世界遺産・平城宮跡を横切る鉄道はなぜ移設されないのか

世界遺産・平城宮跡を横切る鉄道はなぜ移設されないのか

記事画像

 8世紀の日本の首都、奈良にあった平城京の北端にあった宮城である平城宮は、現在、国営平城宮跡歴史公園として整備と復元がすすめられている。南側の朱雀門をくぐると、まっすぐ正面に大極殿があるのだが、手前を左右に近鉄奈良線の線路が走っている。この線路の移設問題は50年以上前に提起され、世界遺産指定後に再び協議が始められた。昭和から平成、令和へと持ち越された平城宮敷地内の線路移設問題の現在について、ライターの小川裕夫氏がレポートする。

 * * *
 今年7月に開催されたG20大阪サミットで、安倍晋三首相が気の利いたジョークのつもりで発言した「大阪城にエレベーターを設置したことは大きなミス」は一部で話題になった。

 大阪城築城当時、当然ながらエレベーターという文明の利器はない。バリアフリーという概念もない。

「歴史遺産として後世に伝えるためには、当時を忠実に再現するべき」派と「現代の価値観に沿って、使いやすいように整備した方がいい」派による議論が起こった。

 これは、歴史的建造物などを保存する際に必ず直面する問題だ。それは、鉄道分野でもたびたび起きている。特に、歴史のある京都・奈良では、こうした問題があちこちで噴出する。

 奈良県奈良市の平城宮跡は、1998年に東大寺・興福寺・春日大社などとともに古都奈良の文化財として世界遺産に認定された。古刹が点在する奈良市は、従来から多くの観光客が訪れる。それでも世界遺産認定は、奈良にとって追い風になる。世界遺産登録は、奈良県や奈良市を大いに沸かせた。

 世界遺産登録の歓喜に沸く一方、課題も鮮明化した。それが、平城宮跡地を横切る近鉄奈良線の移設問題だった。

 近鉄奈良線は、前身の大阪電気軌道(大軌)が1914年に建設。その前から、線路の予定地に平城宮跡があることは判明していた。それらを考慮し、大軌は平城宮跡を避けるように線路を敷設した。そのため、大和西大寺駅から近鉄奈良駅までは線路が南へとカーブしている。

 大軌は平城宮跡という奈良が誇る歴史遺産に配慮。これで、文明の利器である鉄道と歴史遺産の平城宮の衝突は起こらず、共存共栄が図られた。

 しかし、1960年の調査では当初の範囲よりも平城宮跡が広大であることが判明する。改めて平城宮と比定された範囲には、すでに近鉄が電車を走らせていた。最悪なことに、第一次大極殿と朱雀門の間に線路があり、平城宮を南北に分断する状態だった。

 奈良県・奈良市にとって、近鉄の線路は悩ましい問題だった。それでも、当時は平城宮が世界遺産に指定されていなかったので、重く受け止められることはなかった。わざわざ、線路を移設するような話ではないと判断され、線路問題は棚上げされた。

 世界遺産に登録されてから、行政は重い腰をあげる。国土交通省・文化庁などによって、整備計画がまとめられ、一帯は国営公園になることが決定。このとき、線路が問題視された。

 景観に配慮するなら、平城宮跡を分断している線路を地下化すれば済む。しかし、平城宮の区域は地下鉄を通すことが禁じられている。そうした事情もあって、奈良県や奈良市は線路を平城宮跡の区域外へ移設するよう近鉄に打診した。

 一口に線路の移設と言っても、簡単にできる話ではない。

 奈良県・奈良市と近鉄は主張を譲らず、長らく平行線をたどった。昨年、ようやく奈良県・奈良市・近鉄の3者によって協議が再開。それから1年、話し合いが前に進んでいる気配は見られない。

 一体、何がネックになっているのか? 線路移設には用地買収が生じる。そのために、立ち退き交渉や補償、線路移設の費用が必要になる。それらの費用を奈良県と奈良市が全額負担しても、かかる労力と時間は尋常ではない。それが問題は再び膠着状態に陥らせた原因でもある。

