軽減税率Q&A ミネラルウォーターは8%、水道水は10%

軽減税率Q&A ミネラルウォーターは8%、水道水は10%

レジの対応は大丈夫?

 10月1日から消費税が10%に引き上げられる。ただし、今回は軽減税率が適用されるものもある。何が8%で、どれが10%になるのか。

 国税庁「消費税の軽減税率制度に関するQ&A(個別事例編)」、各業界の個別企業、犬山忠宏氏(税理士)、丸山晴美氏(節約アドバイザー)、森田悦子氏(ファイナンシャルプランナー)への取材結果をもとに、細かい事例をQ&Aで紹介する。

Q:飲食店での外食の会計時、レジ前のお菓子を買ったら?
A:お菓子だけ軽減税率で8%

Q:電車の車内でのワゴン車販売の飲食物の税率は?
A:8%。ただし列車内食堂は10%

Q:映画館の売店で鑑賞中に飲むコーラを買ったら?
A:持ち帰り扱いとなり8%

Q:カラオケ店で歌いながら飲むコーラを注文したら?
A:外食扱いとなり10%

Q:ホテルの冷蔵庫の中の飲み物の税率は?
A:8%。ただしルームサービスは10%

Q:外食は10%、持ち帰りは8%。そばの出前や宅配ピザは?
A:8%。ただしケータリングは10%

Q:遊園地の売店で買った食べものは軽減税率?
A:食べ歩きなら8%。店の管理するベンチなどで食べると10%

Q:味噌汁付きの宅配弁当。業者が配達先で味噌汁を器に注いで取り分けたらケータリング扱いで税率10%になる?
A:取り分けるだけならケータリングにはならず、軽減税率適用で8%

Q:学校給食の給食費の税率は?
A:8%。ただし学内食堂は10%

Q:病院食は軽減税率が適用される?
A:消費税非課税なので0%

Q:氷を買う時の税率は?
A:8%。ただし保冷用は10%

Q:ミネラルウォーターは軽減税率で8%。では水道水は?
A:水道料金の税率は10%

Q:酒は軽減税率の対象外で10%。みりんや料理酒は?
A:本みりんは10%。みりん風調味料(アルコール分が1度未満のもの)は8%

Q:ペットフードも食品だから軽減税率が適用される?
A:適用されない。税率は10%

Q:ペットフードを「人間の食用」と言い張れば軽減税率が適用される?
A:適用されない。税率は10%

Q:いちご狩り、梨狩りなどの入園料の税率は?
A:10%。ただし、収穫した果物などを別料金で持ち帰るならその販売分のみ8%

Q:バーベキュー場で食材代を支払う場合、軽減税率になる?
A:適用されない。税率は10%

Q:ハンバーガー店のセット商品。「ドリンクだけ店で飲んでいく」と言ったら、ハンバーガーとポテトは軽減税率になる?
A:適用されない。セットの代金に対して税率10%が課される

Q:飲食品が選べるカタログギフトの税率は?
A:10%

Q:飲食品のお土産がつくパック旅行代金の税率は?
A:10%

Q:屋台のおでん屋やラーメン屋の税率は?
A:持ち帰りは8%。飲食用設備があれば10%

Q:スーパーの休憩スペースで食べるために買った商品の税率は?
A:外食扱いとなり10%

Q:スーパーのアルバイトが店舗の商品を買って、休憩中にバックヤードで食べる。商品の税率は?
A:持ち帰り扱いとなり8%

Q:スポーツ紙や英字新聞も軽減税率が適用される?
A:週2回以上発行で定期購読なら8%

Q:コンビニで新聞を買うと軽減税率が適用される?
A:定期購読以外は10%

Q:電子版の新聞も軽減税率が適用される?
A:適用されない。税率は10%

Q:紙と電子版の新聞のセット料金はどうなる?
A:電子版の料金分のみ税率10%になる

Q:週2回発行新聞。休刊日がある週は軽減税率にならない?
A:通常時が週2回であれば8%になる

※週刊ポスト2019年9月6日号

関連記事(外部サイト)