リゾートホテル活況の沖縄 人手不足でスタッフ争奪戦も

リゾートホテル活況の沖縄で深刻な人手不足 ホテル求人の時給を上乗せして争奪戦も

記事まとめ

  • 沖縄でホテル開業が相次ぎ、恩納村だけでも2013年の19軒が、2017年には96軒と5倍に
  • そうした華やかな沖縄ホテル活況の裏で問題となっているのが“人材の確保”だという
  • 都市部の那覇でも人材の奪い合いが起き、求人の時給を上乗せする施設もみられるそう

リゾートホテル活況の沖縄 人手不足でスタッフ争奪戦も

リゾートホテル活況の沖縄 人手不足でスタッフ争奪戦も

リゾートホテルを中心にホテルの新規開業が相次ぐ沖縄

 お盆休みを利用して、沖縄のビーチで夏を満喫した人も多いだろう。国内では不動の人気リゾート地である沖縄だが、近年、増え続けるリゾートホテルで深刻な人手不足問題が起きているという。ホテル評論家の瀧澤信秋氏が内情をレポートする。

 * * *
 ホテルの開業が相次ぐ沖縄。特に、自然豊かな北部方面のリゾートホテル進出は顕著になっており、恩納村だけでも2013年には19軒だったのが、2017年には96軒と5倍に増えた。

 今夏も7月10日に「ロワジール?リビングスイーツ 瀬良垣」が開業。全室キッチンやランドリーを備えるコンドミニアムタイプが特徴で長期滞在を提案している。

 また、同月26日にはハワイの老舗ホテルが創業100年にして初の海外進出となる「ハレクラニ沖縄」をオープンさせた。ハレクラニの開業は2019年のホテルトピックのひとつとして全国的な注目を浴びている。全360室すべてオーシャンビュー、5つのプールを備え多世代の取り込みを狙う。

 しかし、そうした華やかな沖縄ホテル活況の裏で問題となっているのが“人材の確保”だ。

 前出のハレクラニほどのクオリティホテルとなれば、人材教育に加えて、質の高いスタッフがスタンバイしていることは大前提になる。そこで、同ホテルでは施設近くに従業員が寮として利用できる単身用マンションを用意したという。

 複数の現地ホテル関係者を取材すると、「最近、高級リゾートホテルを中心に優秀なスタッフの退職が相次いだ」という声が複数聞かれた。規模の大きいホテルが開業したからといって、自然と従業員が溢れ出てくるわけではない。特にハイクラスのリゾートホテル開業ともなれば、能力あるスタッフの奪い合いになることは目に見えている。

 さらに“2年の法則”を教えてくれたホテル関係者もいた。海や自然にあこがれてリゾートホテルへ就職するが、街へ戻りたいと2年ほどで退職する者が多いのだという。ホテルのスタッフ問題はゲストの増減に直結するともいわれるだけに、ホテル側の悩みは深い。

 リゾートばかりではない。沖縄の中心街である那覇は、宿泊特化型ホテルが増加してきたイメージだが、国際通りに面した立地にもフルスペックホテルの開業が控えている。沖縄でも都市部の那覇や周辺エリアであれば人材確保はそこまで難題ではないだろうという想像に反し、中心部でも人手不足の実態は深刻だ。

「リゾートと比べてスタッフが自宅から通えるなど確かに利点はあるが、ホテルの人材確保は同業との奪い合いだけでなく、商業施設などもライバルになってきた」

 と話すのは、地元ホテルの人事担当者。近年、那覇では大型商業施設の開業が相次ぎ外国人旅行者にも人気だが、ここでも人材の奪い合いが起こっており、ホテル求人の時給を上乗せする施設もみられるという。

 もちろん、ホテル施設に限らず全国的にサービス業全般で人手不足が叫ばれているが、中でもホテルは“ハード・ソフト・ヒューマン”といわれる通り、ことさらヒトが重要になってくる。

 全国各地ホテル活況華々しいエリアでいえば、京都のホテルは供給過剰という話が業界内で話題になることが多く、当然スタッフ不足の深刻さも相当だ。ただ、京阪神エリアは大阪から来てもらうなど方策はある。しかし、沖縄の場合は気軽に東京や大阪から来てもらうのはなかなか難しい。

