アマゾン物流センターにジャーナリストが15年ぶりに再潜入

アマゾン物流センターにジャーナリストが15年ぶりに再潜入

再潜入で見えたものは?

 スーパー、家電量販店、コンビニ……日本が築き上げた独自の小売りビジネスを、たった1社が呑み込もうとしている。いまやネット通販の枠を超え、「世界最大の小売り企業」となったアマゾンである。日本でも「アマゾンに業界が壊される」「行政が規制するべきだ」などの脅威論が叫ばれているが、その実態を知る者はあまりに少ない。かつてアマゾンに潜入取材したジャーナリストの横田増生氏が、再び内部に潜入。末端のアルバイトとして働くことを通じて、巨大企業の光と影に迫った。

 * * *
「とてつもなく大きくなったなぁ……」と気圧されるような思いに陥ったのは、2017年10月14日のことである。私がアマゾンの物流センター内部に足を踏み入れるのは15年ぶり。再度潜入した先は日本で一番大きな小田原の物流センターだった。そこでピッキング作業を開始したときの第一印象である。ピッキングとは、顧客が注文した商品を指示に従ってセンターの中から探してくる作業のこと。前回も同じだった。ただし、取り扱う商品は多種多様になった。かつてはほとんどが書籍だったが、今では、文房具から車用品、おもちゃや美容品まで、ありとあらゆる商品が、棚の中に詰め込まれていた。

 私が『潜入ルポ アマゾン・ドット・コムの光と影』を書くため、2002年の年末から約半年にわたり潜入したのは、千葉県の市川塩浜の海辺にある物流センターだった。2005年に書籍を出版したときまで、日本ではアマゾンジャパンに関するまとまった情報がほとんどなかった。私は約半年、アルバイトとして働きながら、物流センター内の作業工程や内部のレイアウト、人間模様などを細かく観察した。アルバイトの時給は900円で、契約は2か月ごとの更新という条件だった。

 書籍では、アマゾンがほとんどだれにも気づかれず急成長をつづけているのに加え、その労働現場にはアマゾン社員を頂点とした“カースト制度”にも似た階級づけがあることも指摘した。アマゾン社員の次には現場を仕切る日本通運、そして最下層には時給900円で働くアルバイト。ルポライターの鎌田慧が1970年代、期間工としてトヨタ自動車に潜入して書いた『自動車絶望工場』と比べ、私はアマゾンとの違いについてこう書いた。

「トヨタの工場が『絶望工場』たりえたのは、当時はまだそこに“希望”があったからにほかならない。おそらくそれは、工員でもいいから大企業の社員となれば一生家族を養っていくことができる、という希望だろう。アマゾンのような職場にはそんな希望さえ求めることは難しい。この“希望”の有無こそが、トヨタとアマゾンを隔てる決定的な違いである」

 15年ぶりの再潜入は、アマゾンの物流センターには未だに希望がないことを、この目で確認するために行なった。その当時、アマゾンが日本国内に持つ物流センターは市川塩浜の1か所だけだった。2階建てで、延べ床面積は約1万6000平方メートル。それに比べ、今回潜入した小田原の物流センターは、2013年稼働で、5階建てで延べ床面積は約20万平方メートル。1階ごとの床面積では市川塩浜が8000平方メートルに対して、小田原は4万平方メートル。実に5倍である。加えて、小田原以外にも10か所以上の物流センターが日本中で稼働している。現在、すべてのアマゾンの物流センターの延べ床面積を合計すると、70万平方メートルを超え、日本での立ち上げ時期と比べ、50倍以上の面積となっている。私が潜入した当時、同社がここまで成長するとは、だれも想像しえなかっただろう。

 2002年当時のアマゾンの日本での売上高は約500億円(推定値)。それが2018年の売上高は、1兆5180億円(138億ドル)。30倍以上に成長した。国内の小売業者の売上高ランキングでいえば、5位のユニー・ファミリーマートHDを抜き去るまでに成長している。

 アマゾンは、小田原センターの広さを「東京ドーム約4個分」と表現している。それと比べると、市川塩浜のセンターは、せいぜい「小学校の体育館1個分」。どれぐらい違うかといえば、市川塩浜の場合、朝礼で顔を合わせたアルバイト仲間とは、1日のうちに何度も棚の間で行き違い顔を合わせた。しかし、小田原の場合、朝礼で顔を合わせたアルバイトと、そのあとの作業中に顔を合わせることはほとんどない。みんな広いセンターの中を散り散りになって、それぞれの作業に没頭する。小田原のセンターで働いているアルバイトは、通常1000人ほど。ホリデーシーズン前はそれが2000人に膨れあがる。

