アマゾン巨大倉庫 男子トイレに「おむつは流すな」の張り紙

アマゾン巨大倉庫 男子トイレに「おむつは流すな」の張り紙

神奈川県小田原市に新設されたアマゾンジャパンの物流拠点(写真/共同通信社)

 日本市場を制圧した“巨大企業”の内実に迫るべく、ジャーナリストの横田増生氏は「東京ドーム4個分」の広さを誇るアマゾンの小田原物流センターに潜入した。注文された商品を倉庫から探し、梱包・出荷エリアに受け渡すピッキングという作業に時給1000円で従事した著者が目撃したのは、2000人ものアルバイトたちが置かれた過酷な労働環境だった。

 * * *
 アマゾンの小田原物流センターでは、9時ちょうどから朝礼がはじまる。アルバイトの大半は、遅刻を恐れ、5分前になるとあらかた集合している。リーダーの男性が、マイクを持って話す。

「昨日、川崎で左手を20針も縫う重大事故が発生しました」として、事故の模様の詳細と、どうすれば事故が防げるのかについて説明した。梱包時に、段ボールカッターで梱包材を強引に切ろうとしたため、カッターの先端部分が折れ、その勢いで梱包材を押さえていた左手を切って、縫ったという。

 そのあとで、「昨日の成績は、PTGの平均は81%でセッション率は80%でした。PTGとセッション率は、いずれも目標に達していませんので、目標を達成するよう努力して下さい」とつづけた。

 PTG(パーセンテージ・トゥ・ゴール=「次のピッキングまであと何秒」の指令をクリアした割合)はピッキングの目標値であるという説明は、アルバイトの初日に聞いていたが、セッション率とは何か。もちろん、こうした作業現場では、細かい説明を求められる雰囲気ではない。詰所に張り出された、前日のピッキングのランキング表を熱心に見ていた女性のアルバイトに訊いてみた。

「セッション率? 私もよく知らないのよ。このセンターの立ち上げ直後からずっと働いているんだけれど、一度も説明してもらったことはないわね」という返事だった。

◆「おサボリ見ています」

 そのあと、別の階で作業をしているとき、張り紙を見つけてその意味がわかった。セッション率を説明する張り紙には、「あなたのおサボリ見ています!!」という見出しがついていた。

「セッション率とは、稼働時間から朝礼・15分休憩・移動時間を差し引いた純粋な稼働時間のことです。基準時間を算出すると、セッション率86%以上が適正値となります。セッション率異常者は、作業履歴を確認してヒアリングをさせて頂きます」

 ピッキングの数が少ないだけでなく、ピッキングしている時間が短いと、「サボっている」とみなされヒアリングの対象となるのだ。

 最後に簡単な体操をして朝礼は終わり。それぞれ担当の階に散らばっていく。

 アルバイトにとって、物流センターのノルマ以上に大切なのは、休憩の時間。そのお昼の休憩時間が、4階の詰所から2階の食堂までの距離が遠いので、削られるという悩みをアルバイトは抱えていた。

 この日も、朝礼の前に同じ日に働きはじめた40代の女性が私に話しかけてきた。

「ちゃんとお昼ご飯食べられています? 私は、4階の詰所から2階の食堂まで往復するのに10分は取られるから、その分、お昼ご飯を食べる時間が短くなっちゃって、困っているの」

 おそらく地元の主婦ではないかと思われる彼女はそう嘆く。「何をおおげさな」と思われるかもしれない。しかし、小田原の物流センターは、「東京ドーム4個分」の大きさに匹敵する。移動には時間がかかるのだ。

 作業の開始と、お昼休み前、最後の終了時には、4階の詰所にハンディー端末を返却しなければならない。また、休憩の前と後にもIDをスキャンして、休憩時間の記録を残す必要もある。その4階の詰所は、物流センターのほぼ中心部分にあって、そこから、四隅のうちの1か所にある階段まで移動して2階の食堂に降りていく。片道5分は十分にかかる。それほど、このセンターは大きいのである。

 本来45分あるお昼の休憩時間が、実質35分になる。これではゆっくりお昼ご飯を食べることができない、というのが、先の女性の主張だ。これは彼女だけの不満ではなく、その後に出会った、小田原のセンターで働く多くのアルバイトから、異口同音に憤りをもって語られた。

 私はその日、4階のピッキングからスタートした。

 私が何度目かのトート(折り畳み式のカゴ)をベルトコンベヤーに流した後、10時半過ぎに、車椅子に乗った女性のアルバイトが、救急隊員に車椅子を押され、出口へと向かっている光景に出くわした。女性は40代ぐらいにみえた。作業中にケガをしたのだろうか、それともめまいや頭痛が起こったのだろうか。見ているだけでは、もちろんわからない。加えて、後日の朝礼でも一切説明がなかった。

