がん治療病院の選び方 大都市と地方、どちらがいいのか

がん治療病院の選び方 大都市と地方、どちらがいいのか

国立がん研究センターががん治療における生存率のデータを発表(時事通信フォト)

 国立がん研究センターが8月8日、「病院選び」に大きな影響を与えるデータを発表した。『2009-2010 年5年生存率集計報告書』と題されたレポートだ。2009〜2010年に、全国のがん治療の拠点病院など277施設でがんと診断された患者約57万人を追跡し、乳がん、胃がん、大腸がん、肺がん、肝臓がんなど11部位のがんについて、がんの進行度(ステージI〜IV)ごとに「5年生存率」を集計したものだ。つまり、病院ごとに発表されたことで、がん治療においてどの病院にかかった患者がどのくらいの生存率であるのかを比較することが可能になったのだ。

 そうしたデータは、患者やその家族の、がん治療に関するデータを幅広く開示すべきだという声の高まりを受け、昨年から発表されており、今年で2度目の公表となった。昨年は251病院だったので、今年はさらに26施設の情報が追加されたことになる。同報告書をまとめた国立がん研究センター・がん登録センター長の東尚弘さんはこう話す。

「データをまとめたのは、医療機関にその治療結果を振り返り、参考にしていただくのが主な目的です。進行がんや高齢の患者さんが多い施設では、結果として生存率が下がる傾向があります。ですから直接的に“生存率が高いほど治療技術が高い病院”とはならないことを念頭において、データをご覧いただきたい」

 今回、女性の罹患率や死亡率が高い「乳がん」「胃がん」「大腸がん」について部位別に生存率が高い医療機関をランキング化した。自身や大切な人ががんになった時、病院選びの一助としていただきたい。

 ランキングで上位に挙げられた病院を見渡すと「がん研有明病院」「大阪医療センター」といった東京や大阪をはじめとした大都市にある大病院が目立つ。『胃がん・大腸がんを治す、防ぐ!』(さくら舎)の著書がある医師の近藤慎太郎さんはこう説明する。

「都市部の病院や、がんセンターなどは、いわゆる名医がいたり、インターンやレジデントといった研修医の数も多いなど、スタッフが充実しているといえます。スタッフが多ければ、がんとがん以外の病気を分けて、自分の専門分野に特化して治療に当たれるため、医師たちの技術も上がりやすい傾向にあると考えられます」

 また、近藤さんによれば「名医がいる病院」もいい病院を選ぶ1つの指針になるという。

「確かに、名医がいる病院へ行ったからといってその医師が担当してくれるわけではありません。しかし、名医に指導されたり技術を見ていたりする医師は自然と技量が上がりますし、技術が学べるなら給与が下がってもその病院で働きたいと異動する医師もいる。結果的に意識と能力の高い医師が集まるといえます」

 では、地方在住の人はどうすればいいのか。医療ガバナンス研究所の理事長で医師の上昌広さんはこう話す。

「定期的に通院が必要になる進行がんであれば、地元の病院の方が低負担で済みます。しかし、初期のがんで手術だけ受けるのならば、短期間のおつきあいと割り切り、都市部の大病院や、各都道府県の中心部にあるがん拠点病院の門をたたく、というやり方も有効だと思います」

 ただし、地方の病院はダメかといえばそういうわけではない。医療ジャーナリストが解説する。

「地方のがん拠点病院は、その地域の中核病院として、治療の難しい患者が紹介されて集まってくる傾向があります。そのため、生存率は低くなりがちです。そうした事情を考えると、地方でも生存率が高い病院は、治療レベルが高い水準にあると考えられます」

 また、経営面で有利なのは地方の病院であると上さんが解説する。

「診療報酬は、全国統一の医療点数というもので決められています。つまり、家賃やスタッフの人件費が高い都会の病院の方が、経営が苦しいのです。都会の病院で、患者数が十数人などという中途半端なところは、医師の経験値が少なくスタッフも疲弊しているなど、避けた方がいいケースが多い。むしろ地方でも、患者数が多く、経験豊富な病院があれば、そちらの方がいいと思います」

【ランキングの見方】

 国立がん研究センターが集計した全国277病院における、乳がん・胃がん・大腸がんのステージ別の5年生存率を掲載。本誌ではデータの多い患者数100以上の病院に絞った。その中で、ステージI〜IV全体での5年生存率が高い順でランキングを作成。100位より下は掲載していない。

※記載しているのは2009〜2010年当時の病院名。
※生存率は、対象となった患者数が30人未満の場合は「―」表示。
※「患者数」には、その病院で初めて診断された患者もいれば、再発やセカンドオピニオンで訪れた患者の可能性もあり、重複を含む。

※女性セブン2019年9月19日号

関連記事(外部サイト)