◆バイトがバイトを管理

 アルバイト初日、送迎バスに乗って午前8時半すぎに物流センターに到着する。私のシフトは午前9時から午後5時までで、拘束は8時間だが、45分の昼食時間と15分の休憩が2回あるので、実労働は6時間45分となる。時給は1000円で、15年前と比べると100円上がった。1階のロッカーのある更衣室で着替え、所持品をロッカーに入れてから、作業場に向かう。作業所内に持ち込みが許されるのは、メモ帳やボールペン、財布や腕時計ぐらいである。うるさいほど注意されたのは、携帯電話の持ち込みが厳禁であること。うっかり持って入ったら、警備員が携帯電話のなかの私的な写真や動画、メールの内容や電話番号などを全部確認して、問題がないと判断した上でないと返却されない。返却までに2、3日かかることもあるという。携帯電話内の情報を見せることを拒めば、その場で解雇となる。15年前と違い、今は携帯電話さえあれば、物流センター内のレイアウトや作業風景を写真や動画に撮って、外部に流すこともできる。しかし、アマゾンにとって物流センター内は、すべて企業秘密に相当する。

 4階の作業現場に行くと、青のビブス(ゼッケン)に《リーダー》と書かれた40代のおかっぱ頭でメガネをかけた女性が、作業初日のアルバイト約10人を集めてこう言い放った。

「PTGで85%以上は必達の目標値です。皆さんは作業開始の10日後にはこの数値が75%に達するよう努力して下さい。目標値を超えられない場合、われわれリーダーと、どうすれば生産性が向上するのかという話し合いを持たせていただきます」

 偉そうに語るこのリーダーとは何者なのか。アマゾンの作業現場には、「ワーカーさん」と呼ばれる私のような一番下っ端のアルバイトがいて、その上が《トレーナー》、さらにその上に《リーダー》がいる。一番上となるのは《スーパーバイザー》である。全員で400人いるピッキングのアルバイトのうち、トレーナーが20人、リーダーが10人、スーパーバイザーが5人といった感じか。いずれも時給で働くアルバイトに過ぎない。時給は「ワーカーさん」が1000円とすると、トレーナーは1050円、リーダーは1100円、スーパーバイザーは1200円──という程度だ。いずれも派遣会社と半年契約を結ぶアルバイトであり、アマゾンとの直接の雇用関係はない。要は、同じアルバイト同士である。そのアルバイトに序列をつけ、アルバイトがアルバイトを管理するようになっている。

 おかっぱ頭のリーダーが語るPTGとは《パーセンテージ・ツゥー・ゴール》の略語である。ピッキング作業にはモトローラ製のハンディー端末を使うのだが、ピッキングのたびに、「次のピッキングまであと何秒」という表示が出る。たとえば、100回のピッキングで、100回ともハンディー端末が指示する時間通りにピッキングできれば、PTG100となる。その時間を、5回上回ればPTG105となり、5回下回ればPTG95となる。ここでは毎日、アルバイト全員の名前と順位、PTGの数字が一覧表となって張り出される。私は何度も、自分の名前を見つけようとしたが、自分の名前をランキングに見つけることは一度もできなかった。ただ、アルバイトの作業が常に見張られており、作業が目標に達しないと叱責されるという点は、以前と変わらないんだなぁ、と思った。

◆秒単位で見張られる

 リーダーの簡単な説明の後、アルバイトは各自、ハンディー端末を使ってピッキング作業をはじめた。ハンディー端末の上半分には画面がついており、その下半分には、1から10までの数字と、アルファベットなどのボタンがついていた。前回の潜入時には、100件ほどの注文が紙に印刷された《ピッキング・スリップ》と呼ばれる用紙を手に持って、そこに印刷してある商品を探してきた。手作業だったのである。

 現在は、まず、カートの上に緑色のトートと呼ばれるプラスチック製の折り畳み式のカゴを乗せる。トートに貼ってあるバーコードを端末で読み込むと、作業開始である。端末の画面上にピッキングすべき商品が表示される。「P-4 A241 C448 キジマ ボルトセット」──ピッキングの作業で重要なのは1行目である。

 P-4というのは、4階を指す。2階から5階までの各階は、AゾーンからHゾーンに分けられている(1階は、入出庫と梱包用のスペースであるため商品は在庫されない)。次の「A241」は、Aゾーンの241番目の棚を意味する。各列には、下からAからJまでの棚がある(棚によって若干の違いがある)。この場合の「C448」ならば、棚の下から3番目である。その「448」番目の間仕切りに自動車部品のキジマ社製のボルトセットが入っているという意味だ。

 そのビンの中に入っているいくつもの商品の中から、ボルトセットを探し出し、端末でその商品に貼ってあるバーコードを読み込む。ピッキングした商品が正しければ、緑の画面のまま、次にピッキングする商品が表示される。間違った商品のバーコードを打ったら、「ピーィピーィピーィ」という甲高い警告音とともに、「商品が間違っています」という赤い画面に切り替わり、正しい商品を探すまで、次の作業には進めない。つまり、端末を持った作業では、ピッキングでの間違いは起こりえない。人為的な作業ミスが極力発生しないようになっている。ハンディー端末がなかった15年前、このピッキングミスが物流センターの作業効率を大きく落としていた。