 その後、5階のピッキングとなって、はじめて書籍とCDの置かれた一角に身を置いた。ほかの商品と比べると、書き手である私にとっては書籍をピッキングする方が楽しい。どんな商品も取り扱う“エブリシング・ストア”となった現在のアマゾンの商品のうち、書籍や雑誌の占める割合は、目測で約1割といったところか。

 この日、ピッキングした商品は以下のようになる。

『依頼人』/『猫医者に訊け!』/『賢者の書』/『綺麗なハダカ 今宮いずみ』(DVD)/『あなたも落語家になれる』──など。

◆1日23キロ歩く

 この日のお昼休憩は、正午から12時45分まで。2階の食堂は、窓が広く取られ、軽く500人は座れそうなスペースがある。私はこの日、350円のヒレカツ定食と100円のサラダを注文した。安いなぁ。食堂での安価な定食は、アマゾンのアルバイトに与えられた数少ない福利厚生である。

 昼食後、4階に戻って午後のピッキングをはじめ、3時15分から15分休憩となる。ずっしりと重たくなった足を屈伸しながら、休憩室に入ると、髪を金髪に染めた30代の体格のいい男性が先にいた。窓から雨で重たくなった雲を見ながら、

「雨がやみそうにありませんね」と私から声をかけると、「なかなかやみそうにないですね。ぼくは自転車で通っているので、雨の日は難儀するんです」という予想外に長い返事があった。これは脈ありか、と思って世間話をつづけた。話を聞かせてくれる人に出くわすと嬉しくなる。

 彼が両親と一緒に住んでいる自宅はセンターから自転車で20分ほどのところにあり、雨の日は合羽を着て自転車に乗る。働きはじめたのは、小田原センターの立ち上げと同時とのことなので、4年間働いていることになる。

 オレンジ色に黄色の縦縞が入ったビブスを着ているので、どんな意味だろうと思って訊くと、片手で引けるハンディー・パレットにトートなどを積んで必要な場所に運んだりするフィールド・コントロールという役目だから着ているのだ、という。4年間働いて時給は950円からこの10月に970円に上がったばかりだという。

 休憩後もピッキングをつづける。最後に入ってきたのは箱入り飲料水のピッキング作業。箱に入ったミネラルウォーターやペットボトルのお茶、缶ビールなど。1回ごとのピッキングでトートが一杯になり、そのたびにベルトコンベヤーまで流しに行く。合計で10回は飲料水の棚とベルトコンベヤーを往復しただろうか。飲料水の重さと作業効率の悪さが、疲れを倍増させた。

 この日の万歩計は、午前10時台の休憩までに6873歩で5.49km、お昼休憩までに1万2880歩で10.30km、5時に上がるときには、2万8761歩で23.00km。初日と比べると1日に歩いた距離が3kmほど延びている。これは、足が少し慣れてきたためなのか、それとも作業に慣れてきたためだろうか。

 などと1階のロッカーで考えながらメモをしていたら、長椅子の隣に座っている40代の男性が、声を抑えて携帯電話で話すのが聞こえてきた。

「ケアマネジャーの本村さんは、いらっしゃいますか。はい、川田です。明日、家に来ていただけるとのことなんですが、大勢の人が家の中に入ってくると母親がひどく怒りだすもので。……はい、すみません。ベッド搬入の方だけなら、問題ないと思います。どうぞよろしくお願いいたします」(名前はいずれも仮名)

 と電話を持ったまま頭を下げる。男性は、黒のポロシャツに、黒のジーパン、黒のジャケットに、黒の靴という黒ずくめの服装。年老いた母親のために介護サービスを利用しながら、ここで働いているのだろう。果たして、ここの時給だけで介護サービスの費用は間に合うものなのか。口に出せるはずもない質問を飲み込んで、私は送迎バスに向かった。

 しかし、介護が必要なのは彼の母親だけではない。

 物流センターの男子トイレの個室には、「おむつを流さないでください」という張り紙があった。

「おむつを流すことによって詰まりが発生! 利用できなくなることがあります。これ以上、続く場合は、やむを得ず、費用を請求することになりますのでご承知おきください」

 張り紙の横には、おむつを入れる専用のゴミ箱が置いてあった。つまり、この物流センターでは何らかの理由でおむつをしている人も、アルバイトとして働いているのだ。

●よこた・ますお/1965年福岡県生まれ。関西学院大学を卒業後、予備校講師を経て、アメリカ・アイオワ大学ジャーナリズム学部で修士号を取得。1993年に帰国後、物流業界紙『輸送経済』の記者、編集長を務める。1999年よりフリーランスとして活躍。主な著書に、『潜入ルポ アマゾン・ドット・コムの光と影』『仁義なき宅配』『ユニクロ潜入一年』など。

※週刊ポスト2019年9月6日号

関連記事(外部サイト)