京アニ放火被害者の父、悲しみの中取材を受ける理由

京アニ放火被害者の父、悲しみの中取材を受ける理由

長女の幸恵さんを亡くした伸一さん

「過去は振り返りたくないので、昔のことは思い出しません。でも悲しみは別です。娘が死んだという悲しみと、娘がいなくなったという寂しさが、わけのわからない感情として私の中にあります」

 8月下旬、強い日差しが照りつける兵庫県加古川市郊外にある自宅で、長女の津田幸恵さん(41才)を失った父の伸一さん(69才)は、娘の遺影と遺骨の前で言葉を絞り出した。

 7月18日、京都市伏見区にあるアニメ制作会社「京都アニメーション(以下、京アニ)」第1スタジオが放火され、男女35人が死亡、34人が重軽傷を負った。

 未曽有の惨劇で犠牲になった幸恵さんは、兄1人、妹2人の4人きょうだい。少女時代、喘息のため学校を休むことが多く、外出も控えがちな幸恵さんが没頭したのは、「好きな絵を描く」ことだった。

「中学生の頃から、机に向かってよく絵を描いていました。高校時代は『るろうに剣心』が大のお気に入りで、すでにこの頃には、将来、アニメの道に進むことを決心していたようです」(伸一さん・以下同)

 高校を卒業後、大阪の専門学校でアニメを学び、憧れの京アニへの就職が決まった。

「家内は娘が家を出ることが不安で、わざわざ家内と2人で京アニを訪れて会社のかたと話をしました。その時、家庭的な会社で社員寮があることもわかり、家内は安心したようです。

 入社した幸恵は実家に帰省するたびに表情が明るくなりました。幼い頃は病弱やったけど、声が大きくなって元気になったんです。京都でさぞかし充実した日々を過ごしているのやろうと思いました」

◆エンドロールに名前が登場するのがうれしくて

 幸恵さんが担当したのは、繊細なアニメの絵を仕上げる「着色」だ。カラーコーディネーターの資格を取得して、『涼宮ハルヒの憂鬱』『映画 けいおん!』などの京アニオリジナル作品を手がけたほか、京アニが下請けを担った『クレヨンしんちゃん』『名探偵コナン』などの人気作にも参加。

 そんな娘の活躍が両親には誇らしかった。

「テレビで放送される『クレヨンしんちゃん』のエンドロールに“津田幸恵”という名前が出るのがうれしくて、家内と毎週楽しみにしていました。名前が出てから消えるまであっという間だから、見逃さんように集中してね」

 12年前、母のC型肝炎が発覚。長く闘病生活を続けた母が移動しやすいよう、幸恵さんはコツコツ貯めたお金で自動車を買ってくれようとした。しかし母は昨年2月に逝去。残された伸一さんに追い打ちをかけたのが今回の事件だ。

「あの日、私の姉から連絡があり、テレビをつけたらあの有り様でした。すぐ幸恵に電話したけどつながらない。

 その日は会社も大混乱で安否が確認できず、翌日の朝に警察からDNA採取を求められました。

 事件から9日後にようやく幸恵と対面しました。棺に納まる娘は、亡くなった時のうずくまるような姿勢のままで、損傷がひどく本当にむごいものでした。子供らや親族には到底見せられません。見たのは私だけです。親ですから…」

 そう言うと伸一さんは、ハンカチで目頭を押さえた。伸一さんは心労を重ねながらも、できる限り取材に応じている。

「家内が亡くなった後、ひとり暮らしの私を誰より気にかけてくれたのが幸恵でした。家に帰ってくる時は私の好きな、京都のお菓子を山ほど買ってきてくれる子でした。私が取材に応じるのは、心優しい幸恵の安否を気遣う人に事実を伝えたいからです」

 大切な娘の遺骨は、母と同じ墓に入れる予定だ。

※女性セブン2019年9月12日号

関連記事(外部サイト)