ヤクザに原点回帰の動き 地域に根差した「町の顔役」目指すか

ヤクザに原点回帰の動き 地域に根差した「町の顔役」目指すか

任侠山口組の織田絆誠組長

 六代目山口組から神戸山口組が分裂して4年、その間に神戸山口組から任侠山口組が再分裂し、いまや3つの山口組が並存している。日本最大の暴力団、山口組の分裂は、ヤクザ社会にどのような変化をもたらしたのか。溝口敦氏(ジャーナリスト)と鈴木智彦氏(フリーライター)のヤクザ取材エキスパート2人が読み解く。

溝口:山口組が分裂したことによって、京都の会津小鉄会や関東の松葉会のように他団体も分裂してしまいましたよね。

鈴木:いずれももともと後見に六代目山口組を置いていて、その威光が崩れたことでガタガタして分裂してしまったわけですよね。

溝口:山口組が弱体化していくということは、ヤクザ全体が地盤沈下していくということです。

 そんななか少し可能性を感じるのが、地域に根ざしたヤクザへの原点回帰です。昔はヤクザの親分が町の顔役になっていて、町の揉め事を解決したり、文句を言うヤツを黙らせたりしていたわけで、そういう生き方をもう一度模索しているヤクザが出てきている。任侠山口組の織田絆誠組長は大阪の島之内、稲川会碑文谷一家総長の熊谷正敏なんかは、東京の大井町周辺といった地域に根ざそうとしている。

鈴木:熊谷総長は、昔は町内会の会議に出たりもしてたそうですよね。

溝口:そうそう。地域の顔役という、山口組以前のヤクザへの回帰だね。

鈴木:もともとは地域の顔役だったのが、だんだん大きくなって、全国にネットワークをもつ広域暴力団にまで成長したが、このサイズ感に無理が出てきたから、また元の小さなサイズに戻ろうということですね。神戸山口組も、「神戸」と冠しているように、山口組の原点である神戸に回帰しようとしている。

溝口:六代目山口組は弘道会が名古屋だから、いくら本部が神戸にあっても「名古屋」と呼ばれる。

鈴木:神戸市民の中には山口組の抗争を間近で見てきたという変な自負がある人も多いですしね。

溝口:六代目山口組には、神戸の本部を清算して名古屋に移すのではないかという話が、依然としてある。

鈴木:あそこはもともと田岡一雄・三代目組長の邸宅ですから、もし本当にそうなったら、ますます「名古屋vs神戸」という図式になりますね。

溝口:しかし地域に根ざすにせよ、警察に捕まるから何もしない、抗争もしないとなれば、いずれ暴力団は存在意義を失ってしまう。シノギができなくなって、消えゆくのみになる。

鈴木:昔は抗争になったらみんなメディアに向かって「来たらやる。来るなら来い」と息巻いていたのに、最近は逆にちらほら恫喝が飛んでくるようになったんですよ。「ヤクザをしたこともないくせに、好き勝手なことを書き散らし、抗争を煽りやがって」って。

溝口:そのくせ、相変わらず、いいモン食って、いい女抱いて、いい車乗ってということを価値としている。その時代遅れの感覚を捨てられないから、ヤクザの新しい姿が見えてこない。

鈴木:このままだと令和の時代に、ヤクザは絶滅するかもしれません。

●みぞぐち・あつし/1942年、東京生まれ。早稲田大学政経学部卒業。ノンフィクション作家。『食肉の帝王』で2004年に講談社ノンフィクション賞を受賞。主な著書に『暴力団』『山口組三国志 織田絆誠という男』『さらば! サラリーマン』など。

●すずき・ともひこ/1966年、北海道生まれ。日本大学芸術学部写真学科除籍。ヤクザ専門誌『実話時代』編集部に入社。『実話時代BULL』編集長を務めた後、フリーに。主な著書に『潜入ルポ ヤクザの修羅場』『ヤクザと原発』『サカナとヤクザ』など。

※週刊ポスト2019年9月20・27日号

関連記事(外部サイト)