首都圏の名門中高一貫校が続々と高校募集を停止する理由

首都圏の名門中高一貫校が続々と高校募集を停止する理由

高校募集停止や共学化など中高一貫校の形態は様変わりしている(写真はイメージ)

 中高一貫校で高校募集を停止する学校が相次いでいる。今年の成城に続いて、2021年には本郷が、2022年には豊島岡女子学園が高校募集をしないことを発表した。安田教育研究所の安田理氏が、都内有力校の高校募集停止から見えてくる最近の高校受験事情をレポートする。

 * * *
 本郷、豊島岡女子学園と続くことで話題になっている高校募集停止だが、じつはこの6年間だけでも多数ある。2014年には京北学園白山、高輪、2016年には東京学園、2017年には東邦大学付属東邦、2018年には開智日本橋(日本橋女学館)と三田国際学園(両校とも帰国生入試は残しているが)が高校募集を停止している。

 完全中高一貫校になるケースが多いが、京北学園白山は目下、閉校の状態。東京学園はドルトン東京学園中等部として再開している。

 中高一貫校が高校募集を閉じる主な理由は、以下の3つが考えられる。

 まず、完全中高一貫校のほうがブランドイメージが高いと考えられている。東京、神奈川の男女御三家12校のうち、高校で募集しているのは開成のみという状況がそれを象徴している。

 そのほか、完全中高一貫校を目指すのは、中入生と高入生がいると、

「カリキュラムが2本立てで複雑になり、負担が大きい」
「特に数学で、高入生が追いつくことが大変」

 などの理由が挙げられる。特にこの時期に発表が重なったのは、新しい科目が増える新学習指導要領に対応したカリキュラムを作るうえで2本立ては難しいという背景がある。

 また、大学入試で今後AO(「総合型選抜」に名称が変わる)や推薦(「学校推薦型選抜」に名称が変わる)の募集枠が広がることを考えたとき、生徒にいろいろな経験を積ませるためにも6年間は必要だという判断が働いたものと思われる。

 一方で、中学入試では大人気の学校も高校入試ではそれほどでもないという事情もある。

 高校募集停止に踏み切った成城、本郷、豊島岡女子学園の高校入試結果(別掲表/成城は2018年、その他2校は2019年)を見ると意外に思われるかもしれないが、3校とも募集人員を上回る多くの合格者を発表している。

 高校入試では公立高校(都立の進学指導重点校など)を第一志望とする受験生が多いこと、さらに近年は共学の大学付属校を志望する受験生が増えていることがこうした数字の要因になっている。

◆都立でも高校募集を閉じる

 高校募集を閉じるのは私立だけではない。都立でも併設型中高一貫校の5校が高校募集を閉じる。スケジュールは以下の通り。

【2021年度】
富士高校・附属中学校、武蔵高校・附属中学校
【2022年度】
両国高校・附属中学校、大泉高校・附属中学校
※白鴎高校・附属中学校については施設の関係もあり2021年度以降のみ決定

 都立の併設型中高一貫校の高校募集は、募集人員が男女それぞれ推薦8、一般31と少ないため応募も少なく、低倍率が続いていた。そのため、高校募集を停止し、中学募集に振り分けることになった。

 高校募集停止は2クラス分だが、教室数の関係から中学募集増は1クラス分となる(2クラス×3学年=1クラス×6学年)。この5校についても今年の入試結果を見てみると、一般(一次)入試は軒並み1倍台、それも前半である。

 併設型中高一貫校は中学からの内進生が多数派なので、高校受験生からは、「人間関係が出来上がっていて、それに溶け込むのが大変そう」「勉強面でも先取りしていて、追いつくのが大変そう」「部活、行事などの面でも、出来上がっているところに入りにくい」といった理由で敬遠されるのである。

 都立の併設型中高一貫校の高校募集停止の理由は、高校では受験生が集まらないからと考えていいだろう。

◆あえて高校募集を再開する学校も

 逆に、完全中高一貫校だった学校が高校募集を再開する動きも多数ある。中学入試は、公立中学が存在するのにわざわざ高い学費をかけて入学する世界である。5年連続で中学受験人口は増えているといっても、首都圏の国私立中学受験率は16%程度である。これは、受験してもらう学校にとっても厳しい市場競争の世界である。よほど公立を凌駕する魅力がなければ受けてもらえない。

 一方、高校入試は中学卒業生のほとんど(96%程度)が受ける世界。なおかつ中学卒業生が減少すれば、各県とも教育委員会は公立高校の募集人員を縮小する。したがって、ある程度の募集人員は満たせるのである。経営的にも安定化が見込まれる。そのため中学入試で十分集め切れなかった学校が高校募集を再開する動きも目立っている。

【2017年度】
麹町学園女子、聖ヨゼフ学園
【2018年度】
中村(国際科のみ)、和洋九段女子(グローバルコースのみ)、捜真女学校、横浜富士見丘学園
【2019年度】
関東学院六浦
【2020年度】
中村(普通科も)、聖セシリア女子

 関東学院六浦以外はいずれも女子校である。高校受験では「共学の公立高校を第一志望にしている受験生は併願校も共学校を選びやすい」「幼稚園(保育園)・小学校・中学校と共学で育ってきているだけに、女子校選択は例外的になりやすい」といった状況にある。

◆共学化も多数

 上で述べたように高校受験では共学志向が強いので共学化の動きも中学受験以上にある。女子校から共学校へと生まれ変わった学校を紹介しよう(カッコ内は旧校名)。

【2015年度】
三田国際学園(戸板女子)
【2017年度】
新渡戸文化
【2018年度】
武蔵野大学附属千代田高等学院(千代田女学園)、文化学園大学杉並、青山学院横浜英和、法政大学国際(法政大学女子)、浦和麗明
【2019年度】
横浜富士見丘学園
【2020年度】
品川翔英(小野学園女子)、武蔵野大学(武蔵野女子学院)

 次に、男子校から共学校になった学校も見てみよう。意外に多いことに驚かれるかもしれない。

【2014年度】
安田学園
【2015年度】
東洋大学京北(京北)
【2017年度】
芝浦工業大学附属
【2018年度】
桐蔭学園(男子部・女子部を統合)
【2019年度
明法
【2020年度】
横浜

 芝浦工業大学附属(2021年度から中学も共学化予定)、明法、横浜のように中学募集は男子校のままで高校募集のみ共学にしているのは、先にもお話ししたように公立高校受験者は併願校も共学校から探すからなのだ。

 中学受験人口は5年連続で増加、高校入試では都立高校の受検者数が前年に比べて約3000人減少して私立高校にシフト……と、いま私学には追い風が吹いているように見受けられる。だが、このように募集形態に注目してみると、同じ私学の中にも明暗があることが分かるのである。

関連記事(外部サイト)