組長に銃弾の贈り物 3つの山口組「血の9月抗争」始まるか

組長に銃弾の贈り物 3つの山口組「血の9月抗争」始まるか

事件翌日の現場付近

 日本最大の暴力団、山口組が分裂してから4年が経とうとしている。六代目山口組から神戸山口組が分かれ、さらに神戸から任侠山口組が分裂し、「3つの山口組」が並存する“冷戦膠着状態”が続いていたが、突如として音が鳴った。この4年でもっとも危険な時期を迎えたと、暴力団取材のプロは見る。暴力団事情に詳しいフリーライターの鈴木智彦氏がレポートする。

 * * *
 JR新神戸駅から徒歩10分、神戸市熊内の住宅街に、地域住民が“寮”と呼ぶ六代目山口組の中核団体・弘道会の関連施設がある。神戸市内のホテルが警察主導で連携し、暴力団の宿泊を拒否しているため、神戸入りした弘道会関係者のほとんどがこの施設に宿泊するからだ。

「新幹線の線路をまたぐ陸橋を渡って、坂を上っていくと、右手にジュラルミンの楯を連ねたようなイカつい外壁のビルが見え、その奥に日本家屋がある。これが弘道会の寮であることはみんな知ってます。あちこちの角にいつも見張りの車がいるので、こっちの顔を覚えられるんちゃうかと不安やったです」(近所に住む50代女性)

 8月21日午後6時15分頃、その“寮”の前に、組員が乗る白い軽自動車が停車した。荷物と同乗者を下ろし、50メートルほど上にあるUターンスペースで車を転回しようとした。

 そのとき、黒っぽい原付スクーターが上ってきて、軽自動車をパスして坂の上に消えた。ライダーは白っぽいフルフェイスのヘルメットをかぶり、黒っぽい鞄をたすき掛けしていた。

 Uターンを終えた軽自動車が再び、“寮”の前に戻り、バックで駐車スペースへ入っていった。先ほどのスクーターが戻ってきて、軽自動車の真横、約1メートルの距離に止まった。ライダーはすぐさま運転席めがけてオートマチックの拳銃を連射した。銃弾は軽自動車の窓やドアパネルを貫通し、運転していた弘道会二代目藤島組系の加賀谷保組員(51歳)の肩、足、腹部に命中した。

 その間、わずか2秒。殺害を狙った犯行といっていい。帰宅時間を過ぎていたこともあって、銃声を耳にした住民は多い。

「二階で窓閉めとったんやけど3回くらいパパパンってすごい音が聞こえたわ。このへんはゴンタ(不良)もいないし、子供が爆竹鳴らすようなこともないから、いったいなんやろうって不思議だったけど、すぐにパトカーが来たから分かった。“寮”の前には24時間パトカーが停まっていたけど、最近いなくなったねとみんなで話していたところだった」

 現場検証では多数の薬莢が見つかり、路上にはガラスの破片が残っていた。目撃者によると実行犯は大阪方面に逃げたというが、詳しい足取りは分かっていない。

 26日、現場から600メートルほど離れたマンション駐車場で、犯人が乗っていたスクーターに似た車両が押収された。犯行に使われたものというアナウンスはされていない。銃撃を受けた組員はすぐに病院に運ばれ、一時、危篤状態と伝えられたが、一命は取り留めた。

◆翌日が誕生日だった

 詳細な描写が出来るのは施設内にあった防犯カメラ映像が流出したからである。

「警察官がカメラを構え、防犯カメラのモニターにカメラを向けた。その様子を誰かが後ろから撮っている動画です。会話も全部聞こえ、情報の多い動画だった。NHKをはじめテレビ局は、防犯カメラの映像だけをトリミングして使った」(地元紙記者)

 内部の人間が撮ったとしか思えない動画が、事件直後に流出したため、当初、弘道会の策略かもしれないと囁かれた。警察筋によれば「結局はイキった組員が知り合いに送り、全国に拡散したらしい」とのことで、だとすればほどなくして処分されるだろう。その他、ガラスが粉々になった軽自動車の写真もSNSに流出した。スマホの高画質カメラとSNSは、報道のあり方を根本から変えたが、暴力団抗争も例外ではない。

 事件直後に封鎖された現場付近は、翌日の午前10時過ぎに警戒線が解かれた。みんなで渡れば怖くないとばかり、すぐさま地元の若い記者たちが連れだって弘道会拠点のインターフォンを押しにいった。記者クラブの仲良し活動に、残念ながら暴力団は無反応だった。

