上皇后「乳がん手術」で引っ越し遅延 雅子皇后に意外な効果

上皇后「乳がん手術」で引っ越し遅延 雅子皇后に意外な効果

那須御用邸周辺を散策される上皇ご夫妻(写真/時事通信フォト)

 左胸に早期の乳がんが発見され、手術を受けられた上皇后。「ステージI」で明らかな転移はなく、東京大学付属病院からは数日で退院できるとみられている。

「8月下旬の軽井沢ご静養中には、正田家の妹である安西惠美子さん、娘の黒田清子さんらと会われ、手術のことをお話しされた。9月1日には上皇陛下とご夫婦で赤坂のサントリーホールでクラシックの演奏会にも出席されました。心穏やかに手術を迎えられたそうです」(宮内庁担当記者)

 一方、その影響で大幅に遅れてしまいそうなのが、上皇・上皇后ご夫妻の皇居から高輪皇族邸(港区)への引っ越しだ。

「宮内庁職員たちは本来、8月中旬に新居へ荷物を運び込めると考えていた。しかし7月に上皇后さまのがんが見つかったため、荷物の整理が遅れることになったのです。上皇后さまは天皇・皇后ご夫妻のためにも10月の『即位礼正殿の儀』の前には引っ越しを済ませたいとお考えになられていたようですが、天皇・皇后ご夫妻は“まずは術後のケアが第一”と、ゆっくりなさるように上皇后にお願いされた。そのためお引っ越しは年明けまでずれ込むとみられています」(同前)

 上皇・上皇后ご夫妻が皇居からの引っ越しを済ませるまでは、天皇・皇后ご夫妻もこれまで通り赤坂御所で生活を続けることになる。

 現在、天皇は皇居で公務があるたびに車で移動している。その場合、経路となる一般道路の信号機をすべて止める(青にする)ことになり、警備などの負担も決して軽くない。

 

 しかし、この“引っ越し延期”は、雅子皇后のためにもなっているという。

「9月は秋田県での『全国豊かな海づくり大会』、新潟県での『国民文化祭』、茨城県での『国民体育大会』とご公務が続きます。10月の『即位礼正殿の儀』まで、雅子さまは大変な過密スケジュールをこなさなければなりません。

 最近ご公務をお休みになることが少なくなったとはいえ、雅子さまはまだ療養中。皇太子妃時代から慣れ親しんだ赤坂御所で過ごされ、大きく環境を変えないほうがご負担がかからなくていいという判断もあるのかもしれません」(宮内庁関係者)

 上皇后も雅子皇后も、まずはご健康を第一に。

※週刊ポスト2019年9月20・27日号

関連記事(外部サイト)