元刑事が明かす三多摩地区の若手が担う検視の試練とは?

元刑事が明かす三多摩地区の若手が担う検視の試練とは?

所轄若手刑事が直面する山での過酷な運命

 警察や軍関係の内部事情に詳しい人物、通称・ブラックテリア氏が、関係者の証言から得た警官の日常や刑事の捜査活動などにおける驚くべき真実を明かすシリーズ。今回は、刑事や警察官の検視に関わる仕事の内容をレポート。

 * * *
 今クールは法医学を題材にしたドラマが2本放送されている。1つは上野樹里主演の『監察医 朝顔』(フジテレビ系)、もう1つは大森南朋主演の『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』(テレビ朝日系)だ。

 どちらも法医学者で解剖医を主人公にしているが、これらのドラマに欠かせないのが検視に携わる検視官や警察官だ。だが警察官が遺体を扱う実態がどんなものなのか、詳しく知る機会はあまりない。

 まず「けんし」と検索すると、“検視”と“検死”という2つの言葉が出てくるが、その違いがよくわからない。そこで警視庁の元刑事に聞いてみた。

「検視とは本来検察官が行うものだが、現状は検視官や警察官がそれに代わって、遺体の死因を確認すること。犯罪性、事件性があるかないかを判断するものだ。検死は検視、検案、解剖を含み、検案は医師が遺体を見て調べて(見分)、死因などを判断するものになる」

 この時、医師の検案によって作成されるのが死体見分調書だ。

 ドラマでは事件現場によく現れる(臨場する)“検視官”だが、全ての所轄にいるのかと思うと、そうではないという。

「検視官は警視庁本部の鑑識課に属しているが、その人数は当時で10〜12人ぐらい。鑑識課に検視官室があり、昼間は全員がそこにいるが、夜間は1人が夜勤でいるだけ」

 監察医や法医学者よりもその人数は少ないのだ。増えた今でも警視庁で25名、警察庁でも検視官は357名(H29年度)しかいないが、それでも臨場率は増えたと聞く。だが、絶対数が少ないため、死体がある現場全てに出向くことはできない。

「包丁が死体に突き刺さっている、メッタ刺しにされているとか、拳銃で撃たれたとか、明らかに殺人とわかる犯罪死体の場合は、最初から検視官が現場に行く」

 検視官になるには、基本的に刑事の経験が10年以上、警察大学で法医学研究科を修了し、階級は警部か警視、その上で刑事部長から任命された者がなる。資格が与えられるのは任命された時期のみ。所轄には検視官あがりの刑事課長もいるが、刑事課長になった時点で検視官ではなくなってしまうというのだから、その人数はなかなか増えない。

「自宅で亡くなっていた、自殺かもしれないなど死因がわからず、犯罪による死亡の疑いがある変死体の場合は、まず刑事が現場に行く。そこで事件性があると判断した場合や疑わしい場合に検視官を要請することになる」

 警視庁のH29年度の死体取扱総数は20527体、そのうち検視官の臨場総数は10808件、事件臨場は10306件、解剖立会が502件だ。

 そうはいっても、検視した刑事だけで死因を判断するわけではない。

「刑事は現場を見て環境捜査を行い、遺体の細かな状況、傷やアザなどがないかを確認して写真に撮り、死因を判断する。さらに検視官にそれらを送って、その死因でよいか判断を仰ぐ」

 環境操作とは現場の周辺を調べたり、もめ事がなかったか、寝たきりだったかなどの状況を調べることだ。

「首吊りでも、跡が二重になっていないか、太さの違う跡がないか、遺体の場所が不自然ではないか。練炭自殺の場合は、部屋が密封されているか。刺し傷なら長さ、深さ、角度なども検視官に伝える。遺体の写真や状況を総合して、時にはもう少し捜査してから死因を判断しろと言われることもある」

 検視官が来ない現場なら、最初に遺体を見るのは発見現場の所轄の刑事だ。刑事であれば年齢、男女は関係ないが、霊安室の担当は強行犯係。公安や生活安全課の刑事が遺体を見ることはほとんどないという。

「警視庁の若い刑事にとって23区外、三多摩地区なぞに配属されると、ある宿命が待っている」

 三多摩とは23区と伊豆諸島などを除いた地域で、多摩丘陵や高尾山などが含まれる。

「三多摩には山がある。山の中で遺体が発見されると、山から降ろさなければならないのだが、これが若い者の役目でね。死亡後すぐに発見されれば遺体もきれいだが、首吊りした後、首が千切れてしまったり、発見が遅れて腐敗が進んでいたり、ひどい状態のものもある。山道や遊歩道があれば、数人がかりで担架で運べるが、急斜面だとそうはいかない。若い刑事がその遺体を背負って降りるんだ」

 宿命というより試練と言った方がいいだろう。

「遺体用の袋に入れてあるが、おんぶすると首や背中に遺体の感覚が直に伝わる。腐乱していると、袋に入れていてもジュワッとシミ出てくる。今はもっとしっかりした遺体袋だろうが、それでも遺体の感覚は背中に伝わってくるものだ」

 元刑事も若い時に三多摩に配属され、これを経験していた。

「未だにその感覚が戻ってくることがあるね」

「それから、夏場に亡くなって腐敗してしまった遺体もね」

 元刑事は首を大きく横に振った。

「ひどいもんだ。腹は倍に膨らんでウジ虫が湧き、それが2代目3代目になっていると、遺体を運ぼうと持ち上げても皮膚がペロンとむけてしまう。動かそうとすると口からガスが噴き出てくる」

 その臭いはすさまじいらしい。

「現場に立ち会うだけで臭いが取れなくなる。毛穴という毛穴にしみ込んでいく感じだな。汁がついてしまった服は廃棄。臭いが染み付いた服は署の洗濯機で洗い、家には絶対に持ち帰らない。身体を洗っても臭いは取れないし、鼻の中に石鹸を突っ込んで洗ってもまだ臭う。いつまで経っても、あれには慣れなかった」

 警視庁では刑事がこのような変死体を扱うと手当が出るという。

「変死手当と呼んでいたけどね。俺がいた頃は腐乱死体を扱うと1体につき3000円。普通というとおかしいが、普通の変死体だと2000円。1人2人で扱えるわけもなく、最低で3〜4人は必要になる。だから変死手当は腐乱死体で1人だいたい1000円、普通で500円」

 それこれも警察官の仕事のうちといってしまえばそれまでだが、あまりの金額の安さに愕然としてしまった。

 元刑事には、いくらもらっても、金を払ってでも扱いたくなかった遺体があるという。

「小さな子供の遺体だよ。車に轢かれてぺちゃんこになってしまった遺体。親子で電車に飛び込んでバラバラになってしまった遺体。指が1本なくても必死に探すが、あれだけは見たくないね」

 そんな気持ちを胸に押し込み、ウエストポーチの臨場用カバンを持ち、現場に出かけていたと元刑事は話した。

関連記事(外部サイト)