 兵庫県警はすぐさま弘道会の拠点にガサ入れを行なった。被害者宅を家宅捜索するのは異例の事態である。

 翌日、神戸山口組・井上邦雄組長の71歳を祝う誕生会が神戸市にある井上組長の出身母体・山健組の事務所で開催された。突発的な発砲事件にもかかわらず、前日から実話系週刊誌記者が神戸入りしていたのはこのためだった。井上組長はカメラを避けるように、駐車場入口から事務所入りしたが、現在山健組を率いる中田浩司組長をはじめとした最高幹部らは姿を隠すことなく会場に入っていった。真夏の日差しが照りつける炎天下に待機し、出席者を確認して撮影する。地道な定点観測を続けるのは、警察と実話誌記者だけである。

 来賓を迎える幹部の中に、山健組・與則和(あたえのりかず)若頭の姿もあった。山健組のナンバー2は、前日の事件があっても、まったく動揺していないように見えた。が、警察は今回の銃撃事件を、今年春に起きた與若頭襲撃事件の報復かもしれないと考えている。

 4月18日深夜0時過ぎ、弘道会野内組系の組員が、神戸市春日野道商店街に向かって歩く與若頭を襲撃した。ヒットマンは臀部に包丁を突き刺した後、振り向いた若頭の体を数か所切りつけ、現場は血の海となった。命が助かったとはいえかなりの重傷で、ヤクザのメンツを考えれば、笑って流せる事態ではない。山健組に近い関係者はこう解説する。

「ヤクザが刺されたり、撃たれたら、体から血が流れるだけやない。組織の看板にも穴が開いて流血する。体の傷なら針で縫い、薬を塗り、包帯を巻いて安静にしとけばええけど、看板は治療できない。ちょろちょろ流れ続ける血を止める方法はひとつ、相手をいわすことしかない」

 刺された直後、実話誌の見出しは一気にヒートアップした。

「山健組 潜伏部隊 血の報復Xデー」(『週刊実話』5月23日号)

 山健組は是が非でも報復せねばならなかったし、このタイミングは「井上組長への忠誠を示す誕生日プレゼントか」という憶測を呼んだ。

◆任侠による拉致事件も

 では弘道会を襲ったヒットマンは山健組の人間なのか? 事件から1週間が過ぎても実行犯は捕まっておらず、警察の捜査は全方位に向けて行なわれている。

 8月20日には長野県飯田市で、弘道会と、神戸山口組から分裂した任侠山口組が一触即発となっていた。弘道会野内組系の組長が、任侠山口組の組員らに拉致、暴行されたのだ。その後、解放されたとはいえ、大けがをして放り出されたのだから、弘道会としては見過ごせない。そのため、神戸の発砲事件が起きた直後、任侠山口組系の事務所も警戒の対象にされていた。

 與若頭を襲撃したのも、飯田の拉致事件も、六代目山口組側の当事者は弘道会野内組系という有名どころである。三代目弘道会で統括委員長を務める野内正博組長は、分裂抗争における弘道会側のキーマンと評され、他団体の幹部らからも「弘道会幹部だけに居丈高かと思っていたら、存外、腰が低く話が分かる」と評判がいい。だがそうなると正反対の悪評も付きまとう。

「破門・絶縁者をどんどん拾い、普通ならそれなりの試用期間をおくはずなのに、野内組ではすぐにそれなりの仕事をさせる。ちょっと怖い気がするが、それだけ(統制に)自信があるのだろう」(指定暴力団の代紋頭)

 ヤクザ記事風にいえば、「イケイケの売り出し中」ということだ。弘道会への銃撃事件翌日も、野内組長が襲撃現場となった施設に顔を出すのではと噂になった。

 今年10月末には府中刑務所収監中の六代目山口組ナンバー2の高山清司若頭が出所する。事件後、施設の敷地脇に粗大ゴミが積まれていたのは、高山若頭を迎えるための大掃除をしていたからという。弘道会の牙城を守る中核メンバーとして事件の現場を視察するのは当然だし、実行犯は誰なのか証拠を集める必要もあろう。