 また、このままホテルが増え続ければ、沖縄も供給過剰になってくる恐れはあるだろう。

 一般的に沖縄のホテル運営は数字が立てやすいといわれる。沖縄へのアクセスはほぼ飛行機になるため、便数・座席数から来訪者が予測できるからだ。那覇空港で現在建設中の第2滑走路完成まで来訪者の急増はないとされている。また、台風被害も多いエリアであるだけに“台風予算”もあり、そうしたリスクも織り込み済みだ。

 いまのところ理論上はまだ数千室が不足しているという概算だが、激安宿や民泊の急増、経済問題、国際問題も懸念材料と不安を語るホテル関係者は複数いた。

 近年はインバウンド需要で外国人観光客も沖縄のホテル活況を後押ししてきたが、その状況も雲行きが怪しくなり、リスクが顕在化してきたと危惧する声もある。さらに航空運賃にレンタカー代も必須という沖縄観光。国内の旅行客にとっては10月に予定される消費税の増税は忌避の理由になりかねない。

 そのような中、リゾートホテルをはじめ都市型ホテルでも特徴的な動きが出てきた。

 ファミリー層から絶大な支持のある「ルネッサンス リゾート オキナワ」では、2019年10月から2020年5月までの間、客室、ロビー、ブッフェレストランの改修工事を行う。中でも客室は全377室のうち354室に手を入れる開業以来の大改装となり、11月から2月までは全館休業。より非日常感とリゾート感を追求する差別化により、三世代、多彩なゲストに支持される質の高いハードを目指すという。

 沖縄ならではのリゾートが本来持つ非日常感やラグジュアリー感を前面に出し、ターゲットを絞るホテルも存在感を放つ。7月20日に読谷村へ開業した「グランディスタイル 沖縄 読谷 ホテル&リゾート」は“大人限定のラグジュアリーリゾート”を謳う。「沖縄を美しくしなやかに遊ぶ」をテーマにゲストは16歳以上限定だ。併設されたインフィニティプールと“4つの食”を満喫できるレストラン&BARが大人のリゾートといった雰囲気を醸し出す。

 客室は約50平方メートル〜79平方メートルで全室ツイン仕様。全54室というきめ細やかなサービスを意識した規模で、余裕あるライフスタイルの大人をターゲットにする。リゾートホテルといえば、ビーチサイドに圧巻のハードを売りにするホテルも多いが、少し奥まった立地にして、自然の風がホテルを抜けるような繊細でいてナチュラルな雰囲気に包まれているのは、沖縄リゾートホテルの新たなアンチテーゼといえるかもしれない。

 一方、那覇の都市型ホテルでも新たな動きが起きている。1975年の開業で、皇室をはじめ地元の政財界に利用されてきたことでも知られる「沖縄ハーバービューホテル」が「ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー」からリブランド、当初の名称である“ハーバービューホテル”へ戻った。

 特徴的なのは、新たなホテルのコーポレートイメージともいえるロゴに開業当初のものを採用したことだ。そもそもは米軍の将校クラブがあった場所の跡地に作られたホテル。歴史、伝統、格式というワードで往時を知る人々の間では“お帰りなさい”ムードが満ちている。

 40年余年の間にはリニューアルされたこともあったが、いまとなっては古い外観にして館内も旧さも否めず、肝心の“ハーバー”は一部からしか望めなくなった。とはいえ開業当時のロゴへ戻ったことを歓迎する声は強い。総支配人に就任した齊川慶一氏は1981年に沖縄全日空リゾートへ入社してから、主に沖縄ホテル業界をみつめてきた人物だ。

「沖縄を取り巻く環境が急激に変化し続ける中にあって、伝統と格式を誇るホテルとして地元のゲストはもちろん、多様化するお客様のニーズにもしっかり対応できるホテルにイノベーションを図っていく」(齊川氏)

 実はこのリブランドに際しては、当然のことながら宿泊予約システムの変更や、レストラン・宴会予約システムの更新に加え、ロゴをはじめとするブランドの刷新など幾多の困難を乗り越えなければならなかった。齊川氏自身陣頭指揮を執りながら運営本部スタッフの支援活動を推進、現地スタッフ協力のもと3か月で成し遂げことは奇跡的と話題になっている。人材不足に喘ぐ沖縄ホテル業界にあって、齊川氏が長年築いてきた人脈や信頼がなせる技だったのだろう。

“足りないから作る”を繰り返してきたホテル業界であるが、装置産業であり投資を続けなければならないのもまた宿命だ。果たして沖縄のホテルは、質の高い人材確保やゲスト思いの独自価値を打ち出し続けることができるか。

関連記事(外部サイト)