 ボルトセットを正しくピッキングした後に出てきた商品は、「P-4 A241 A347 神田食品研究所 無糖レモン1・8L」という飲料水である。スキャナーの商品表示の下には、常に「次のピックまで○○秒」という文字が現われ、残り時間を表示する横棒が段々と短かくなっていく。たとえば、ボルトセットの「A241 C448」と無糖レモンの「A241 A347」は、同じ棚なのだが、ビンが違うということである。こうした場合、「次のピックまで15秒」というように表示され、1秒ごとに、横棒が右の15秒から左の0秒に向かって縮んでいく。これが女性のリーダーが言ったPTGに使われる数字だ。

 次の場所までの距離によって、「20秒」「45秒」「1分30秒」など様々な数字が表示される。15年前のピッキングの目標は、「1分で3冊」(当時は書籍しかなかったため)という大雑把なものだったが、今は移動距離が反映されている分、より正確になったともいえる。しかし、アルバイトの視点からすると、見張られる精度が、秒単位になったという窮屈な気持ちになる。毎回のピッキングのたび、早く作業をしろ、と尻を叩かれている感じだ。しかし、その時間内に次の商品をピッキングすることはほとんど不可能に思えるほど、その設定時間は短い。

 次に出てきた商品は、「P-4 A251 D185 キャリアウーマン ブルゾンちえみ おかっぱ かつら ブラウス スカート メイク シール ネタ帳付き 5点セット コスプレ用 小物 男女共用」──これは、10月末のハロウィンのための仮装パーティー用であろう。

 トートが満杯になれば、《F(Finishの意味)》を押してから、《Enter》ボタンを押した後、ベルトコンベヤーに流し、新しいトートをスキャンする。11時45分から12時30分までのお昼休憩を挟んで、午前中と同じ単純作業の繰り返しである。

◆1日2万5306歩=20.24km

 午前中の作業が終わっただけで、すでに私の足は重く感じていた。ピッキングのとき、カートを押して歩いているというより、カートに体重を預けながら、カートに引きずられるように両足を前後に動かしている感じだ。

 このアルバイトでどれだけ歩いたのかを正確に計るため、アマゾンで万歩計付きの時計を買っていた。その万歩計で計ると、午前10時台の休憩までに6256歩で、5.00キロを歩いた。昼食の休憩までには1万593歩で、8.47キロ。このあたりから、ふくらはぎが痛くなってきた。この日、午後5時に上がった時の歩数は2万5306歩で、距離は20.24キロだった。アルバイトをはじめるまでの10日間ほど、毎日数キロ歩いて、足慣らしをしていたつもりだったが、ピッキング作業をしながらの20キロはさすがに堪えた。息も絶え絶えである。

 最初の潜入取材でも、おそらく同じぐらいの距離を歩いたのだろう。しかし、当時は30代だった私も、今では50代。年老いたというほどではないが、もう肉体労働の現場に潜入するほど若くはないのかもしれない、と痛感した。消費者がアマゾンで注文した商品を翌日に受け取ることができるのは、こうした現場の厳しいノルマと密接に関係している。

 消費者が、アマゾンの画面で《注文を確定する》をクリックすると、その注文は、いったんはアメリカのアマゾンのサーバーに飛んでいく。そこを経て、届け先から近い日本国内の物流センターに割り振られる。物流センター内で、ピッキング指示がハンディー端末を経由してアルバイトに伝えられる。注文した商品は数時間以内にピッキングされる。ピッキングされた商品は、ベルトコンベヤーに載って、1階の梱包・出荷エリアへと向かう。ここでも商品は短時間で梱包され、アマゾンの物流センターから宅配便業者の中継センターへと運ばれる。

 注文した日の夜、宅配便業者のセンターで、商品は地域ごとに細かく仕分けられる。届ける住所をカバーする宅配便センターへと商品が運び込まれるのは、注文の翌朝となる。配達員が朝から1日かけ、その荷物を届けることで、アマゾンの翌日配送は成り立っている。

●よこた・ますお/1965年福岡県生まれ。関西学院大学を卒業後、予備校講師を経て、アメリカ・アイオワ大学ジャーナリズム学部で修士号を取得。1993年に帰国後、物流業界紙『輸送経済』の記者、編集長を務める。1999年よりフリーランスとして活躍。主な著書に、『潜入ルポ アマゾン・ドット・コムの光と影』『仁義なき宅配』『ユニクロ潜入一年』など。

※週刊ポスト2019年8月30日号

関連記事(外部サイト)