小泉進次郎氏と滝川クリステルの結婚をめぐる逆風と失意

小泉進次郎氏と滝川クリステルの授かり婚に"小泉家のゴッドマザー"が怒りか

記事まとめ

  • 自民党・小泉進次郎氏と滝川クリステルの授かり婚に失意の声があがっているという
  • 進次郎氏の過去の不倫経験などが立て続けに報じられ、多くの女性たちが衝撃をうけた
  • 安倍首相は窮地の進次郎氏を初入閣させたが「恩を売る意図があった」との指摘も

小泉進次郎氏と滝川クリステルの結婚をめぐる逆風と失意

小泉進次郎氏と滝川クリステルの結婚をめぐる逆風と失意

小泉家には“授かり婚”に忸怩たる思いが

 自民党の小泉進次郎衆議院議員(38才)とフリーアナウンサーの滝川クリステル(41才)との結婚発表から1か月あまり。9月11日に発表された改造内閣では環境大臣で初入閣するなど、いよいよ現実味を帯びてきた「将来の総理候補」の慶事だけに祝福ムード一色になるかと思いきや、サプライズ発表への驚きがひと段落した後に待っていたのは、大いなる逆風だった。

 最初に噴出したのは、進次郎氏の「女性遍歴」だ。

「電撃結婚発表後、進次郎さんの交際歴がメディアで立て続けに報じられました。それらによれば進次郎さんは過去に女性起業家と不倫の経験があり、また同時期に何人かの女子アナとおつきあいをしたこともあったようです。滝川さんと交際中にも別の女性の影が見え隠れしたと報じたメディアもありました。

 もちろん独身男性の恋愛は本人の自由ですが、鉄壁のガードを誇る進次郎さんの恋愛は過去にほとんど報じられておらず、多くの女性に衝撃を与えました。過去が注目されるのも、相手が滝川さんだったというところも大きいでしょうね」(芸能記者)

 進次郎氏の職場である永田町からは憤りが伝わる。

「8月7日に首相官邸に結婚の報告に行った際、進次郎さんは菅義偉官房長官との面会が目的でしたが、その際に菅さんから『総理にも挨拶すれば』と言われて結果的に面談したと聞いています。“ついで扱い”された安倍さんの心証はかなり悪くなったでしょう。

 そもそも進次郎さんは過去2回の自民党総裁選で安倍さんの対抗馬の石破茂さんを支持しており、安倍さんとはかなり距離があります」(政治ジャーナリストの鈴木哲夫さん)

 そんななかでの、安倍首相は内閣改造を行った。目玉は「進次郎の初入閣」。「結婚報告の時の行き違いや、大臣になっても仕事を休む『育休』の可能性言及もあったが、安倍首相は窮地の進次郎さんに手を差し伸べ、恩を売る意図があったのだろう」(政治ジャーナリスト)ということのようだ。

 進次郎氏が誰よりも信頼する身内からも戸惑いの声が上がったという。

「(小泉)純一郎氏(77才)の姉で、“小泉家のゴッドマザー”といわれる信子さんに進次郎さんは頭が上がらない。その信子さんが、授かり婚に忸怩たる思いを持っているそうです。信子さんの怒りを聞きつけた菅長官が世の祝福ムードを高めるため、進次郎さんと滝川さんを官邸に呼んで前代未聞の結婚報告をさせたという情報もあります」(政治部記者)

 こうした逆風は進次郎氏だけでなく、滝川にも及ぶ。

「結婚発表後、テレビ出演した滝川さんは『披露宴はやりません』と宣言しました。後援者に妻を披露する場を設けないなんて、政治家として後援会軽視としか受け止められません。

 しかもその後、親族だけの式を軽井沢で挙げて、彼女はインスタグラムでウエディングドレス姿を披露。しかも弟さんとのツーショットです。

“私らしく”生きると宣言するのは自由ですが、夫の地元である横須賀に住まず、披露宴もなく、結婚報告もロクにない。政治家の妻としては筋が通らないことだらけで、後援者からは、『なんのために彼女と結婚したのか』と失意の声が上がっています」(地元後援会関係者)

 滝川の「家系」にスポットを当てた報道もあった。

「発言権が強い母親の存在が明らかになったり、過去報じられてきたプロフィールの嘘が明るみに出たりしました。彼女のイメージが“作り上げられたもの”だったのだという認識がされるようになりました。小泉さんとの結婚はその“仕上げ”だったのかと…」(前出・芸能記者)

 大物カップルの将来は一筋縄では行かなそうだ。

※女性セブン2019年9月26日・10月3日号

関連記事(外部サイト)