生まれ変わったホテルオークラ 名物ロビーは懐かしさも再現

生まれ変わったホテルオークラ 名物ロビーは懐かしさも再現

「The Okura Tokyo」は高層・中層の2棟構成(AFP=時事通信フォト)

 日本のホテル御三家の一角である「ホテルオークラ東京」(東京都港区)旧本館の建て替え工事が完了し、いよいよ9月12日にリニューアルオープンする。果たして、どんな豪華施設に生まれ変わったのか。一足早く内覧会を訪れたホテル評論家の瀧澤信秋氏がレポートする。

 * * *
 東京ホテルシーンの新たなメルクマールが誕生した。

 2015年8月31日にホテルオークラ東京の本館が閉館してから4年。総工費1000億円を投じて建て替えを行い、9月12日より「The Okura Tokyo(ジ・オークラ・トーキョー)」として新たなスタートを切る。伝統と格式を兼ね備えた日本を代表するホテルだけに、どのような変貌を遂げたのか注目度の高さは別格だ。

 The Okura Tokyoで特徴的なのは、高層棟である「オークラ プレステージタワー」と、中層棟である「オークラ ヘリテージウイング」の2棟で構成されている点。「オークラ プレステージ」ブランドはすでに海外を中心に展開されているが、「オークラ ヘリテージ」は今回新たに創設されたホテルオークラグループのトップブランドだ。

 多層的にブランドを設けるホテルはいくつもあるが、2ブランドを同所で一体運営するケースは珍しい。すなわち、オークラ ヘリテージ/オークラ プレステージという“Two Brand One Operation”のホテルということになる。The Okura Tokyoという名称も2ブランドを運営する特別なホテルとしての位置づけを明確にするためだという。

 プレステージタワーはオフィスも入居する地上41階/地下1階のタワー。客室数は368室で10室のスイートルームを擁する。レストラン3つにバーが2つ、フィットネス&スパ、バンケットルーム、ショッピングエリアなど、ホテルのパブリックスペースとしての顔を持つ。客室は28階から40階に位置し、標準的なタイプで約50平方メートル。高層階ならではの眺望も魅力だ。

 一方、ヘリテージウイングは地上17階/地下4階、客室は140室でスイートルームは7室、標準客室面積は約60平方メートル。2つのレストランはあるものの、客室ステイに主眼の置かれた棟だ。全室にブローバスとスチームサウナを備える。通常、アッパーな客室はハイフロアに位置するのが定石だが、中層としたのも贅沢な敷地と庭園を有するホテルならではだろう。

 そして、両棟に囲まれるように「オークラスクエア」がある。ホテルに到着したゲストを迎える“玄関”でもあり象徴的な広場となっている。

 中央に設えられた広大な水盤が印象的であるが、この水盤を設けるために大倉集古館(大倉喜八郎が設立した日本初の私立美術館)を“6.5m移動させた”というから驚く。北側の広大な緑地や庭園も含め、中層のヘリテージウイングからは、都心にいながら贅沢な眺めを満喫できることだろう。

 そもそも1962年竣工のホテルオークラ東京は、「日本モダニズム建築の最高傑作」として海外からの評価が高かったこともあり、閉館が決まった際には取り壊しを惜しむ声が相次ぐなど大きなニュースになった。

 その象徴的なスペースが本館のメインロビーである。「オークラ・ランターン(つり下げ式の照明)」や梅小鉢とも称されるテーブルセットなどが配された光景が印象的であったが、今回それらの利用も含め空間が精密に再現された。

 当時の本館に親しんだ筆者としても、伝統を見事に継承させたロビーの光景には驚いた。ここまで再現するとは相当困難な作業であっただろうことは想像に難くない。新しく造ればピカピカなハードになったはずだが、実際に出向くと、どことなく懐かしさに抱かれるような雰囲気を醸し出しているのだ。どこまで計算されたスペースなのかは推測の域を出ないが、まるで20年ほど前に遡ったような古き良き空間に造り上げられている。

 筆者は国内のホテルが評論対象であるが、世界のホテルを知るジャーナリストの「本当のホテルといえるのは日本ではオークラだろう」という言葉を思い出した。オークラにはホテルとしての確固とした矜持があるというのだ。

 長年オークラを愛してきた顧客の声もまた同じであろう。オークラのダイニングは独特の雰囲気がある。ベテランスタッフと昔話に花の咲くお爺ちゃんお婆ちゃん、そしてお父さんお母さん。さらに子供たちで食事を楽しむ仲睦まじいテーブルが時折目に留まる。

 幼き頃、両親に連れてこられた子供たちはいまやお父さんお母さん。ハレの日におめかししてお出かけしたホテルの食事は一生の思い出だ。こうして三世代に引き継がれていくオークラの思い出、“特別な時間”の積み重ねこそホテルの伝統となり、一朝一夕には体現できない、まるでヴィンテージワインのような芳醇さこそがホテルの格につながる。

 さて、“ホテルオークラ東京”を愛した数多くのゲストは、新生“The Okura Tokyo”にどんな印象を抱くだろうか。

 もちろん、ホテルステイという点では、新しい設備が充実しており、快適性も高い優れたホテルであることだけは間違いなさそうだが、一方で、建築物や文化的価値など多方面から積み重ねてきた歴史は広く知れ渡っている。世界のVIPからも愛されたホテルとしては、その「伝統と革新」にあらゆる評価が下されることだろう。

 まさに「日本の伝統美の承継と革新、和のこころをもって世界をもてなす」を謳うオークラ。東京五輪を前に外資系のラグジュアリーホテルブランドも席巻する中、どこまで際立つ存在となれるか。

関連記事(外部サイト)