 ただ実行犯の割り出しは、ヤクザにとって大問題ではないかもしれない。暴力団の報復にエビデンスはいらない。神戸の拠点前で組員の体に銃弾をぶち込まれた以上、報復する大義名分は十分にある。

 現在、ヤクザの抗争事件で人を殺せば、判決はほぼ無期懲役である。被害者が助かったとはいえ、実行犯は迷宮入りを狙って周到に準備をしていただろうし、もし捕まれば長期刑は免れない。事件から数日が経過しても、捜査線上には具体的な容疑者名があがっていない。実行犯がこのまま逃げ切る可能性は少なくない。

「ヤクザは推論で動く。裏付けがいるのは警察だけだ。かつて弘道会の殺人部隊として噂になった『十仁会』は、さほど実態がなかったと言われているが、資金力もあり、組員層の厚い弘道会なら、今後、実際にそうした部隊を組織することは十分可能だ」

 捜査関係者は仰々しい口調で、マンガチックな評価を下す。警察にそう言わせるだけの力が弘道会にはある。

◆10月出所の前に

 今回の事件は、六代目山口組・司忍組長の出身母体で、その中核団体である弘道会組員が銃撃され、山健組の関与が取り沙汰されたという意味で特別である。山口組の分裂抗争は、ようやくクライマックスを迎えたといっていい。実話誌は売り上げ増大のため抗争を煽ってきたが、今回はどれだけ煽っても大げさではない。

 今から約4年前、かつて五代目山口組・渡辺芳則組長らを輩出し、「山健組にあらざるは山口組にあらず」とまで評された山健組は、現在の弘道会体制に不満を持った組長たちと手を組み、「山口組を本来の姿に戻す」とぶち上げて、神戸山口組を旗揚げした。弘道会はそれら“謀反人”の征伐を大義にして、残った直参組長にハッパをかけた。

 仰々しいスローガンをはぎ取り根底をみれば、分裂劇はとどのつまり、大派閥同士のぶつかり合い……山健組と弘道会の覇権争いに他ならない。両者の衝突は真打ち登場を意味する。地方都市での暴力事件とは根本的に異質だ。

 暴力団業界では「魔の8月」と言われ、1997年8月28日、新神戸オリエンタルホテルのティーラウンジで、五代目山口組・宅見勝若頭が射殺された事件を根拠にしている。が、今回、「魔の8月」に起きたこの事件は、報復の連鎖を呼び起こし、山口組を「魔の9月」に追い込む可能性が十分にある。

 翌10月に出所予定の高山若頭は、極めてドライで現実的な組織運営をしていた。親分・子分の絆など嘘っぱちで、子分は基本的に面従腹背と定義した。若い衆に金を持たせるとろくなことにならないから、せっせと日用品を売りつけ集金する。若い衆が増えると謀反するので、山健組のような大所帯は分断して切り崩す。

 神戸山口組が再分裂し、任侠山口組が誕生したことで、数の上では六代目側が神戸側を圧倒しているが、今回の事件で神戸・大阪に本拠を置く六代目直参組織、中でも親弘道会だった団体を取り巻く空気が変化した。

「謀反を起こしたばかりか、無防備な末端組員を殺害しようとして銃撃した。高山若頭が戻ってくるまでに、謀反人に鉄槌を食らわせねばならない。山口組に忠誠心があるなら、我が身を犠牲にして証明してみせろという空気に変わりつつある」(六代目側の在阪組織幹部)

 10月に控える天皇陛下の即位式典や来年の東京五輪で、全世界が日本に注目している中では、派手な事件は起こせない。

 警察の集中取り締まりにあえば自滅してしまう。報復部隊はすでに準備を終え、GOサインを待っているかもしれない。喧嘩の常道は相手の弱点を叩くことであり、そうなれば組織の手薄な部分、小規模な傘下団体がターゲットになるかもしれない。

 暴力団は鉛の弾でやりとりする。それが彼らの掟であり存在価値だ。殺し合いを避けていては決着がつかない。屍を踏み越えない限り抗争は終わらない。

●すずき・ともひこ/1966年、北海道生まれ。日本大学芸術学部写真学科除籍。『実話時代BULL』編集長を務めた後、フリーに。週刊誌、実話誌などに広く暴力団関連記事を寄稿する。主な著書に『潜入ルポ ヤクザの修羅場』『ヤクザと原発』『サカナとヤクザ』など。

※週刊ポスト2019年9月13日号

関連記事(外部サイト)