 この問題を根深くしている理由は、平城宮跡の踏切移設に伴って、近接する大和西大寺駅・新大宮駅の移転も取り沙汰されている点にある。

 大和西大寺駅は、平城宮跡の約1キロメートル西、新大宮駅は約1キロメートル東にある。どちらも平城宮跡に近接しているため、線路移設の影響を受けることは避けられない。計画次第では、駅を移転する可能性も出てくる。

「現在、大和西大寺駅は北口と南口とが自由に行き来することができません。駅の反対側へ行くには、大きく迂回しなければならない状況です。駅の近隣に住む住民は不便な思いをしています。それを解消するため、大和西大寺駅に南北自由通路の造成を進めています。くわえて、駅の高架化も進めています」と説明するのは、近鉄広報部の担当者だ。

 大和西大寺駅の北口は、近鉄百貨店などが立地する商業エリア。対して、南口は閑静な住宅街。ここに南北の行き来ができるように南北自由通路を造成する。南北自由通路は、奈良市が主体になって建設している。

 もうひとつの高架化は、奈良県・奈良市・近鉄の3者によって進められている事業で、現段階はまだ協議段階の案件。近鉄は「高架化」と説明するが、それは近鉄側の希望に過ぎない。

 奈良県まちづくり推進局地域デザイン課の担当者は言う。

「駅を高架にするか地下にするかも含めて、今のところ大和西大寺駅の詳細は決まっていません。奈良県は、立体交差化と表現しています」

 奈良県・奈良市・近鉄の3者による協議はハナからズレが生じているわけだが、考え方にも大きな隔たりがある。奈良県は線路移設と大和西大寺駅の立体交差化をワンセットで考えているが、近鉄は「高架化と平城宮跡の線路移設は別々の問題」と主張する。小さなズレのように見えるが、この認識のズレが問題をこじらせている。

 駅の高架化に前向きな近鉄は、その一方で平城宮跡を分断する線路移設に消極的な姿勢を崩さない。前述したように、平城宮跡は大和西大寺駅と新大宮駅の中間にあり、線路移設には両駅の移転を伴う可能性があるからだ。

 特に、大和西大寺駅は京都線・奈良線・橿原線が平面交差する、近鉄にとって扇の要のような駅でもある。大和西大寺駅が移転することになれば、近鉄全体を揺るがす一大事である。大混乱を生じさせることは必至だ。

 線路の建設時に、大軌(近鉄)は平城宮跡にかからないよう最大限の配慮をした。いまさら「平城宮跡はもっと広かったので、線路を移設してください」と言われても、納得できる話ではない。

 そして、鉄道ファンや地元住民からは大和西大寺駅の移転で、"あること"を心配する声が漏れてくる。

 大和西大寺駅の平面交差は、複雑かつ美しい線路配置でも知られる。その配線美から鉄道番組だけではなく、旅番組や雑学系のバラエティ番組でも頻繁に紹介される。その配線美を一目見ようと、旅行者が立ち寄ることもある。線路移設で、この平面交差がなくなってしまうのではないか、と心配されているのだ。

 平城宮跡は世界遺産だから、「線路を移設」という意見が出るのは理解できる。しかし、大和西大寺駅の平面交差もほかでは見られない、近鉄が誇る世界遺産レベルの鉄道遺産なのだ。

 大和西大寺駅の平面交差がなくなるかもしれないという心配に対して、近鉄広報部の担当者は「平面交差がなくなることはありません」と断言する。

 しかし、平城宮跡の線路を移設すれば、その余波で大和西大寺駅の配線にも変更が生じる。世界遺産を守ることで、世界遺産級の平面交差が姿を消す可能性もあるのだ。

「平城宮の線路移設に関して、現在は協議の内容・進捗ともに詳細に答えることができません」(奈良県まちづくり推進局地域デザイン課)

 平城宮跡の線路移設問題と大和西大寺駅を巡る問題について、関係者たちの口は一様に重い。近鉄・奈良県・奈良市3者の妥協ラインは、いまだ見えない。

関連記事(外部サイト)