ノーベル経済学賞に最も近かった日本人の書に鎌田實氏感銘

ノーベル経済学賞に最も近かった日本人の書に鎌田實氏感銘

諏訪中央病院名誉院長の鎌田實医師

 優れた論文の数々で世界を驚かせた経済学者、故・宇沢弘文氏(1928生〜2014年没)の評伝『資本主義と闘った男』(講談社)は、故人の人生だけでなく20世紀の経済学史そのものを描いたものだ。同書を読み、歯ごたえのある評伝だと感銘を受けた諏訪中央病院名誉院長の鎌田實医師が、そこから想起させられた現在の日本と世界について語る。

 * * *
 久しぶりに歯ごたえのある評伝を読んだ。『資本主義と闘った男──宇沢弘文と経済学の世界―』(佐々木実著、講談社)。600ページを超える力作だ。

「ノーベル経済学賞に最も近かった男」といわれた宇沢の足跡をたどりながら、その50年の間に経済がどう動いたか、わかりやすく書かれている。

 宇沢の恩師ケネス・アローなど、4人のノーベル経済学賞を受賞した経済学者を訪ね、宇沢についてインタビューしている。世界はなぜ市場原理主義の時代を生き続けているのか、世界から絶賛された数理経済学者がなぜ突然「長い沈黙」に入ったのか、解明されていくところがおもしろい。

 2014年に亡くなった宇沢は、「社会的共通資本」という概念を提唱し、人間を幸せにするための経済を生涯追求してきた。

 しかし、現実の経済はまったく逆方向に進んでいる。経済の金融化を強力に推進し、規制緩和による新自由主義経済が広がることで、途方もない所得格差をもたらした。それは、世界的な金融危機にもつながっていく。

 小泉政権の下、「官から民へ」の「聖域なき構造改革」を担った竹中平蔵のことを「彼はね、本質的には、経済学者じゃないんだよ」と、宇沢は語っていたという。

 宇沢は、若いころから頭角を現わしていた。経済成長理論の分野で世界的に業績を上げ、35歳でシカゴ大学経済学部の教授になっている。宇沢のワークショップは若い経済学者たちに好評だった。朝から夜までぶっ通しで、ディスカッションが続く。大学近くの酒場に場所を移し、時事的な問題から人生論まで語り合ったという。

 ここから優れた経済学者が育っていった。そのなかに、後にノーベル経済学賞を受賞するジョージ・アカロフとジョセフ・スティグリッツの2人もいた。2人は、宇沢の指導を受けた後、インドやアフリカに遊学している。宇沢の経済学が「資本主義を人間のために」という強い意志をもった経済学だったからだと思う。

 その宇沢に、転機が訪れる。1968年、40歳のとき彼は日本への帰国を決意するのである。

 アメリカの複数の大学から教授のポストに迎えようとする動きがあるなか、東大は助教授として宇沢を迎えた。世界的な理論経済学者ポール・サミュエルソンは、「国際的名声の頂点にある時にシカゴ大学の地位を放棄した」と評したという。

 どうして宇沢は日本に戻ってきたのだろうか。この選択が、よくわからない。あのままアメリカにとどまっていたら、ノーベル経済学賞を受賞していたかもしれない。『資本主義と闘った男』の著者、佐々木実さんも、そう思いながらこの本を書いたのではないかと行間から感じた。

 宇沢が帰国を決意する1968年ごろ、シカゴ大学はミルトン・フリードマン率いる新自由主義が盛んだったことも大きかったかもしれない。宇沢は新自由主義を厳しく批判していたから、シカゴ大学にうんざりしたのだろうか。

 一方、1960年代の日本は、経済成長を最優先したツケが一気に噴出していた。水俣病、新潟水俣病、イタイイタイ病、四日市ぜんそくという公害が社会問題となっていた。人間のためになるはずの経済が、かえって人間を苦しめている。経済学者として、その現実に立ち向かい、解決したいという思いが、帰国という道を選ばせたのではないだろうか。

 その後、宇沢は成田空港建設問題の調整役を買ってでたり、地球温暖化問題などにも関心をもった。「炭素税」を導入すべきと考え、それがきっかけとなって、環境省の「地球温暖化対策のための税」が創設された。「行動する経済学者」とも評される所以である。

 宇沢は5年前に亡くなっているので、トランプ大統領の出現を知らない。自由貿易の旗振り役だったアメリカが、保護貿易的姿勢に転換しはじめている。宇沢先生が生きていたら、この現状をどう分析するのだろうか。国内でも、中高年の引きこもりが61万人という現実、働き方改革のゆくえなど、気になることも多い。宇沢先生ならどう答えるのか、聞いてみたかった。

●かまた・みのる/1948年生まれ。東京医科歯科大学医学部卒業後、長野県の諏訪中央病院に赴任。現在同名誉教授。チェルノブイリの子供たちや福島原発事故被災者たちへの医療支援などにも取り組んでいる。著書に、『人間の値打ち』『忖度バカ』など多数。

※週刊ポスト2019年9月20・27日号

関連記事(外部サイト)