天皇陛下 ご成婚後初滞在の宿で見せた雅子さまへの気遣い

天皇陛下 ご成婚後初滞在の宿で見せた雅子さまへの気遣い

最上階の南側、盛岡市内を一望できる『インペリアルルーム』に滞在された

「世紀のロイヤルウエディング」から26年。日本、世界の各地をご公務で訪れた雅子さまは、平成から令和に替わり、皇太子妃から皇后になられた。国民と共に歩み、慈しむ、そのお姿は、新たな時代が始まってから3か月経ってなお一層輝きを増している。雅子さまが旅した軌跡を追い、天皇陛下と、愛子さまと過ごされた宿を紹介する。

●教えてくれたのは…
文筆家・竹内正浩さん/JTB勤務を経て、文筆家、歴史探訪家として活躍。旅を通じて国民に寄り添った上皇上皇后両陛下の30年間の歴史を凝縮した『旅する天皇』(小学館刊)など。

■盛岡グランドホテル (ご滞在日:平成5年7月13日) 住所:岩手県盛岡市愛宕下1-10

 昭和45年に昭和天皇皇后両陛下をお迎えする迎賓館として、その5年前に盛岡市内を一望する愛宕山の中腹に建てられた。以来、皇室の方々を約40回迎え、雅子さまがご成婚後初めて滞在した宿もこちら。

「初のご公務で緊張された雅子さまを陛下が気遣われていた姿が忘れられません。『一生全力でお守りします』というお言葉の通りでした。約3か月後、再び宿泊された時にはすっかり慣れたご様子で、一人でも多くの国民に笑顔を届けようとする雅子さまのお気遣いを感じました」(常務執行役員・赤坂勝さん)

 令和への改元を記念して来訪時のメニューを再現した『ロイヤルディナーコース』を提供中だ(8/31まで)。

「少しでもおふたりの時間を楽しんでいただきたく、あえて給仕をつけない前沢牛のしゃぶしゃぶをメインディッシュに」(赤坂さん)

■鳥羽国際ホテル (ご滞在日:平成6年7月20日) 住所:三重県鳥羽市鳥羽1-23-1

 皇族方をはじめ、国内外の賓客を迎えてきた歴史を誇る国際ホテル。「天皇陛下は、皇孫時代から数えて4度利用されています」(竹内さん)。両陛下は、風光明媚な鳥羽湾の絶景を臨む『インペリアルスイート』に宿泊された。

 新元号「令和」を記念して、伊勢えびやあわび、松阪牛などロイヤルファミリーに愛されたメニューを堪能できる特別コース『ロワイヤル』を提供中(要予約)。

 館内ギャラリーでは、伊勢神宮の写真と共に、昭和39年の創業以来利用してきた賓客の貴重な写真の展示も。

※女性セブン2019年8月22・29日号

関連記事(外部サイト)