになりました。寄付者の意向は分散して保存・展示するのではなく、一か所の施設にまとめて保存・展示してほしいとのことでした。市は、できるだけ寄付者の意向を丁寧に汲み取って整備計画に反映するつもりです。改めて施設や展示物の検討・調査をすることになるので、詳細が決まるのは2021年度以降になるでしょう」(同)

 来年に放送予定の大河ドラマ「麒麟がくる」は、福知山城主を務めた明智光秀が主人公だ。そのため、地元ではドラマによる観光客の増加を期待する声が高まっている。そこに、鉄道の街を復権する機運の高まりやICOCAの利用範囲拡大といった追い風が加わる。

 福知山市は北近畿エリアの拠点都市だが、日本三景として屈指の知名度を誇る天橋立や天空の城として話題を集める竹田城といった新観光スポットの台頭もあって、最近は観光面での影が薄くなっていた。

 鉄道の街・福知山の巻き返しが始まろうとしている。

関連記事(外部サイト)